物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

『福井のお土産』いろいろ集めました!【尺谷石】【若狭塗】【越前和紙】【鯖江のメガネ】【小鯛笹漬け】【海の幸】‥

前回のブログで福井へ行った際、お土産を買いました。『福井のお土産』や「福井で有名なもの」っていろいろありますが、以前買ったものと今回買ったものとおりまぜて紹介していきます。福井に行く際に参考になれば‥、また「同じものを持ってる!」と思っていただけたら嬉しいです。

butuyokuko.hatenablog.com

① 『尺谷石』

 

足羽山あすわやま取れる『尺谷石しゃくだにいし』製の食器やアクセサリーなど。

f:id:butuyokuko:20200918045225p:plain

福井の中心「足羽山」には歴史がいっぱい。  紫煙 /Link

綺麗なうすいブルーをしているので、「青石」と呼ばれています。現在の福井城の石垣や、石瓦・建材として使われた歴史がありますが、今は採掘されていません。

こうしてお土産で買えるものは、以前採掘したものの転用なのだそうです。

f:id:butuyokuko:20200910094656p:plain

「小皿」(コーティング無し。直径7.5cm)

この「小皿」でお酒を飲んだり、「塩から」をのっけてみたことがあるのですが、石の中の細かい穴に成分が入りこむらしく、臭いとぬめりが残り、後が大変でした。

食事をするには、コーティングされた『尺谷石』を使わなくては‥。

f:id:butuyokuko:20200910094649p:plain

こちらはコーティングが施された「コップ」

中に見える石の粒は「火山礫」です。このコップはお酒でもジュースでも大丈夫。

また、水を含むと青さが増すので、石畳(尺谷石の)に打ち水して、色味の違いを楽しんだり、と風情のある使われ方がされました。

f:id:butuyokuko:20200919085225j:plain

小皿(左)を濡らしてみると、少し色目が変わりました

買える場所:観光物産館「福福館」(福井駅前の「ハピリン」内)など。

以下、紹介するものもだいたい「福福館」で買うことができます。

 

② 『若狭塗』(小浜)

f:id:butuyokuko:20200910094716p:plain

美しすぎる(?)箸

小浜名産の『若狭塗』もきれいで、ついつい目で追ってしまいます。

どこか「竜宮ぽいなぁ」と思っていましたが、江戸時代に作り始めた人が「小浜湾の海底のようす」を図案化したということで、たいへん納得しました。*1

買える場所:『箸のふるさと館WAKASA』小浜市福谷)というお箸の施設があるようです。また、小浜駅前の若狭塗のお店や『御食国若狭おばま食文化館』、『道の駅若狭おばま』などの施設でも入手できます。 

 

③ 『越前和紙』

 

『越前和紙』について実はよく知りません。各地の和紙(例えば、「美濃和紙」や「八尾和紙」)とどう違うのか?など。

f:id:butuyokuko:20200918045600j:plain

『越前和紙』製の箱。なんだか上品です

越前市には、『越前和紙の里 紙の文化博物館』『パピルス館』『卯立の工芸館』が固まった「越前和紙の里」があるので、また機会をみつけて勉強しにいってみようと思います。

 

④ 『メガネ』( 鯖江市)

 

鯖江といえば、『メガネ』の町福井県で全国の「メガネフレーム」の95%を生産しているそうですが*2、その中心地が「鯖江」です。

メガネが関係ない人も鯖江『めがねミュージアムはきっと愉しめる施設。

[http://:title]

昔の「めがね」の展示も面白いし、「めがねモチーフグッズ」が販売されていて、個性があって可愛いです。

f:id:butuyokuko:20200910094722p:plain

キーホルダーなど

 「眼鏡固パン」、「眼鏡最中」などメガネな食品(?)を誰かのお土産用に買いたくなります。

f:id:butuyokuko:20200918044914j:plain

『メガネ最中』(目にいいブルーベリー餡味もある)

 

⑤ 『海の幸』(こんぶ、うに、鯖、越前蟹‥)

 

定番「海の幸」。何を買っても、間違いなくおいしい福井の海産物。

敦賀『海生堂』の昆布。雲丹商『天たつ』の「汐うに」『雪がわら』というお菓子(昆布に砂糖をまぶしてカリカリにしたもの)などは、何回行っても買ってしまいます。

www.konbu.jp

f:id:butuyokuko:20200919085230j:plain

本物の写真がなくて申し訳ない。『天たつ』の「汐うに」

 

⑥ 『小鯛の笹漬け』(小浜)

f:id:butuyokuko:20200906064050p:plain

「ささ漬け」も幾種類かある。少し味つけが違う?

f:id:butuyokuko:20200906064015p:plain

「杉樽」に入った昔ながらのスタイル

f:id:butuyokuko:20200906064044p:plain

これだけで死ぬほどおいしいごはん 。欠け茶碗が‥(恥)

『笹漬け』は病みつきになる中毒性のある食べ物?今回買ったのは、少し味が強めのタイプでした。

 

⑦ 『越前打刃物』(越前市

 

福井は「 刃物」も有名です。本物の「刃物」も欲しいのですが、今回はなんとなく「刃物ストラップ」を買いました。

f:id:butuyokuko:20200905092753p:plain

いつかは包丁を‥

‥行かずとも、『龍泉刃物』のオンラインショップの包丁を見てるだけでも幸せを感じます。

ryusen-hamono.com

⑧ その他いろいろ

f:id:butuyokuko:20200918044909j:plain

福井でみかけた「花輪」

f:id:butuyokuko:20200918044922j:plain

うわー、すごい

(こういう「花輪」は全国どこでもなのでしょうか?たまたま福井が目立っていただけ?)

『越前そば』

f:id:butuyokuko:20200905092828p:plain

「越前そば」も外せないお土産

f:id:butuyokuko:20200918044918j:plain

以前食べた「越前そば」。隣には名物「ソースカツ丼」の姿も。

f:id:butuyokuko:20200905092849p:plain

「8番ラーメン」

北陸に展開する「8番ラーメン」。今回はじめてこのお土産を見ました。

f:id:butuyokuko:20200906064022p:plain

あけると、ちゃんと「ハチカマ」も入ってます

f:id:butuyokuko:20200905092944p:plain

「いっちょらい」(福井の方言で、「一張羅」の意味だとか)

 米どころ、水どころの福井。日本酒も期待がもてる?今回は、黒龍酒造」さんの「いっちょらい」というお酒を買いました。飲みやすくて大変おいしかったです。

f:id:butuyokuko:20200918122238j:plain

「越前海岸」のポストカード

最後に、今回買ってきた「越前海岸」のポストカード(こういう日本海の寂しい感じがいい)。「波の華」(上)、1度見てみたいなぁ‥。

 

最後に

 

‥ということで、福井は「海の幸」をはじめ、「福井米」「越前そば」、と美味しいものがたくさんあります。歴史も古いので、伝統工芸品「越前打刃物」「越前焼」「越前和紙」「若狭塗」「めのう細工」‥)のラインナップもそろっています。

その他、「一条谷朝倉氏遺跡」や恐竜や、メガネ関連のお土産も注目です!

以上、個性豊かな『福井のお土産』でした!ではまた!

*1:「若狭塗」は、小浜藩足軽の内職として保護・奨励されたのだそうです。

*2:平成26年度 福井県工業統計調査