物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

秋が似合う中山道【木曽路のお土産】『創作栗きんとん 栗苞』『ごへーもち』『七笑』『朴葉寿司』『漆ガラス』『苑工房』

秋に行きたくなる場所、それが中山道木曽路きそじ』です。山、山、山。渓流。宿場町の古い建物。人の絶えた少し寂しい風情が魅力的な場所です。今回は買ってきた「お土産」の写真をのせて、木曽路の産物を紹介したいと思います。

[http://:title]

中山道木曽路

 

木曽路』とは、中山道の一部区間です。*1 岐阜と長野の間の「木曽谷きそだにの道を特にこう呼びます。

岐阜県中津川市の辺り(馬籠まごめ宿)から、左右が山に囲まれた「木曽谷」の中に入り、長野県塩尻市贄川にえかわ宿)に出るまで谷が続きます。産物は、当然「山のもの」が多いです。

f:id:butuyokuko:20201015214735j:plain

『奈良井ならい宿』

①『栗きんとん』

 

秋に売られる『栗きんとん』は名古屋でも大人気。有名な『すや』(中津川市)、『川上屋』(中津川市)もおいしいですが、最近はまっているのが『松月堂』さん(中津川市)の創作栗きんとんです。

f:id:butuyokuko:20201015214622j:plain

創作栗きんとん『栗苞くりづつみ』 1252円(4個入り)

f:id:butuyokuko:20201015214626j:plain

高級感のある包装の中には‥

f:id:butuyokuko:20201015214710j:plain

「葛」で包まれた栗きんとん

f:id:butuyokuko:20201015214715j:plain

2層になっています

「栗きんとん」は美味しいけど、味が単調に感じることも‥。それをぷるぷるの「葛」で包むことで味や食感に変化が出て、とても美味しく感じます(少し冷やして食べるため、さっぱりとするのも良いです)

「栗きんとん」を買うには

どこでも買えるのですが‥、津川駅前の「にぎわい特産館が種類がそろっています。バラでも買えるので、各店舗の「栗きんとん」の食べ比べもできます。

営業時間:8:30-18時 住所:岐阜県中津川市栄町1-1にぎわいプラザ

②『ごへーもち』

 

「五平餅」も「木曽路」名物です。「わらじ型」の五平餅もありますが、木曽路では「団子型」に作るようです。今回は、中津川の『喜楽』さんの五平餅を買いました。

f:id:butuyokuko:20201015214618j:plain

『喜楽』さんの五平餅 477円(3本入り)

( 買ったのは「中津川駅」のキヨスクですが、後で駅前にお店があったことを知りました。だんなさんが残らず食べたため、「おいしかった」以外の感想を伝えることができず、もうしわけない) 

 ③『朴葉寿司』

 

「朴ほおの葉って、形がおもしろくて何だかいいものですね。その「朴」の葉に包まれたお寿司も山家な感じでよいです。

f:id:butuyokuko:20201015214745j:plain

「朴葉寿司」 650円(4個入り)

「寿司処ほたる」さんというお店のもので、こちらも中津川駅前の「にぎわい特産館」で買いました。

f:id:butuyokuko:20201015214755j:plain

「鱒」

f:id:butuyokuko:20201015214725j:plain

しいたけ、シーチキン、ふき、紅ショウガなどの具入り

後の2個は「穴子」、「海老」。味が全部違うのもよかったです。「朴葉寿司」には、山菜・魚など好きな具材を入れるのだそうです。おいしく頂きました。

 

④日本酒『七笑』【七笑酒造】

f:id:butuyokuko:20201015214705j:plain

【右】純米吟醸 670円(300ml) 【前】「中乗さん」のおちょこも買いました

 木曽のお酒といえば、『七笑』『木曽のかけはし』『中乗なかのりさん』をよく目にします。行くと必ず買うのは『七笑ななわらいです。

 『七笑』という名前が可愛いのですが、どういう意味なのでしょうか?

調べてみると、もともと木曽駒高原入り口にある集落の地名のようです。鎌倉時代木曾義仲(1154-1184)が、ここで少年時代を過ごしたという話があるのだそうです。

今回買った「純米吟醸」(アルコール度数15度。日本酒度±0)は優しく、旨味のある美味しいお酒でした(個人的にはもっと辛口が好きなのですが、甘みを感じても嫌じゃない。美味しい、と思えるのが七笑の特徴?)

f:id:butuyokuko:20201017111928j:plain

『七笑酒造』さんのグッズ 巾着、おちょこ、マッチ

七笑酒造』さんは長野県木曽郡木曽町福島にあり、巾着のように本店でしかみない商品もあります。

⑤『漆ガラス』【丸嘉小坂まるよしこさか漆器店】

 

「木曽谷」で取れる木材を使った漆器や櫛なども有名です。今回、初めて見たのが『漆ガラス』というものでした。「漆ガラスってなんだろう?」と聞いてみると、「ガラスに漆を塗ったもの」ということでした。ガラスに塗った漆はふつう剥がれてしまうのだそうですが、この剥がれないところに秘密がある、ということでした

f:id:butuyokuko:20201015214646j:plain

金魚鉢みたいな『漆ガラス』を買ってみました

お店で使い勝手を聞いてみると、「おひたしをのせたり‥」とのアドバイスをもらいました。なるほど、スタイリッシュなおひたしでも作ろうかな‥(笑)

f:id:butuyokuko:20201015214650j:plain

「漆」は後ろ側に塗ります。表面には「漆」の色が透けてみえます。

後ろ側に塗るので表はガラス材。ナイフなどを使っても「漆」には傷がつかず、長持ちするということでした。
買える場所は、『丸嘉小坂漆器店』さん、「木曽くらしの工芸館」など。

(今回のは、「すいとうよ」(透いてるよ。好いてるよ。の意味)というシリーズ)

⑥『苑工房』さんのアクセサリー

 

苑工房えんこうぼう』さんは岡山県倉敷市にあるお店ですが、そのギャラリーが「奈良井宿」にもあります。お店では、天然のお花や実・葉のアクセサリーを買うことができます。

f:id:butuyokuko:20201015214659j:plain

今回買った「蔦の葉っぱ」のピアス

こちらも秘密の工法を施してあるそうで、固く丈夫で色も美しいです。また、天然の素材を使っているので、同じ商品でも微妙に違い、選ぶのに悩んでしまいます。

f:id:butuyokuko:20201017111933j:plain

数年に1度づつ買い、増えていった「苑工房」さんのアクセサリー

退色はやはりしていきますが、数年は大丈夫(保管にもよる。少しくらい色あせてもそれはそれで‥)

奈良井にあるお店は「ギャラリー パウザ・ディ・クローマ」といい、お店が「倉敷」となぜ「奈良井」なのか?は、長年の疑問です。

住所:長野県塩尻市奈良井585

f:id:butuyokuko:20201015214752j:plain

「ギャラリー パウザ・ディ・クローマ」

⑦ その他

f:id:butuyokuko:20201015214654j:plain

「ほおずき」のストラップ

f:id:butuyokuko:20201015214636j:plain

「和ぐるみクッキー」 780円

f:id:butuyokuko:20201015214720j:plain

他に「栃の実入り」「アーモンド入り」なども。

‥ということで、「秋」に行きたくなる木曽路の「お土産」を紹介しました。他にも、そば、お六櫛、ひのき製品、からすみ(お菓子)など、まだまだありますが‥。今回は以上です!ではまた!

*1:wikiには、中山道=木曽街道=木曽路とも書かれています。