物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

斎藤道三と織田信長の対面場所『聖徳寺』【信長たちが歩いた『ルート』を探したい】【愛知県一宮市富田】

織田信長(20)と斎藤道三(59)が対面するシーンで有名な『聖徳寺しょうとくじ会見』ですが、その後2人が「八幡神社岐阜県羽島郡笠松町田代)まで帰路をともにし別れの儀式をして別れた」という記述を見つけました。あの『聖徳寺会見』には続きがあったのでしょうか?

[http://:title]

① 『聖徳寺』での対面

 

「うつけ」の噂を聞いた道三が対面場所の『聖徳寺』で信長を待ち受けていると、武装させた供の者を連れ、うって変わったシュッとした身なりで信長が現れた、というエピソード。とっても有名です。

(『聖徳寺』はその後移転をし、寺の跡は『聖徳寺跡』(一宮市富田とみだ)となっています。)

 

②『八幡神社』まで同道し、「別れの儀式」をした

 

この記述は、「笠松町歴史未来館」のリーフレットで見つけました。

⑦『道三・信長両将別れの地』(白髭神社

「両将は帰路を共にし、田代の八幡神社白髭神社合祀)別れの儀式をしました。その後、道三は稲葉山金華山)の居城に、信長は那古野(名古屋市)の居城に引き上げました。

引用:笠松ナビ散策コース⑤『輪中と森蘭丸の里』

 これは驚きです。あの話には続きがあったのでしょうか?「別れの儀式」ってどういうものなのでしょう

『聖徳寺』から『八幡神社』(現「白髭神社」)までは約8kmの距離です。『八幡神社』があるのは美濃国ですから*1、信長からしたら8km送って8km戻ってとかなり大変では?と思えます。

[http://:title]

この記述を見て、『聖徳寺跡から白髭神社まで歩いて確かめてみようと考えました

ルートですが、ちょうどここには旧道の「美濃路みのじ」が途中まで通っています。

これ以上古い旧道は思いつかないし‥、ルート(名古屋ー清州ー稲葉ー萩原ー起的にもぴったりなので、今回は「萩原はぎわら」からはじめ、『聖徳寺跡』が近くにある「起おこし」を通り、木曽川を渡り、対岸・笠松町にある『白髭神社』を目指すことにしました。

f:id:butuyokuko:20201110205930j:plain

出典:歴史街道美濃路を歩く」(一宮市尾西歴史民俗資料館)

f:id:butuyokuko:20201111045806j:plain

歴史街道美濃路を歩く」(一宮市尾西歴史民俗資料館)200円

今回は「一宮市尾西びさい歴史民俗資料館」さんの『美濃路マップ』で歩きます。分かりやすく歩きやすいうえ、防水加工がしてあり、クタタクタにならない優れものでした。

(また、web上では「network2010」のサイトが便利です。名古屋近郊の旧街道を歩けるようにグーグルマップに落とし込んであるので、スマホで確認しながら歩くことができます。)

 

③「萩原宿」から『聖徳寺跡』

f:id:butuyokuko:20201111045811j:plain

『萩原宿』の町並み(昔はもっと繁盛していた場所だったのかな?)

f:id:butuyokuko:20201110205910p:plain

数軒入った一続きの長屋も今は珍しくなりました

「萩原宿」から「起宿」までは約4kmの道のりです。

f:id:butuyokuko:20201110205917p:plain

「天神の渡し跡」(「日光川」の渡船場の跡)

f:id:butuyokuko:20201110205742p:plain

『冨田一里塚』の大きな木

f:id:butuyokuko:20201110205748p:plain

「中島家発祥の碑」

尾張には「中島なかしま」姓の方がみえますが、この辺が尾張の「中島さんの発祥の地」らしく、立派な「中島さん」のお家(庄屋さん)があったり‥、そんなことも面白く感じます。そして、あっという間に『聖徳寺跡』に着きました。

f:id:butuyokuko:20201110205759p:plain

『聖徳寺跡』前

信長が会見に出向いた際は、寺内町で700軒ほどの民家が並んでいたといいますが、今は往時をしのぶ感じではないかも‥。

f:id:butuyokuko:20201110205754p:plain

『聖徳寺跡』と書かれた石碑のみが残る

この『聖徳寺跡』から「起宿」へはもうすぐそこです。「起宿」は木曽川の渡船場として賑わった宿場です。

f:id:butuyokuko:20201110205823p:plain

一宮市歴史民俗資料館」『脇本陣 林家

「起」にある『一宮市歴史民俗資料館』では、脇本陣「林家」の住宅を公開し、『美濃路』と『起宿』についての展示などをしています。

f:id:butuyokuko:20201110205828p:plain

脇本陣 林家』(正面から)

f:id:butuyokuko:20201110205810p:plain

「林家」のきれいなお庭が人気

f:id:butuyokuko:20201110205817p:plain

昔の「起宿」の様子

こちらの施設、『美濃路』について専門なので、疑問を聞いてみました。

疑問①

信長が「聖徳寺」に向かったルートは美濃路だったの?』ですが、

「当時は『美濃路』はない」*2ということで「歩いたルートは分からない」とのことでした。

全く道が皆無ということはないのではないか?と思い、「『美濃路』の原形のような道は無かったのか」聞いてみました。

「道はあったかもしれないが、はっきりとはわからない。秀吉時代になるとやっと道がはっきりしてくる」

「当時は一宮側の道(もっと東)がメインルート」と教えて頂きました。

そしてもう1つ、

疑問②

八幡神社」まで2人が同道して別れたという記述がありますが、どうなんでしょうか?』ですが、

「遠すぎるのではないか」「渡船は狙われやすく、リスクがある。川を越えてまで送らないのではないか?」と親切に示唆して頂きました。

(丁寧に教えて頂き、ありがとうございました!)

信長時代に美濃路ルートはない」と言われると、『もうどこを歩いたらいいんだ?』なのですが、分からないものはしょうがないので、ここから『白髭神社』まで、とりあえず「美濃路」を歩くことにします(途中からは適当に歩くことに)。

f:id:butuyokuko:20201110205834p:plain

木曽川河畔の「人柱観音」(「起」)

「人柱観音」は、慶長(1596-1615)年間の木曽川築堤の難工事の際に自ら志願して川に飛び込んだ「与三」という人を祀っています。

f:id:butuyokuko:20201110205839p:plain

「起」の渡船場の跡

f:id:butuyokuko:20201110205846p:plain

船場から見える金華山岐阜城

木曽川と「道三」の居城が見えます(お城までは17kmほど)。

この後、木曽川を渡り、笠松町の『白髭神社』まで歩きました。

f:id:butuyokuko:20201110205923p:plain

白髭神社

f:id:butuyokuko:20201110205859p:plain

道三・信長両将別れの地』の説明板(ここで別れの儀式を行ったとあります)

結論として、さすがに送ったにしては遠い遠すぎるのではないか?と思いました。

信長の居城のある「那古野」から『聖徳寺』まで約24km、往復で48km。さらに送り分16kmを足すと64km。供を連れ、川も渡らなければなりません。ムリムリ、ムリでしょう。

(今度機会をみつけて、笠松町で「リーフレット」の記述について聞いてみようと思います。何か出典があるのでしょうか?)

 

④『信長公記』の記述

 

〇 信長は木曽川」「飛騨川」という大河を船で渡って、『聖徳寺』へ出向いた。

〇 道三が帰るのを信長は20町ほど(2km位?)見送った

とあります。

木曽川が現在のような流れになったのは、1608年の木曽川築堤工事の後なのだそうです(「人柱与三」の話はこの時の話)。

戦国時代には、今の「木曽川」の方は徒歩で渡ることが可能だったと考えられているという記述*3もあり、昔と現在で「木曽川」「日光川」などの川の流れは大きく異なるようです。

また「飛騨川」がどの川なのか、現段階では分かりませんでした。

 

最後に

 

残念ながら、「信長の歩いたルートはどうもはっきりとしない」ということが分かりました(「分からない」ということが「分かった」という冗談みたいなオチなのですが‥)。

白髭神社まで送った」に関しては、これは遠すぎてムリだろうと歩いてみて感じました。

別れの儀式」が何なのかこれもまだ分りませんが、また次回、笠松町でも聞いてみようと考えています。少し歩いたくらいで疑問が全部解決するはずありませんが、一歩前進とし、次回につなげたいと思います。

‥ということで、斎藤道三織田信長の会見場所【聖徳寺】【信長たちが歩いた『ルート』を探したい】」でした!以上です、ではまた!

*1:と書きましたが、1586年の木曽川洪水以前は尾州領との記述もあります。どちらと断言できません。申し訳ない。尾州領という出典は『戦国の雄 森一族と居城美濃金山城の軌跡』兼山歴史同好会より。

*2:美濃路」は、江戸時代初頭整備された。街道の一部は中世の鎌倉街道と重なる。

*3:『資料館の逸品』一宮市尾西歴史民俗資料館より