物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

【疑問】『昔の戦争中の野営(キャンプ)では、いったいどうやって寝ていたのだろうか?(近代以前の話)』

昔の兵士(例えば、奈良時代、戦国時代)は、戦闘中、野宿をすることも多かったでしょう。いったいどうやって寝ていたのでしょうか?現代の私たちからすると、装備が無ければ寒くてたまったものではありませんが、昔は装備も貧弱そう‥。昔の露営(キャンプ)について、何かないかを探しました。

f:id:butuyokuko:20201004182513j:plain

平治物語絵詞』の雑兵

鎌倉時代に描かれた平治物語絵詞へいじものがたりえことば』の1シーンです。これは、警備兵がうたた寝をしている姿です。何か1枚下に敷いて、兜を枕にスヤスヤ寝込んでいるようす。

戦闘中でも状況が許せば、とりあえずそのままの恰好でそこで仮眠、ということもあったでしょう。夜の寝不足分を補うことにもなったはずです。

f:id:butuyokuko:20201004182541j:plain

座って眠るイメージ(この写真は犬と戯れている写真だったみたい‥)

今でも、前線では「座り寝」をしたりするようです。後方に下がったら、やっと横になって寝れたり‥。

‥また、ウィキの『キャンプ』の項をみてみると、

ローマ帝国軍の軍人・兵士たちは遠方の戦地に向かい、数か月から数年の間、そこで滞在しつつ様々な軍事行動を行った。彼らは木の棒を立て、そこに布(や皮)を張るテントを使用していたらしいことが遺物などによって判っている。 引用:『キャンプwikipedia

「テント」があるのは、かなり上等なイメージです。露営もだいぶ楽になったことでしょう。設営部隊もつれていたのかな?

f:id:butuyokuko:20201005044621j:plain

「バイキングテント」 M. RichterによるPixabayからの画像 

こうした簡易なものだったのでしょうか?

ローマ帝国軍が使った「テント」まで調べてないので申し訳ないのですが‥)

さて、「日本」はというと‥。

f:id:butuyokuko:20201004182634j:plain

『戦国 戦の作法』137Pより

この「足軽の寝床の衝撃そのまま寝

むしろを敷いて、蓑みの上着をひっかぶり寝るというのは‥。寝れますかぁ?

寒くて寒くて寝れないのでは?昔の人は偉かったというか‥、もう本当にすごい!

1日ならまだしも、しばらく続く長陣では体が弱りそう。火を起せればいいけど、起せないことだってあるでしょう。

f:id:butuyokuko:20201004182526j:plain

小和田哲男『戦国 戦の作法』2018

『戦国の作法』によれば、武将クラスは、野戦築城用の「建材」を運んで行軍するので、簡単な「建屋」を建てたり足軽クラスとは雲泥の差があったようです。

また、近くに人家があればそれを徴発することもあったでしょう。雑兵たちも、廃屋、敵の人家、神社仏閣、木の下‥、雨風をしのぎやすいところをみつけて、きっと利用したのでしょう。

 

最後に

 

こうして調べると、戦争の内容・勝敗、武具装備、戦い方などは見つかるのですが、近代以前、「戦闘中はどうやって寝ていたのか?」は、なかなかみつかりませんでした。

f:id:butuyokuko:20201004182531j:plain

疲れてるから、どこでも寝れる? skeezeによるPixabayからの画像

これは推測ですが、日本の中世・近世では戦闘行動中、「何かをひっかぶってそのまま寝る」はわりと普通のことだったのかもしれません。

結局のところ、①人家を徴発する ②簡易の建物・テントを建てる ③そのまま寝、の3つの選択肢になってくるのかもしれません。

『そのまま寝』でも、現代のように「寝袋」や「暖かい毛布」「フリース」でもあればいいですが‥。無いので、当時のまだ持ち運びやすい、いくらか保温効果のある(?)「蓑」(カヤ・スゲ素材)や衣服をひっかぶるしかなかった、というのが実情だったのでしょうか。

(はっきりとしたことは不明の為、これからも探っていきたいと思っています)

‥ということで、『昔の戦争中の野営では、いったいどうやって寝ていたのだろうか?』でした!以上です、ではまた!

f:id:butuyokuko:20201004182519j:plain

葉山美知子『中世絵巻 寝姿ものがたり』2009

(今回参考にさせて頂いた『中世絵巻 寝姿ものがたり』絵巻の中に見る「寝姿」に着目した1冊。着眼点の面白い、中世が身近に感じられる良書です)