物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

『可愛い紙の箱』7つ【萬々堂通則、くまもと菓房、廣貫堂、くすしそば本舗まるぜん、ヤマイいと福、孫六煎餅本舗、鈴屋】

以前にも、『紙の小物』を紹介したことがあります。今回は、可愛いお菓子などの『紙箱』を紹介したいと思います。「和菓子」の箱などが多く、偏りはありますが、ご容赦下さい。

butuyokuko.hatenablog.com

①『糊こぼし』の箱 【萬々堂通則】奈良市橋本町)

f:id:butuyokuko:20200702092507p:plain

『糊こぼし』箱

2月~3月中旬のみの季節限定商品『糊こぼし』の箱。

【箱のサイズ】18cm×12.5×H4

糊こぼし「紅白の椿」のかたちをした愛らしい、かわいいおまんじゅうです。(画像が無くて申し訳ない)

おまんじゅうも外箱も「椿のモチーフ」が可愛すぎて、1人でニヤけてしまうほどです。

(また「萬々堂」さんには、『ぶと饅頭』という遣唐使が伝えた「唐菓子」を模した珍しいお菓子も販売されています。「天平時代」気分が味わえる?)

 

②『花手箱』【くまもと菓房】(熊本市

 

熊本菓房さんのお菓子をつめた「お菓子セット」の外箱です。

【箱のサイズ】25cm×19×H6

『花手箱』の外箱と「紙袋」と、2つとも強力に可愛いです。

f:id:butuyokuko:20200702092822p:plain

熊本菓房」さんの『花手箱』

f:id:butuyokuko:20200702092549p:plain

「紙袋」

実は最初は、この「紙袋」を持っている人を見かけたのがきっかけでした。地下街で目がくぎづけになりました。(あの可愛いのはなに?聞いてみたい!)と動揺しながら、ネットで情報を探すと熊本菓房」さんということが分かり、無事(?)入手することができました(催事でもあったのか、最初に持っていた女性にはお礼を言いたいくらいです。どうもありがとう‼)。

もとになっているのは、熊本県人吉市の伝統工芸品『椿箱』ですが、これも本当に愛らしい郷土玩具(もし今度熊本に行ったら、「椿箱をいろいろ見て回るぞ!」と今から空想するだけでドキドキします)。

f:id:butuyokuko:20200702092556p:plain

手持ちの「椿箱」(一番小さいサイズ)

f:id:butuyokuko:20200702092602p:plain

「宝物」を入れるのが正しい使い方らしいのですが「宝物」がない?

 

③『くすり箱(赤箱)』【廣貫堂】(富山市

f:id:butuyokuko:20200702092536p:plain

伝統的な富山の置き薬箱

f:id:butuyokuko:20200702092543p:plain

上から

『反魂丹はんごんたん』で有名な富山の薬メーカー「廣貫堂こうかんどうさんの薬箱。

昔懐かしい赤い「置き箱」です。サイズ(23.5cm×20×H14)と重さ(790g)に買うのをためらっていたのですが、何回か富山へ行くうち、やっぱり買うことに。

ものすごくしっかりしていて、(たぶん)子供がのっても潰れないくらいに頑丈。

お値段1650円で、「楽天」などのサイトでも買うことができます。

この「赤」がどこか色っぽい、艶っぽい実にいい色なのです。「薬箱に色気がある」って変な話なのですが‥。

 

④『越中赤箱くすしそば』【くすしそば本舗まるぜん】富山市

f:id:butuyokuko:20200702092530p:plain

中身は「薬膳そばセット」

富山のおそばやさん『くすしそば本舗まるぜんさん。

【箱のサイズ】19cm×17×H9

おそばを通販でも販売されているのですが、「赤箱」に入った薬膳蕎麦は、富山らしさを感じられる商品です。

贈り物にもらってもあげても、「赤い箱」を通して気持ちが伝わりそう。そして、おいしく食べた後の「赤い箱」はやっぱり捨てられません。

 

⑤『津軽塗り風箱』【ヤマイいと福】(青森市

f:id:butuyokuko:20200702092513p:plain

津軽塗」風紙箱

ヤマイいと福」さんの津軽塗り風箱』の衝撃はすさまじく、感動して(?)2箱も買った位です。

【箱のサイズ】17cm×9.5×H8

 なにがいいかというと、津軽塗」らしい「唐塗からぬりというデザインが使われていることでしょう。これぞ、津軽塗『The・津軽という感じ。

そして、見ためまるで「宝石箱」で、「竜宮にある宝箱ってこんな感じゃないのかな?」、と想像がふくらむのもいいです。

中に入っていた青森らしい「りんご最中」も美味しかったです。また、「いと福」さんの「くじら餅」「雲平口取」というお菓子もレトロな包装とともに、今とても気になっています。

 

⑥『孫六煎餅』の箱【孫六煎餅本舗】(岐阜県関市)

f:id:butuyokuko:20200702092525p:plain

孫六煎餅」10枚入り

「関の孫六まごろくは、岐阜県関市で活躍した有名な刀匠ですが、孫六にちなんだ瓦せんべいが孫六せんべいです。外箱も「鉄」をイメージした感じでいいですね。

【箱のサイズ】24cm×15×H5

せんべいが「刀の鍔のかたち」をしているのも魅力の1つです。

f:id:butuyokuko:20200702092608p:plain

鍔の形がうれしい「孫六煎餅」

 

⑦『デラックスケーキ』の外箱【鈴屋】(和歌山県田辺市

f:id:butuyokuko:20200702092519p:plain

「デラックスケーキ」の外箱

鈴屋」さんの『デラックスケーキ』。ホワイトチョココーティングされた絶品ケーキで、人気があります。(またまた画像がなくて申し訳ないのですが‥)

その「個包装」もレトロでたまらないものですが、「外箱」も実に乙女ちっく

なよなよとしたそこはかとない風情が漂います。可愛くってこれも捨てらず、ミシン糸を入れる小箱として使っています。

【箱サイズ】16.5cm×6.5×H4

 

ということで、「かわいい紙の箱」を7つ見てきました。『箱』目的で買ったり、あまりの可愛さに捨てられず悩んだり、使い道が無くてもやもやしたり、時々困らせるしろものですが、これからも『可愛い箱』を探して行きたいと思っています。

…ということで、『可愛い紙の箱』7つでした!以上です、ではまた!