物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

『北海道のこれが好きランキング』(後編)~いち愛知県人が選ぶ

『北海道のこれが好きランキング』(後編)です。

第4位 「北海道の地図と都市区画」(例 北見市

 

北海道は、明治時代に町づくりが行われた土地です。

原野に(基線といいます)を引く。その道から格子状に区画を引いていく、という事が行われました。

こうした新しい都市づくりが行われたのだ、とはっきり気づかせてくれたのが北見の町です。

下の地図の「のみやま眼科」の位置にピンが差してありますが、ここから左の街並みは南北ラインの街並み。ここより右は、北西~南東の斜めに街並みが走っています。

 (地図を-するか、拡大地図を表示で広げてみて下さい)

[http://:title]

 

実に不思議な町ですが、

まず(国道39号の南にある)常呂川の川沿いの原野に道を引きたい!」があり、

基線とする道を引いたのが、今の国道39号です。

常呂川の屈曲に合わせ、39号も屈曲しています)

現在の「北見駅」は屈曲部の近くにありますが、本来の町の中心地はもっと東にあったそうです(鉄道をしいた際、手狭のため移転し、現在地になった)

 

北見市の有識の方に質問したところ、「海側からの測量隊(網走?釧路?方面)と山側からの測量隊(上川?旭川?方面)が出会ったのが、ちょうどこの屈曲部の辺だった」という話も聞きました(また当時の資料はあまり残ってない、という事でした)

 道なき原野に道を引き、町が作られた北海道。

北海道の地図を見る時、本州の地図とは違った面白さを感じます。

 

第3位 北海道が舞台の曲

 

北海道を舞台にした曲には、『箱館の女』(北島三郎)、『石狩挽歌』(北原ミレイ)、『北酒場』(細川たかし)‥等数多くの名曲がありますが、

その中でも3曲ほどあげてみました。

宗谷岬ダ・カーポ(1972)

 

youtu.be

作詞:吉田弘 作曲:船村徹

明るい曲調、美しい歌声、のんびりとする名曲。

陽光の宗谷岬で聞くと、これまたほっこりする。

 

イヨマンテ伊藤久男(1949)

youtu.be

作詞:菊田一夫 作曲:古関裕而

この曲、最初聞いた時に驚いたなぁ。生命力を感じる歌、伊藤久男さんの声も好き。

 

『ソーラン節』

youtu.be

私の知っている歌い手さんはまた違ったのですが、動画の秋湖太郎さんもよい声。

民謡の声をはり上げいく感じが好きです。『ソーラン節』自体も明るくていいですね!

 

第2位 北海道の花「はまなす

f:id:butuyokuko:20200504213344p:plain

バラの原種ハマナス。ノイバラにも似ている。

出典:wikipediaハマナス」から

ハマナスバラ科で海沿いの砂浜に自生する低木です。

ハマナスのハマは、に由来)

初夏に咲き、陽光、海、砂浜、花の濃いピンク、形の愛らしさ、これぞ北海道!という、北海道の風景を代表する花です。

北海道はラベンダーのイメージもありますが、ハマナスをおしたい。

甘くさわやかな芳香があり(バラ科のため)、ハマナスから作られる紅茶香水は、

きつすぎずさわやかで、初夏のイメージそのものです。

(北海道で、『ハマナス紅茶』や『ハマナス香水』を買うこともできます)

そして、いよいよ第1位は、

第1位 石川啄木と「立待岬たちまちみさき」(函館)

 

f:id:butuyokuko:20200504235330p:plain

出典:wikipedia立待岬」より

石川啄木は道民ではないのですが(岩手出身)。

(啄木が愛した「大森浜」を望む)立待岬啄木のお墓を1位に選びました。

立待岬美しい名前。高台の岬から望む海と箱館の町石川啄木の紡ぐ短歌が三つ巴になって、強力な魅力を放っています。

 

石川啄木は、約1年、函館→札幌→小樽→釧路と道内を転々とし、生活と戦いながら、苦闘の軌跡を残しました。

最初の「箱館時代」の4ケ月は、友人・理解者を得られたり、短歌を再開したり、

将来を夢見ることも出来ただろう、明るい陽の時間だったようです。

(最後の「釧路時代」は、放蕩イメージが強くなってしまいますが‥)

 

啄木の短歌について少しだけ。‥なにしろ、人間臭いところが魅力です。

「盛岡の中学校の

 露台(バルコン)の 

 欄干(てすり)に再一度(もいちど)我を倚(よ)らしめ」

などという切ない心情を歌ったか、と思うと、

「一度でも 

 我に頭を下げさせし 

 人みな死ねといのりてしこと」

などと急に言われると、ギャップを感じるのですが、この正直な「喜怒哀楽」が人の心を打つ理由でしょう。

そんなわけで、第1位は立待岬と啄木のお墓』(函館)でした!

いやぁ、行きたくなっちゃうなぁ。

f:id:butuyokuko:20200505014650p:plain

かわいいアイヌのポストカード

現在、北海道でも自制を強いられる日々が続き、報道をみては気になっています。

はやく北海道に通常の日が戻るよう願いつつ‥。ではまた!