物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

『月兎印のやかん』【野田ホーロー】を買ったので、『まりも茶』で使い初めをしてみる【まりもの玉子まりも茶ん】

真っ赤な可愛いやかんを買いました。『月兎印』という菟と月のマークがついてて可愛かったので調べてみると野田琺瑯ほうろうと分かりました。使い初めに、ずっと飲まずにいた『まりも茶』を作ってみることにします。

 

15年以上使うヤカンの持ち手がコゲハゲてきたので、そろそろ買いかえたいなぁ、と思っていました。希望は夏の麦茶を大容量作れるもの。

f:id:butuyokuko:20200814060049p:plain

15年ものやかん「①台目」 持ち手がひどいめにあわされています

f:id:butuyokuko:20200814060031p:plain

②台目 かわいさで飛びついた「野田琺瑯

 その後、見た目で買った②台目の野田琺瑯

②代目は容量が少ないので、なにしろ容量!容量!ということでネットで色々見て、注文しました。

f:id:butuyokuko:20200814060043p:plain

そして購入した③台目 「月菟印」(野田琺瑯

ハンドルの可愛さで選んだのですが、②台目とよく似ています(せめて違う色にすればよかった?)。問題はもう1つ、容量が②並み(2L)に少なかった‥!

商品を再確認すると容量2.2リットルとありました。

あれ、そもそも、①台目はいったい何リットルのやかんだったんだ⁉

(やっとここにきて、①台目の容量を測るという後手後手ぶり‥)

測ってみると「3リットルか‥。そんなにあったのか‥」と、シーンとなりました。

自分の考え違いで(実際の容量をよく知らず)、可愛さで買ったら、やかんだけ増えてしまいました。

(①を捨てる気でいたのに、②と③だけにする踏ん切りもつかないし‥)

f:id:butuyokuko:20200814060037p:plain

やかんが3つになってしまった‥

やかんはやはり持ち手の部分が痛むらしく、②の木製のハンドルやふたのつまみも剥げています。今回も木製だから、気をつけなくては。

f:id:butuyokuko:20200814060025p:plain

かわいい『月兎印』 「ゲット」という愛称で親しまれている(らしい)

気を取り直して、③台目でお湯をわかします。

お茶を買うだけかって飲んでないというものが結構あるのですが、特にコレ。

阿寒湖で買ったお土産まりもの玉子 まりも茶ん』

f:id:butuyokuko:20200814084156p:plain

「まりも茶ん」

人にあげて結構減ったのですが、買ってきた本人は飲んでいないという。

(阿寒湖の売り場でサンプル(?)を見た時は、「ほんとにお茶碗の中にマリモがある感じ!飲んでみたい!」と思ったわけですが‥)

f:id:butuyokuko:20200814083242p:plain

封を切り、中をだしてみます

f:id:butuyokuko:20200814083249p:plain

お湯をいれると‥

 マリモぽいかな?

イメージのマリモよりは毛玉のようではあるけど‥。

(もっと確認しやすいガラスの器にすべきでした)

マリモか毛玉か、すぐ崩れるのかな?とスプーンでつつきますが、一向崩れません。

思ったより強固にホールドしています。味は‥?

「美味しい!こぶ茶だけどとろろ昆布(真ん中のマリモ部分)が入ったぶん美味!」

もっと「パロディ商品」みたいなのかと思いきや、大変おいしい昆布茶でした。

味がしっかりしてるので、ごはんにかけてお茶漬けにしてもおいしいことでしょう。(次回はそれでやってみよう)

まりもの玉子 まりも茶ん』

【買える場所】阿寒観光汽船の売店、ネットなど  【値段】900円(12P)

 

(このお茶、実は京都のお茶屋さんが作っているそうです)

‥というわけで「月兎印のやかん」と「まりも茶ん」でした!以上です、ではまた!