物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

【生駒屋敷(小折城)】【久昌寺】【吉乃の荼毘地】【宝頂山墓地】 信長と生駒吉乃をめぐる旅(愛知県江南市)

今回は、愛知県江南こうなん市を歩いた際に寄った生駒屋敷跡信長の妻・吉乃の実家)、久昌寺きゅうしょうじ、生駒家の菩提寺)、吉乃を荼毘にした場所、宝頂山ほうちょうさん墓地など、生駒家の史跡を見ていきたいと思います。

butuyokuko.hatenablog.com

[http://:title]

①生駒屋敷(小折城跡)

f:id:butuyokuko:20200902050657p:plain

「生駒屋敷」の石碑がのこる(現在は石碑のみ)

f:id:butuyokuko:20200902050647p:plain

説明板

この辺りは、生駒氏の在所で小折こおりというところです。生駒氏は室町~戦国にかけ、この地域の有力な武家商人であったらしく、お屋敷がこの場所にありました。

 かっての小折は、街道沿いの要衝の地で、馬借として財をなした生駒家の屋敷には、青年時代の信長や秀吉、蜂須賀小六(後の徳島藩祖)らが出入りをしたといわれます。

 

そして、この生駒氏の娘・吉乃きつの・1538-66は、信長の側室となり、2人の間に信忠(1557-82)・信雄(1558-1630)・徳姫(1559-1636)と3人のこどもが生まれています。20代のまだ若い信長が、年上の吉乃のいる生駒屋敷へ馬で通ったのかな?とか、幸せな様子が思い起されます。

 

②久昌寺

 

小折城跡のすぐそばに、生駒家の菩提寺・久昌寺きゅうしょうじがあります。

f:id:butuyokuko:20200301110310j:plain

歴代「生駒家」当主夫妻が眠る墓地

生駒家の墓地の立派さ壮観さに、「確かにここに生駒家があったんだなぁ」と、しみじみとしました。

f:id:butuyokuko:20200301105935j:plain

吉乃の墓は一番右側(少し形が違う)

③吉乃の方の荼毘地

 

そして、久昌寺からすぐそばの、吉乃の方が荼毘にふされた場所に立ち寄ります。

吉乃の方は、若くして亡くなったそうで、儚い感じがせつないです。

この荼毘地から、吉乃と信長が暮らした小牧山城(愛知県小牧市)が見えたことでしょう(あいにくこの日はそれを忘れていて確認せずでした)。

f:id:butuyokuko:20200301104406j:plain

吉乃の方の荼毘地

④宝頂山墓地

 

そして、宝頂山ほうちょうざん墓地へと移動します。ここは初めてでした。

山というから、山の上にあるのかと思いきや、田んぼの中にあってびっくりしました。

ここも生駒家のお墓です(先ほどの久昌寺のお墓とメンバーが一部かぶる。

もともと5代目当主吉乃の甥の隠居所で、5代目を中心にお墓が構成され、家型石廟のお墓、なかなかお目にかからないいいお墓でした。

f:id:butuyokuko:20200301113151j:plain

宝頂山墓地

小折には、1km位の間に生駒家のお屋敷、菩提寺氏神があり、昔の生活圏ってこんな感じだったのかなと、想像させてくれるのが面白かったです。

 

‥ということで、岩倉街道を歩いた際、寄り道した生駒家の屋敷跡、墓地などをのせました。「【生駒屋敷、久昌寺、吉乃の荼毘地、宝頂山墓地】 信長と生駒吉乃をめぐる旅」でした!以上です、ではまた。