物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

志村けんのような魅力的な高齢者がなぜ少ないのかを考える

じぶんが気になっている疑問の1つを書いていきます。

 尊敬できる年長者、高齢者って少なくない気がする

 

ざっくりいうと人間50-60代にもなれば、知識の量は増えて賢く、

性格は丸みをおびて優しく、ひょうひょうとした感じになってもいいのではないか?

と思うのです。

昔話にはそんなおじいさんおばあさんが出てきますよね?

でも、ほんとにそんな素敵なシニアっているのかな?

仙人みたいな賢者って実際はいないのかしら?

 

f:id:butuyokuko:20200404071546j:plain

 

ところで高齢者って何歳から?

調べてみたところ、はっきりした定義はないらしい。

今の年金受給年齢や昔の国連のレポートから65歳からだとか、諸説あり。

 シニアって何歳からなの?

 

シニア=高齢者でこちらも定義はなし。

 

 思い浮かぶ素敵なシニア(2020・4月現在)

 

自分が素敵なシニアだと思う有名人は‥、

タモリさん(1945年生まれ・74歳) 

知識あり、ユーモアあり、好奇心あり。(みのもんたとは違い)発言にいまだ衰えを感じさせない。齢を重ねて飄々とした感じになり、優しさも感じる。憧れの高齢者(個人的に)第1位。

草野仁さん(1944年生まれ・76歳) 

今TVで見る姿は、昔と大幅には変わってない気がする、何気に劣化の無さがすごい。言語明瞭、頭脳明晰。体を鍛えている事も若さの秘訣か、精神状態が常に一定なのもかなりスゴイ。

トコロさん(1955年生まれ・65歳) 

いつも明るく快活で楽しそう。志村けんさんと同じく癒し系の笑顔の人。知性や好奇心はいまだ衰えず、子供の心を持った65歳。

 以前、TVで「世田谷ベース」を訪問した芸能人に、「これはどう?」「これもどう?」って、どんどん物あげてたのが印象的だった。気さくで優しい人柄は健在。

梅沢富美男(1950年生まれ・69歳) 

男らしく、信念を感じる。発言も面白く、多才多能、ユーモアもあっておちゃめな69歳。若い時分もかっこよくて素敵だったが、今もまたかっこいい、上手に年齢を重ねた人。

尾畑春夫さん(1939年生まれ・80歳) 

2018年、山口の2歳児救出事件で一躍時の人なったスーパ-ボランティア。

困った時はお互いさま

残りの人生全てを恩返しに充てたいの言葉は、こんな70代がいるのか、と衝撃を与えられた。東京から大分までの徒歩行は、尾畑さんの夢だったのだが、若者がするような事を実際に実現しようとするスーパー高齢者。健康な肉体は、魂も健康にするのだろう。これを書いたとこで、下の本を買ってみた。尾畑さんみたいになりたいから!

 

尾畠春夫 魂の生き方

尾畠春夫 魂の生き方

  • 作者:尾畠春夫
  • 発売日: 2018/11/10
  • メディア: 単行本
 

 芸能人の場合は、このように数人浮かぶがのだけど、身近なところでは、どうかというと、

 

むかしの学校の先生

 どんな質問にも丁寧真摯に答え、誰に対しても謙虚で腰の低い人だった。

明るく優しく常に笑顔。「福祉施設に慰問で落語をやりにいってるんだ」、という事で

最後の授業の日、机の上に正座し、新作落語を披露してくれたのは記憶に残る思い出。

 そして、自分の父も長所がたくさんあり、尊敬できるシニアだ。

 しかし思い浮かぶ、身近な素敵シニアは今のところ数人(あらら)。

 

素敵シニアになれない理由は

 

  • 経験が人間を悪くするのもあるかも。
  • 病気 →体が痛めば、笑顔どころではないし。
  • 脳の老化 →前頭葉は劣化しやすく、脳の萎縮が意欲・意志を下げる。感情のコントロールができなくなり、イライラしたりきれやすくなる。
  • 自己を実現するお金が足りてない →余裕がなくなる →貧すれば鈍する。

と書いていて、wikiの「高齢者」のこんな記述を発見。

 

老人の性格特性・レイチャードの5類型

  1. 円熟型 - 過去を後悔することもなく未来に対しても希望をもつタイプ。寛大。
  2. ロッキングチェアー型(依存型) - 現実を受け入れるタイプ。物質的、情緒的な支えを与えてくれる人に頼る傾向がある。安楽に暮らそうとする。
  3. 防衛型(装甲型) - 若い時の活動水準を維持しようとするタイプ。老化を認めない。
  4. 憤慨型(敵意型) - 老いに対する不満が他者への攻撃となってあらわれるタイプ(花火、自動車)。人生の失敗を他人のせいにする。
  5. 自責型 - 人生を失敗だったと考えてふさぎこむタイプ。自分の至らなさのせいであったと考える。

 出典:wikipedia 

レイチャードは、アメリカの心理学者だそうだ。う~ん、おもしろい。

でも‥、1しかよくないじゃん!あといったいどうなの?

 

ひょっとすると‥、今が素敵じゃないと素敵なシニアにはなれないのかもしれない

 

素敵なシニアであげた芸能人とかは、若い時からすでに魅力的だったのだろう。

過去からの蓄積が素敵なシニアを作る、と考えて書いていたのだが、将来、大化けするとは限らない。

 

自分達もやがてはシニアになる

 

素敵シニアになる為に、今からできる事をやろう。とりあえずは、

暗い顔しない 

「中年が暗い顔してると世の中が暗くなっていかん」、とどっかに書いてあった(若者は存在自体が明るいから)

健康でいること 

これだと思う。健康な体じゃないと心もグサグサになってしまうから。

世の中は捨てたもんではない。親切な人はいる、という事を下の世代に伝える。

 

f:id:butuyokuko:20200404071543j:plain

 

みんなが素敵なシニアになれることをお祈りしつつ‥。

以上です。ではまた~。