物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

心が戦慄するような『ノンフィクション』を読みたい!【③歴史・民俗編】『日本残酷物語』、『おあむおきく物語』

『心が戦慄するようなノンフィクションを読みたい!』の続編です。

③回目は【歴史・民俗編】です。日本残酷物語』、『おあむおきく物語』の2冊をとりあげました。

butuyokuko.hatenablog.com

①『日本残酷物語①-⑤』(平凡社 S34-36)

 全⑤巻の力作(この他にも現代篇が②巻あります) それぞれの巻には、以下のタイトルがついています。

第①部 『貧しき人々のむれ』
第②部 『忘れられた土地』
第③部 『鎖国の悲劇』
第④部 『保障なき社会』
第⑤部 『近代の暗黒』

 

ヒッ、第①部第②部のタイトルが怖い。

執筆は、宮本常一民俗学者)、山本周五郎(文学者)ら複数人が手掛けています。

 発刊された昭和30年代の社会・人権問題への意識の高まりやその時代の熱みたいなものも感じられます。

色んな物のごった煮みたいな本ですが、貧困・差別・社会問題・災害・病気・歴史・民俗・風俗に焦点があてられていて、普段スポットのあたらない日本の暗い(?)部分の事情の記録となっています。

(昔はそれがわりと普通で、異常とかひどいとかそういう考えも薄かったことでしょう。時代が下り、意識も高まり、「あれはひどかった、悲惨だった」と見返される事柄が多くなった結果の本ともいえます)

また当時の聞き取りの記録など、今では採集不可能で、とても貴重なものだと思います。

 自分の昔の「読書ノート」をみると、第①部は「海の略奪者、山民、乞食、飢饉、風土病、間引き、老人、工女、鉱内、遊女‥」等々と、メモってあります。

テーマが色々とありすぎ、消化するのが大変な本です(笑)

2度借りて、印象がバラバラなまま、まとまった感想に未だ至らず‥という。でも、正体が見えるまで、何度でも読んだらいいのですから‥。そのうち、はっきりと見えてくることもあるでしょう。

 そして、『残酷物語』の中で興味をひくのがの執筆者の1人宮本常一(1907-81)です。

民俗学者の彼は、生涯、現地調査をしながら、膨大な著作を遺しました。

どの本も面白そうなのだですが、『残酷物語』にも収録された『忘れられた日本人』からまずは読み始めました。

土地の人々の生活を覗いた丁寧な記録。現地の人の中に入っていくやりとり。優しい文章‥。土地の習俗から、中世が垣間見えたりするシーンなどはドキドキとする1冊となっています。

私のように、興味関心のとっかかりになる何かを『残酷物語』から探してもいいのではないでしょうか?

忘れられた日本人 (岩波文庫)

忘れられた日本人 (岩波文庫)

 

② 『おあむ物語・おきく物語』

『おあむ物語』

 江戸時代の記録物。「落城」という絶対絶命 の状況の記録です。

 お庵物語は、関ケ原の戦いの際の大垣城籠城の記録。

主人公のお庵は、石田光成に仕えた武将の娘で、関ケ原の戦いの時、家族とともに大垣城にいました。

落城の前日、城を脱出する事に成功し、後日、大垣城落城の話を語り残しました。

 原文は短く、口語の語り口が古風で面白いです。

「また味方へ、取った首天守へ集められて、それぞれにをつけて覚えおき、さいさい首にお歯黒を付ておじゃる。「それはなぜなりや」、首はおはぐろ首は良き人とて賞玩した。それ故、白歯の首は、お歯黒付て給はれ、と頼まれておじやつたが、首も怖いものではあらない。その首どもの血臭き中に寝たことでおじやつた。」

 引用した文章は、有名なお歯黒を施すシーン*1です。生々しいですね。

 

『おきく物語』

 おきくは、淀殿に仕えた上臈女中で、20歳の時、大阪城にいてこちらも落城を経験します。

後日、孫に落城の記憶を語り残したのが、『おきく物語』となって世に残りました。

5月7日、大阪夏の陣の落城の日、きくは城内の長局にいました。

まだ落城するなんて考えもしなかった彼女は、蕎麦焼きを食べようとしていて、城外に火の手があがっているのに気がつきます。そっからが早い、スピーディー。

 「城が落ちる」と察知した彼女は、着物を数枚着こみ、金の塊を持って脱出します。

早い時間帯だったのか、意外と人気の無い城内を脱出していきます。

(まだ敵方がなだれ込む前だったのでしょうか?)

逃げる途中、武者崩れ?に錆刀で脅されたりするものの、金の塊を渡し交渉したりと、弱冠20とは思えない落ち着きぶりを発揮します。

その後、運よく淀殿の妹一行と出会い、一行に紛れ込み(?)、命を拾います。

速さ・機転・運の良さと「助かった命にはわけがある」、と思わされます。

(なにしろ、「夏の陣」は日本史上最大の殺戮戦だったのですから‥)

もたもたしていたら、略奪されて後世に記憶を語り残す事も出来なかったでしょう。

「語り残せる」ということ自体が幸運だったのです。

f:id:butuyokuko:20200425151227j:plain

大垣市のキャラ「おあむちゃん」

出典:「大垣市」ホームページより 

 この2つの「落城記」が語り継がれ、現代でも読めるという事に感謝しつつ‥、今回は以上です!ではまた!

*1:お歯黒首を身分の高い人・立派な武将として賞玩する風習があったらしい。手柄の価値をあげるために、自分の打ち取った首にお歯黒をつけることもした。