物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

『戦国武将メシ缶詰』~織田信長~【桶狭間の戦い出陣メシ~肉味噌の味は?】(デアゴスティーニ)

先日、『戦国武将メシ缶詰』デアゴスティーニ)の織田信長ver、明智光秀verが発売していたことにやっと気がつきました。

(7月上旬発売なので、だいぶと気づいてなかったのですが‥)

 

‥ということで、近所の本屋さんで手に入れてきました。

f:id:butuyokuko:20200802074227p:plain

桶狭間の戦い出陣メシ』

f:id:butuyokuko:20200802074234p:plain

ほぼ「缶詰」のみの構成に衝撃を受ける

本を手に取ってその異様な感じに驚くのですが、「まさか缶詰しか入ってないんじゃないの?」という予感はほぼ正しいのです。

缶詰とペラペラ本(ページ数12p)のみの構成。えぇっ(困惑)

(後で気がついたのですが、紙の「コースター」が1枚ペロンとついています)

 

つまるところ、1個900円(税抜)の缶詰を買う感じです。

900円かぁ。試される「信長愛」。試される「歴史の食への興味」。

でも‥、460年前の食への興味には勝てません。

f:id:butuyokuko:20200802074241p:plain

「家紋コースター」は、最初は要らない気がしていました

f:id:butuyokuko:20200803051531p:plain

缶詰をあけて、コースターをひっくり返す

「肉みそ」はぱっと見、ふつうに美味しそうです。

コースターはひっくり返して総毛立ちました。「名言コースター」だったのか‥。

(これはたしか、部下への叱責状にあることば。「叱責コースター」?

とにもかくにもこの名言のチョイスで、ペラ紙コースターの価値は爆上げしました)

f:id:butuyokuko:20200803051524p:plain

まずはごはんの上にのっけて、と

けっこうネットリと脂っぽいです。

お湯をかけて、「湯漬け」にして食べるのが「信長流」とありましたが、なるほど、お湯をかけるのわかる気がします。さっぱりと食べれそう!

(小口ネギや大根の葉、白菜の浅漬けといっしょに食べるのも合いそうです)

 

食べてみて

 

●味噌味がシッカリ。塩味が強い。

●みりんや砂糖が入ってない昔風

(今だと確実に、砂糖を入れて「甘辛味」にしてしまいそうです)

●ショウガ、山椒で味を調整。

●缶詰の肉は「鶏むね肉」使用していますが、当時は「鶴の肉」などだとか。

(当時「ニワトリ」は神話に登場する鳥として神聖視されていて、肉も卵も食べなかったとありました。そうなのか‥)

●そして、『肉みそ』は今と違って特別な料理だったそうです(肉も味噌も貴重)。

 一部の人の口にしか入らない、贅沢なご馳走?

 感想

 

「ほんとにこんな美味しいもの食べてたの?」というギワクも。

お店で出てきたら、今だってふつうに美味しいレベルです。

(現代人向けに、食べやすく美味しくしてあったりは‥)

 

信長の「出陣メシ」は、ほんとに「肉味噌」なのか?

 

桶狭間の前に食べたのは肉味噌」とペラ本には書いてあったので、何かしら出典、推測する根拠があるのかな?と思うのですが‥。

f:id:butuyokuko:20200804124937p:plain

清州城の「織田信長像」 数珠を手に桶狭間の方向をにらんでいます

信長公記』には、「‥御物具を召され、たちながら御食をまいり、御甲を召し候て御出陣なさる」とあり、何を食べたかは分からない書き方をしています。

一般的に、この信長出陣時のごはんは「湯漬け」のイメージです。

お芝居では、信長が「湯漬けをもて!」と命じ、出てきた菜っぱでも浮いてるのを「お茶漬け」的にかっこんで、慌ただしく出陣していくシーンがうかびます。

 

簡素な食事をとって急いで出陣していったのかな?と今まで思っていたのですが、

肉味噌を食べているうちに、戦国武将らしく、げんをかついだ物を食べたり、栄養のある物を食べて、桶狭間に向かったのではないかな?とも思えてきました。

桶狭間に向かう途中も意外と複数の社寺に戦勝祈願したりと戦国武将らしい?行動をしています)

f:id:butuyokuko:20200804124856p:plain

f:id:butuyokuko:20200804124915p:plain

f:id:butuyokuko:20200804124908p:plain

f:id:butuyokuko:20200804124902p:plain

清州城からの眺め(2019年12月)

清州城からは周囲が平たんということもあり、見通しが素晴らしいです。

(もちろん昔は4階建ての城はないけれど‥)

名古屋方面、わかりづらいですが①枚目の右端あたり。けっこう近くて驚きます。

熱田まで約12km。何かあったら異変が分かりそうな距離です。

f:id:butuyokuko:20200804124929p:plain

復元した「清州城」の石垣

f:id:butuyokuko:20200804124922p:plain

最盛期の「清州城」のジオラマ(1586年頃)


ちょうど、戦国時代の食事の本を読んでみたいなぁ、と思っていたところだったので、

個人的にはタイムリーな『戦国武将メシ缶詰』でした。

 読むだけでは「そうなのか~」で終わってしまうので、実際に食べる経験ができてよかったです!

これ以後も続々と(?)伊達政宗上杉謙信徳川家康と発刊されるらしいので、これからも「愛」が試される感じで少しおびえています。

何十人も出てくるのかなぁ‥?(困惑)

以上、『戦国武将メシ缶詰』でした!