物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

『ストーンミュージアム 博石館』が面白い【ピラミッド探検・巨大地下迷路】【鉱物博物館】【石のお土産】(岐阜県中津川市)

先日、『博石館はくせきかん』という石に関する施設に行ってきました。石材会社さんが経営する施設で、広大な敷地には探検できる「クフ王のピラミッド」(1/10サイズ)をはじめ、子供が大喜びの宝石探し・砂金探しなどが体験できる「体験館」。充実した内容の「鉱物展示館」などがあり、大人も子供もともに楽しめる施設でした。

[http://:title]

博石館』とは

 

f:id:butuyokuko:20201228105857p:plain

広大な施設(じっくり回って、体験もすれば2時間位はかかる)

 昭和60年に開館した企業博物館です(親の会社は「(株)岩本」)。

広大な敷地内に何棟もの施設(展示館、体験館、お土産屋さん、飲食店、本社屋)、オブジェなどが建ち並び、圧倒されます。

 『博石館』の情報

 2021年3月再オープン予定(2020.12/29~2021.2月末までリフレッシュ工事中)

【営業日】 当面の営業は金~月・祝日でしたが、HPを要確認。

【営業時間】 9-17時(冬季は9-15:30) 

【入館料】 おとな1000円 こども500円

【住所】 岐阜県中津川市蛭川5263-7

f:id:butuyokuko:20201229093458j:plain

「博石館前」(すでに色々な「石」が置かれている)

ここに『博石館』やその会社がある理由の1つは、この一帯が日本有数の鉱物の産地だからです。*1

蛭川御影ひるかわみかげ(恵那錆石えなさびいし)』という石材が取れることで有名で、下のポストはその蛭川みかげでできています。

f:id:butuyokuko:20201228105851p:plain

赤い色が特徴の花崗岩(鉄分を含むことから)

【みどころ①】『ピラミッドと巨大地下迷路』

f:id:butuyokuko:20201228105756p:plain

オベリスク」や「ピラミッド」が林立する敷地内

f:id:butuyokuko:20201228105811p:plain

「ピラミッド」は子どもにも大人にも大人気

f:id:butuyokuko:20201229102447j:plain

もちろん素材の石は「蛭川みかげ」

クフ王のピラミッド」の1/10サイズです。十分大きくて(高さ14.6m)、クォリティも高く、見ごたえがあります。

f:id:butuyokuko:20201228110215p:plain

頂上部の部屋

f:id:butuyokuko:20201229102154j:plain

「巨大地下迷路」

f:id:butuyokuko:20201228110314p:plain

「巨大地下迷路」②

f:id:butuyokuko:20201228110327p:plain

中の「壁画」にも味がある

f:id:butuyokuko:20201228110320p:plain

「行き止まり」多数の激ムズ迷路

「しょせんは子供向け」とたかをくくっていると、想像以上に難しくて驚愕します。

(なんでこんなに行き止まりが‥)と行き止まりの多さに「製作者の本気」を感じ、「一生抜け出せないのでは?」と妙な妄想までしだす始末(困惑)。

(脱出に小1時間を要したという話もあり、片側の壁に手をついてたどっていったら、ほんとにそれくらいかかるかも‥)

f:id:butuyokuko:20201228110219p:plain

迷路の「出口」(ホッ)

本気モードの迷路に消耗しました‥。迷子になる子もいそうです(親がついているから大丈夫かな)。

(後で気がついたのですが、入場時にもらったパンフに「迷路の全図」が描いてありました。これに気づいていればあんなに動揺しなかった?)

 

【みどころ②】子供たちが遊べる『鉱山体験館』

f:id:butuyokuko:20201228105839p:plain

こちらも広大な「鉱山体験館」(奥に各コーナーがある)

子供たちの目がきらきらする「体験館」です。施設内には、化石探し、砂金探し・銀探し、宝石釣り、トレジャーハンティングなどのコーナーがあり(有料)、体験をさせてもらうことができます(私が子供だったら、きっと親にせがんでやらせてもらっただろうなぁ‥)。

「ジオード割り」 *2という石を割る体験があり、少し悩んだのですが今回はやめておきました。

 

【みどころ③】『鉱物展示館』

 

こちらは大人が楽しめる施設。宝石がゴロゴロで、思わずありがたみが薄れるほど(笑) 

蛭川産の鉱物世界の珍しい鉱物が展示されています。

f:id:butuyokuko:20201228105803p:plain

【右】壮麗な「鉱物展示館」の建物(正面奥は「石山歴史館」)

f:id:butuyokuko:20201228105818p:plain

「鉱物展示館」内

価値のありそうな「宝石」もあるのですが、気になるのは‥、

f:id:butuyokuko:20201228105832p:plain

特産の「蛭川ひるかわみかげ」

f:id:butuyokuko:20201228105824p:plain

日本各地の「石材展示」が面白い(石屋さんって楽しそう‥と妄想をする)

 

【みどころ④】その他の施設(『石山歴史館』、『石のホール』、『喫茶MWむう』など)

f:id:butuyokuko:20201228105845p:plain

「石山歴史館」

f:id:butuyokuko:20201229105835p:plain

同「石山歴史館」

他にもまだまだ施設があります。「石山歴史館」では実際の石材の割り出し、加工、道具などを見たり、持ったりすることができます。

f:id:butuyokuko:20201228110225p:plain

「石のホール」は結婚式場などに使われる

f:id:butuyokuko:20201228110231p:plain

こちらも壮麗な「石のホール」内部

雰囲気や石の柱に「ノーベル賞」受賞式の会場を何となく連想(行ったことないけど‥)。

f:id:butuyokuko:20201228110250p:plain

可愛い「石小屋」のエリア

f:id:butuyokuko:20201228110257p:plain

石小屋の中

f:id:butuyokuko:20201228110239p:plain

昔作られていた「博石館ビール」

昔、飲んだことがある懐かしい地ビール(2012年事業終了。味はもう思いだせない‥)「博石館」の親会社は色んなことをしてて面白いなぁ、と感心します。

f:id:butuyokuko:20201228105911p:plain

茶店ムウ

「ピラミッドカレー」( ごはんがピラミッド状によそわれたカレー)が美味しいと人気のお店。店からそそりたつ「オベリスク」の主張ぶりがすごいです。

 

『博石館』のおみやげ

 

敷地内にはお土産さんもあります。「石のアクセサリー」や「化石」、ピラミッドにちなんだエジプト関連グッズも売られていました。

f:id:butuyokuko:20201228110308p:plain

「レースめのう」

「石のアクセサリー」は正直安いです(名古屋のお店などで買うよりよほど良心価格)。上のペンダントも1000円内でした。

f:id:butuyokuko:20201228110337p:plain

ミニミニ「隕石」(約1cm)

隕石は大中小のサイズあり。お値段は500円ほど。

f:id:butuyokuko:20201228110333p:plain

すやの「かやあられ」

これは「博石館」さんで買ったわけではないですが、帰りの恵那駅の「えなてらす」(恵那市観光物産館)で買いました。

すや中津川市は「栗きんとん」で有名なお店ですが、かやの実を糖でくるんだ珍しいお菓子がこの時期販売されます(12月~原料なくなり次第終了)。

「榧の実」は少しクセのある香りがします。見つけると「あれどんな味だったけ?」と思いながら買っています(味も少しだけクセがある)。

 

最後に(子供たちが生き生きとする施設)

 

『博石館』は、「名勝・恵那峡えなきょう*3の側で恵那えなさん・2191m)が目の前に広がるとても風光明媚な場所にあります。

この爽快な風景に、「ピラミッド探検」「ピラミッドカレー」は実はちょっと変な感じがします(笑) 

でも、子供たちが楽しそうに「体験館」に走って行く、「ピラミッド」にくぎ付けになる様子を見ると「いい施設だな」と思います。もちろん子供だけでなく、大人が行っても想像以上に楽しいです。

現在、『博石館』はリフレッシュ工事中で、次回は来年の3月以降となります。

チケットは3ケ月後なら再入館可能なので、リフレッシュ後にまた行ってみよう、と考えています。

‥ということで以上、『ストーンミュージアム博石館が面白い』でした!ではまた!

 

【追記】

 

今年最後の投稿となります。今年読んでくださった皆様、本当にありがとうございました!来年も変わりなく続きますので、またよろしくお願い致します。

(投稿は今より間隔を開け、もう少し少なくなる予定です。)

また「☆」などをつけて励まして下さった皆さま、本当にありがとうございました!

(来年以降は「☆」表示を外そうと考えていますが、) 長い間大変励まされ、感謝しています、本当にありがとうございました!

(こちらからは今まで通りの訪問、今まで通りの「☆」等でなんら変わるところはありません。)

‥ということで、皆様にとって来年がさらに良い年になりますよう祈念しつつ‥、ではまた来年!

*1:パンフには「日本三大鉱物の産地」と書かれていました。

*2:中が空洞で、結晶が出ている石。空洞のため割りやすいことも。

*3:木曽川の作るダイナミックな渓谷。奇岩もあり、変化に富んでいる。