物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

『海亀を食べたい!』という宿願をかなえるため、『すっぽん卵の焼酎漬け』からはじめてみた【料亭やまさ】

タイトルの『海亀を食べたい‼』ですが、現在では口に入ることはほぼありません。

『亀食』を実現するため、どうしたら食べれるのか調べ、今回はまずは入手しやすい同じ「カメ目」のすっぽんの卵からアプローチしてみることにしました!

 

『海亀』の肉・卵を食べたい!

 

「ウミガメ」自体、1億年以上前からの存在と言われ、太古から近年まで食べ続けられてきた伝統食です。大昔から身近にあり、日本人に深く親しまれた存在ということを考えると、なんとかしてたべたいというのが本音です。

 以前、「亀卜」(亀の甲羅占い)を調べた際、「亀卜は中国起源で殷の時代に盛んに行われた」という記述をよみ、占いにも使用するし、同時に「ガッツリ食べてたんだろうなぁ」と想像をふくらませていました。

butuyokuko.hatenablog.com

『ウミガメ』について

 

① 現在、地球上に7種(6種は絶滅危機

② 日本で特におなじみのウミガメは『アオウミガメ』『アカウミガメなど。

③ 「ワシントン条約」で取引規制中。

④ 日本ではいくつかの法で規制がかけられています。

 (「水産資源保護法」がらみでは、都道府県の海区漁業調整委員会で承認が必要など)

世界では乱獲・環境の変化などにより、個体数が減少している地域もあります。

日本ではやや増加の傾向にあるよう(?)です。

 

食べられる場所

 

①『小笠原』

小笠原諸島では、年間135頭まで捕獲が許可されていて島のお店で『アオウミガメ』お寿司などが食べられるそうです。

▢『意外に淡泊?小笠原諸島のレア料理、ウミガメ肉のお寿司を食べてきた

(上品で、美味しそうな「カメ寿司」の写真と記事がのっています。)

『アオウミガメ』は特に美味しいのだそうです。

   f:id:butuyokuko:20200809071443p:plain

    見た目も可愛いアオウミガメ Bernard DUPONT / Link

②『沖縄』(八重山宮古島など)

沖縄年205頭の捕獲制限をもうけて、食べれるお店があるそうです。

③海外

中南米東南アジアほか。

▢『亀食文化のあるメキシコの街「フチタン」でウミガメの卵を食べてみた

 

亀の卵の思い出

 

「小笠原かぁ‥」と考えているうち、昔みた『亀の卵のビン詰』をふと思い出しました。

20年くらい前の話ですが、よく行くスーパーに置いてあった『亀の卵のビン詰

ビンの中には10個くらいピンポン玉のような卵が入っていました(値段は1000円位?)

当時、興味はあったのですが、「買ってもなあ‥」ということで、結局買わずじまいでした。その後も数回見た記憶ですが、それ以後全く見なくなりました。

(多分、あれは亀といっても入手しやすい「スッポン」だったのでしょう)

 「そうだ!まずは同じ亀の、スッポンの卵を探してたべてみよう」

 

『すっぽん卵の焼酎漬け』(料亭やまさ)

 

‥ということでネットで探してみると、もはや「スッポンの卵」自体がほとんど売られていない状態でした。

その中から、大分の料亭「やまさ」さんが『すっぽん卵の焼酎漬け』を販売しているのを見つけました。昔スーパーで見たのと同じような見た目です。

(これだな(たぶん)。すっぽん料理専門の料亭さんのだったら、おいしいかも‥)

期待を抱きつつ、取り寄せることにしました。

 

8月に入り、注文した『すっぽんの卵』がおくられてきました。

f:id:butuyokuko:20200808113133p:plain

ダンボールにはられた「注意書き」。気をつかってくれてます

f:id:butuyokuko:20200808113140p:plain

『すっぽん卵の焼酎漬け』

f:id:butuyokuko:20200808113146p:plain

夏季限定商品。保存は1年。

まさに、昔見た感じの卵です。

「ニワトリの卵や魚卵は大丈夫で、亀の卵がダメなんて偏見だろう」と、卵を目にするまではそう思っていたのですが‥。

f:id:butuyokuko:20200808113152p:plain

直径は1.8cm位。10個入ってます。

ひゃー、これかぁ。卵がまるい!口に運びにくい‥、なんかこわい⁉
しかもこれは焼酎づけの「生の卵」。そもそもハードルが高かったかも?
しかし、「食べたい」と言って注文したのは自分だし、がんばって食べなくては‥。

勇気をだして(?)、口にいれてみます。

薄氷のような食感の卵の殻(卵のカラはむいて食べるという事が後に判明)を噛むと、卵くさいとろっとしたものが口にぶわっ~と広がりました。

f:id:butuyokuko:20200825113141p:plain

卵の殻を割るとこういう感じ

小さな小さな卵の、匂いの強さに驚愕です。

(これは個人的にダメかもしれない‥。そういえば、私はピータンも苦手だった‥)

多分ですが‥、卵の周囲が焼酎だから、卵くささがきわ立ったのです。

周囲がミソとかしょう油ならば、全然違ったはず。

しばらく呆然として、その日はそれで寝てしまいました。

 

翌日、「生がダメなら、茹でればいいんじゃないの?」と気を取り直し、今度は茹でてみることにしました。

f:id:butuyokuko:20200808113200p:plain

みためは、ホワイトチョコボール

f:id:butuyokuko:20200808113207p:plain

1個途中で割れてしまいました

「亀の卵の卵白は固まらない」という話どおり凝固が弱いです。

f:id:butuyokuko:20200808113215p:plain

まだ黄身が柔らかいので、再加熱します

結局、10分位茹でました。

f:id:butuyokuko:20200808113224p:plain

黄身部分。最終的にはクシャと変形しシナシナに。

食べてみると今度はカチカチで、味は「パッサパッサの、味の抜けたビーフジャーキー」みたい(?)になり、食べれるようにはなりました。

(多分、「すっぽん卵」の良さは一切なくなったことでしょう‥。申し訳ない)

f:id:butuyokuko:20200808113233p:plain

料亭やまささんの「すっぽん」メニュー

最後に

 

「海亀」が食べたければ、小笠原沖縄へ。

また、『すっぽんの卵』はクセがあるということが今回わかりました。

そしてもう1つ、一般的な『浦島太郎』の昔話。子供達にいじめられている「亀」を浦島が助けるあのお話ですが、あれは砂浜に産卵しにきた「海亀」のメスだったのかな、と遅まきながら思い当たりました。

太郎をのせる位の大亀ならば「海亀」しかないし、その「海亀」は産卵以外上陸しないからです。亀が泣いていた*1というのも産卵時のそれでしょう。

卵も取らず、捕まえて食べようともしない「浦島」は、実に奇特な人間ということで、「竜宮」にも招待され、伝説になれた、ということだったのでしょうか?

煩悩むきだし、「捕まえて食べよう。べっ甲細工も作りたい」、というような人間ばかりの中で「浦島」の動物愛護が光った、という話だったのかもしれません。

 

‥というわけで、『海亀が食べたい!』からの『すっぽんの卵の焼酎漬け』でした!以上です、ではまた!

下記「ブログ」では、「亀」の体の構造に興味をもって調べています。↓

butuyokuko.hatenablog.com

butuyokuko.hatenablog.com

*1:塩分濃度の調節と上陸時の目の乾燥を防いでいる。