物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

『芥川龍之介』と『イケメンの親友』。そして『龍之介の三男』と『ゴジラ』との関係。【芥川也寸志の音楽】

芥川也寸志やすし』(1925-1989)という作曲家をご存じでしょうか?芥川龍之介(1892-1927)の三男で、多くの人に知られる曲を残した名作曲家さんです。心が揺さぶられる芥川也寸志の曲と、也寸志がその名をもらった芥川のイケメンの畏友『恒藤恭つねとうきょう。也寸志が慕った作曲家『伊福部昭いふくべあきらについてすこし書きたいと思います。

f:id:butuyokuko:20201021211732j:plain

芥川也寸志 /Link

①『芥川也寸志』の曲

 

まずはこの曲。『八墓村』(1977)に使用された曲ですが、日本の風景の映像とあいまって、日本の地方、農村、歴史、民俗を連想させるにぴったりの曲だなぁ、と思っています。聞くたびに、心の中を風が吹きすさぶような気持ちになります。


芥川也寸志の日本

そして、もう一曲。こちらも映画八甲田山』(1977)の曲として作曲されました。『八墓村』と通じるところのある曲です。本来の芥川也寸志の曲調は快活なものが多いとあるのですが、映画に合わせてこういう暗めの曲調なのでしょうか。こちらも心を揺さぶる曲です。


芥川也寸志の日本

也寸志の曲で、恐らく最も有名で、一番耳にしたことがある曲はこれでしょうか。


TV時代劇「赤穂浪士」音楽:芥川也寸志 (1964年)

昔は、年末になると『赤穂浪士』が放送されていました。この曲の中毒性(?)もあり*1、『赤穂浪士』を見ていたものですが、まさかこの曲が芥川龍之介の息子さんの曲とは、その時は思いもよりませんでした。

 

②芥川の親友『恒藤恭

 

さて、也寸志がその名前をもらうことになった芥川の親友『恒藤(井川)恭つねとうきょう(1888-1967)です。

f:id:butuyokuko:20201018080622j:plain

一高時代の写真 【右】が恒藤恭 (『新潮日本文学アルバム』より)

昔、この写真を見て2人のイケメンぶりにたいへん驚いたことを憶えています。エリートでイケメン。後年、文豪と学者として名を成す若い2人がとても凛々しい写真です。

一高時代の旧友には菊池寛をはじめ、後に文筆で有名になる人ばかりなのですが、一高時代の3年間で、芥川が最も愛した級友が恒藤恭でした。

f:id:butuyokuko:20201018080618j:plain

後年、恒藤恭は『旧友芥川龍之介』(s24)という本も出版しています

一高卒業時、芥川が『恒藤恭』に送った手紙を今回、初めて読みました。

「君は自分が君を尊敬してゐることはしつてゐるだらうと思ふ。けれども自分が君を如何に愛してゐるかは知らないかもしれないと思ふ

「時として惡み、時としては争ったが、矢張三年間一高にゐた間に一番愛してゐたのは君だったと思ふ。」(大正2年7月の手紙)

この2人、性格は違うものの、寮の同室で生活をし、お互いを尊敬しあう仲だったのです。もともと文学に興味があった『恒藤恭』ですが、芥川らの才能を目にし、この後、京大法科に転じ、法哲学として有名になります。2人の交友は、芥川の死まで続きます。

3男「也寸志」の名は、この秀才『恒藤恭』から取られました。*2

 

③也寸志の作曲の先生『伊福部昭

 

芥川が自殺した時、也寸志はまだ2歳くらい。父芥川と同じく、音楽が大好きで、やがて作曲家を心ざします。

そして、入学した音楽学校の作曲科の先生が、伊福部昭いふくべあきら(1914-2006)でした。

(『伊福部』を音楽学校に招いたのが、芥川龍之介の知り合いだったりと、巡り合わせも興味深く感じます)

伊福部昭』といえば、ゴジラ』のテーマの作曲家ということで有名ですが、也寸志はこの『伊福部』を慕い、たいへん影響を受けたといいます。

f:id:butuyokuko:20201021211736j:plain

ゴジラ』(1954) Toho Company Ltd.© 1954  /Link

2人は師弟ということで、2人の音楽には何か似た匂いを感じます‥。

ゴジラのテーマ』とともに『伊福部』の宇宙大戦争マーチ』(1959)も名曲ですが、疾走感やドキドキ感や音に「也寸志」と共通なものを感じる気がします。


宇宙大戦争マーチ Battle in Outer Space

 

最後に

 

‥ということで、芥川龍之介の周りの人を見ていきました。明治から昭和の文人の交流を見ていくと、「この人」と「この人」も知り合いなのかとか、意外と交流があるんだな、と思うことがあります。

楽家も仕事柄、小説家、映画監督、俳優と交遊があることが分かります(也寸志自身も短い間ですが、女優の「草笛光子」さんと結婚していました。)

そうした人間関係や、その作品が作られた当時の状況を想像しながら、読んだり聞いたりすると、よりいっそうその作品に愛着を感じます

今回は、芥川龍之介』から『ゴジラまでをつなげて連想をしてみました。

 ‥ということで、芥川龍之介と親友と三男の音楽とゴジラでした!以上です、ではまた!

*1:youtubeのコメントの指摘「まさにボレロ」は、「なるほど」と思いました。

*2:長男『ひろし』は、菊池寛の名から取られた。後年、「イケメン俳優」として有名に。②男『隆』も親友の名前から取られたが、第2次大戦で戦没。