物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

断崖絶壁の要塞の城『長篠城』 【豊川と宇連川の合流地点に建つ『豊川』が守る城】【磔にされた?鳥居強右衛門】

前回ブログの続きです。今回は、『日本100名城』の1つにも選ばれた『長篠城』についてです。「豊川」に守られた天然の要害の城鳥居強右衛門すねえもん」のエピソード長篠城址史跡保存館』などを見ていきます。

butuyokuko.hatenablog.com

butuyokuko.hatenablog.com

[http://:title]

 

長篠城』について

 

1508年、菅沼すがぬまによって築城されました(この時は今川方)。やがて、徳川氏に従います(武田方の時期もあり)。

長篠の戦い』が起こった時は、徳川方の城でした(城主は平氏)。

長篠城』は、東西・南を断崖絶壁に守られた天然の要害の城。北側だけ平たんで守りが弱いため、堀を二重にし(川をせき止めた深い水堀)や土塁をもうけ、カバーをしていました。

 

1575年 『長篠城』攻防戦

 

三河侵攻を開始した武田勝頼の軍(15000)は、「長篠城」(守備500)を攻めます。

5/8、戦闘が始まります。竹筏で上陸し、断崖絶壁を登ろうとして石を落とされたり、横穴掘りをしてみたり、兵糧蔵を破壊したりします。

そうこうするうちに、『鳥居強右衛門の脱出行』(後述)があり、徳川・織田の援軍も到着します。

連合軍は少し離れた「設楽原したらがはらに陣地を構築し、5/21、その「設楽原」で開戦という流れになります。

f:id:butuyokuko:20201021211746j:plain

長篠城」周辺 【右側】「鳶ケ巣山砦」をはじめ5つの砦も武田軍の陣地

(『鳥瞰イラストでよみがえる歴史の舞台』p45-46より)

f:id:butuyokuko:20201020083011p:plain

長篠城跡」からみえる「砦跡」(どれがどれなのか‥)

「砦」からは、城内がよく見えたのかな?

長篠城』【豊川の断崖に建つ城】

 

長篠城』が「日本100名城」の1つと聞いても、長篠城址史跡保存館』の写真ののどかなイメージ(?)もあり、全然想像できていませんでした。

f:id:butuyokuko:20201020083039p:plain

長篠城跡に建つ『長篠城址史跡保存館』

f:id:butuyokuko:20201021053900j:plain

三角に突き出た場所に建つ「長篠城」 Link

【左側】が豊川(寒狭かんさ川)。【右側】宇連うれ川の合流地点の断崖に「城」はあります。川の流れはけっこう早く感じます。

f:id:butuyokuko:20201021211740j:plain

『ガイド 長篠の戦い』(長篠城址史跡保存館)p3より

長篠城跡』を体感できるのは、「城跡」の南側でした。

f:id:butuyokuko:20201020083018p:plain

広っぱにみえる「本丸跡」(北の方向をみています)

「本丸跡」に立って川を見下ろしたいのですが、木々にさえぎられて見えません(聞こえてくるのは川音ばかり‥。立地が分からず、ちょっと怖いです)

f:id:butuyokuko:20201020082934p:plain

本丸の西側辺り 「不忍の滝」という滝もあります

f:id:butuyokuko:20201020082951p:plain

「本丸跡」から南側

木々で状況が分からないけれど‥、フェンスの向こうは断崖絶壁

f:id:butuyokuko:20201020082958p:plain

対岸に鳥居強右衛門磔の場所」がある?

 対岸もまるで見えませんが、「長篠の戦い」で有名になった『鳥居強右衛門すねえもんの磔にされた場所や碑が対岸にあるようです。

f:id:butuyokuko:20201020082928p:plain

城の北側 本丸の「掘」と「土居」 

1575年当時は、水を入れていたそうです。

f:id:butuyokuko:20201020083028p:plain

「城」の北西方向から

ここから見ると平らで、南の険しさがウソのようです。

f:id:butuyokuko:20201020083143p:plain

「豊川」の露頭ふきん?

「城」の側に中央構造線の露頭』があるというので、見に行きました。しかし、途中の看板に「崩落のため、行けません」と書かれていて断念(ほんとだ!何か崩れてます)

f:id:butuyokuko:20201020083034p:plain

「露頭」の近くに武田四天王の1人「馬場信房」(62)のお墓

長篠の戦い」の殿しんがり線で戦死した、ということでした。

長篠城籠城戦」のハイライト?『鳥居強右衛門

 

鳥居強右衛門(36)は、長篠城主「奥平氏」の家臣(陪臣?)です。*1

1575年、「長篠城」が武田の大軍に包囲された時、徳川氏に援軍を求めるため、家康や信長に危機を知らせに行った足軽でした。

f:id:butuyokuko:20201020083023p:plain

磔にされた『鳥居強右衛門』の絵

「強右衛門」は、深夜に「野牛廓」の不浄口(下水口)から脱出。豊川を4km泳ぎ、下流地点で上陸した、とあります(「野牛廓」は、「本丸」の東側)

(真の闇の中、敵に悟られないように崖下りをして泳いだ、というのはけっこうすごい話な気も‥。川も急流で4kmも泳げるのかな?岩もあるし‥)

こうして脱出した「強右衛門」は、首尾よく家康・信長に会うことができました。

その時点で、もう援軍が長篠に向かう途中だったので、「強右衛門」は城内の仲間に伝えようと、また長篠城に戻ります。

そして、「城内」に戻ろうとしているところを武田方に捕らえられ、「奥平方」という素性もばれてしまいます。

武田方の提案は、城内に向かって「援軍は来ない。諦めて開城しろ」と叫べば、武田の家臣として厚遇するというものでした。

『強右衛門の取った行動は、「あと2-3日で援軍がくる。それまで持ちこたえろ」と城内に絶叫する、真逆のものでした。

それを聞いた武田勝頼(30)は怒り、部下に「磔」にさせたか、切り殺した、と言われています。

f:id:butuyokuko:20201022084418j:plain

逆磔バージョン(諸説あり) Otiai Saheiji Michihisa /Link

f:id:butuyokuko:20201020083104p:plain

『強右衛門のお墓がある「新昌寺」(新城市有海あるみ

f:id:butuyokuko:20201020083148p:plain

立派なお墓があります

f:id:butuyokuko:20201020083110p:plain

対岸の「篠場野」の辺り 『強右衛門が捕まり、磔刑にされた(?)ところ

f:id:butuyokuko:20201020083116p:plain

「説明板」

f:id:butuyokuko:20201020083123p:plain

磔刑碑」(大正元年建立)

f:id:butuyokuko:20201020083130p:plain

「碑」の後ろにある川や対岸の「城」みたいのですが、こちらも木々でみえません

 『長篠城址史跡保存館』

 

「保存館」では、色々な展示を見ることができるのですが、一番の目玉はこれです。

f:id:butuyokuko:20201020082912p:plain

血染めの「陣太鼓」 

籠城時、「奥平軍」が使ったもので、「奥平家」の家宝ということでした。

血の色が鮮やかなのに驚きます。

f:id:butuyokuko:20201020082917p:plain

「火縄銃」

f:id:butuyokuko:20201020082922p:plain

「畳具足」

f:id:butuyokuko:20201020082903p:plain

「陣中水呑み」 面白い形をしています

f:id:butuyokuko:20201012060221j:plain

長篠城址史跡保存館」などで買えるガイド本『長篠の戦い』 

f:id:butuyokuko:20201012060209j:plain

あまり売られていない?『長篠日記』も買えます。

『長篠日記』ついては、まるで事実を見てきたようで、面白く一気に読めます。*2

長篠城址史跡保存館』
開館時間:9時-17時  休館日:火曜  入館料:220円

住所:愛知県新城市竹広字信玄原552

最後に

 

‥ということで、天然の要塞『長篠城を見てきました。東西、南からの侵入は難しそうと思った反面、北側がフラットでびっくりしました(だいぶ壊されているそうですが‥)。

信玄が攻めた『野田城』。後の『新城城』やその他の城もそうですが、東三河の城の多くが『豊川』*3河岸段丘上に作られ、守りを固めていました

中でも、もっとも急峻な立地に作られたのが『長篠城』であったようです。

武田の侵攻をはばんだのは‥、『豊川』の作った地形のおかげともいえそうで、改めて『豊川』の凄さに感心しました。

ということで、『断崖絶壁の要塞の城 長篠城でした!以上です、ではまた!

 

下のブログの時も『豊川』河岸段丘についてふれています。

butuyokuko.hatenablog.com

*1:強右衛門の話は、『信長公記』には見られません。後続の『甫庵信長記』『三河物語』(両方とも江戸時代初期成立)などでみられるお話です。

*2:江戸中期以降の作品らしく、信憑性は「?」

*3:設楽郡設楽町が源頭。総延長77km。豊橋平野を潤す一級河川