物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

【レビュー】石割り用ハンマーで本当にあの固い石が割れるのか?(ESTWING社のハンマーを買ってみた)

採石用のハンマーというものがあり、気になっていました。

本当にあの固い石が割れるのか?と半信半疑だったわけですが、実際にハンマーを買い、本当に石が割れるのか?を石割りビギナーの自分が試しています。

 

①石を割ってみる

 

ホームセンターで適当なハンマーを買っても良かったのですが、今回はレビューの良かったESTWING社製エストウィング・米)のピックハンマーを購入。

ESTWING E3-22P ロックピックハンマーとハンマー用ケース amazonより

うーん、何という立派なハンマーなのでしょう!

人生初ツルハシで、場違い感が半端ない感じ。以前に買った備中鍬びっちゅうぐわ以来の衝撃というか。

早速、届いたその超絶立派なハンマー持って近くの川原へとでかけました。

固いものはピックで、もちろんお尻側も使える

ちなみにサイズは柄が33cm、ツルハシ部分は18cmほど。重さは約620gでハンマー部分に重量があり、持ち運びにはちょっと大変かなという感じ。

今回割りたい石はハンマーの横に置いた’ハンレイ岩’ですが、いかにも固そうで全然割れる気がしないので、まずはその辺に落ちていた適当な塊りを割ってみます。

コンクリ片?

パカっ

おぉ。これはものが柔らかいのであっさりいきました。

はんれい岩の前にさらにもう1つ持っていた石(下)も試しに割ってみます。

写真は割った後

こんな固そうなのやはりとても割れる気がしないので、こわごわカンカンやっていると全く割れず(あれれ)

しかし一緒にいた旦那さんに替わってもらうと、強い打撃でパックリと割れました!(あらー)

パワーも要るみたい

断面がキレイ!

上の写真では伝わりにくいかもですが、割れたてフレッシュな断面に感動です。

黒い部分が陽光を受けてキラキラと輝き、風化した外側とはまるで色・質感が違うのも素直に驚き。

ただの石なんだけど、中はとっても美しい。石の中を見るのって想像以上に面白い!

 

と感動したところで’ハンレイ岩’はどうかというと、こちらは想像通りの固さで一向に割れず、だんなさんが執拗に何度も打ち下ろすのを慌てて止めました。

採掘用ハンマーとはいえ、固くて歯が立たないということもあるかも!

ツルハシで傷つけられた跡が白く残り、ヒビも入って痛々しくなってしまった(悲)。

 

②石を割る際に気付いたこと

 

ということで、実際石を割ってみて気づいたことですが、

①ESTWING社のハンマー自体は重さのバランスも良く、打ちおろしやすい。

②衝撃低減グリップ仕様(衝撃振動を70%低減)ということで、グリップ感は確かに良くて、手も痛くならなかった。

③割るにはにパワーが必要。

④割る時は下が固い場所で。

 最初、土の上で割ろうとしていたが全然ダメだった。

⑤石を割るキーンという金属音は少々耳ざわり(耳栓を使うのもいいかも)

⑥飛び散りがあるので、軍手・メガネなどで安全確保。

というのが、初回の感想です。

 

③ESTWING社のハンマー

 

ちなみに私が買ったこの22Pのハンマー、お値段6980円で、ハンマー用のケースは2980円でした(今見ると値段がまた違う)

この下のサイズは14pですが、この22、14という数字はオンスを表しています。*1

 

最後に

 

ということで、あの固い石が割れるのか?ということを試してみました。

ものにもよるけど、確かに割れる。また割れた時にはちょっと感動があったり。

しかし、リュックに入れて持ち運ぶには少々重いので、山歩きや観光しながら同時に探石して石割りというのは難度が高いというか、気が重い。

化石探しするなら、化石入りをその場で確かめれて便利なので持ってきますが。

今のところ、拾ってきて中を見てみたい!と思った石を近所の川原で割るという使い方だなぁと思っています。

そのうち慣れたらいいな~と思いながら、以上、『石割り用ハンマーで本当にあの固い石が割れるのか?』でした!ではまた!

*1:1オンス=約28・35g

宝石みたいな薬飯(ヤッパッ)という韓国のお菓子を通販してみた(MOCHIMOCHI)

ビジュアルの美しい薬飯(ヤッパッ)という韓国のお菓子を取り寄せてみました。

HPにはスィーツおこわとあり、味の想像がつかなかったのですが、さていったいどんな味がするお菓子なのでしょうか?

 

①薬飯(ヤッパッ)

 

サイトから注文すると、早速、冷凍で送ってくれました。

思ったより小ぶりな包みを開けてみると、

このような感じ。ちなみにハートのお菓子はお店のプレゼントで、新雪(ソルギ)というお菓子。

このお菓子のいいところ、それは自然解凍してすぐ食べれる超簡単便利なとこ!

電子レンジで10~20秒あたためるとより美味しいとありましたが、解凍後、すぐ食べてみます。

うーん、ほんとに宝石のよう!おこわの上に薬膳に出てくるようななつめやくるみが乗っかり、韓国らしさが出てるのもいい感じ。

ちなみに原材料は、餅米、栗、なつめ100%エキス、甜菜糖、なつめ、レーズン、くるみ、ごま油、松の実、塩とのこと。

この薬飯、7.5cm×2.5というけっこう小さなもので、フォークで切ると3口くらい。さて、1口実際に食べてみます。

香りはナッツ類の芳香がし、優しい砂糖の甘みでおこわがモチモチしてて、とっても美味しい!

おこわははたしてスィ-ツになるのか?と思っていたけど、違和感はナカッタ。

そして、優しい甘みと思ったこれこそがナツメの甘みのようで、お店のHPには下のように書かれていました。

身体がよろこぶ食材を贅沢に詰め込んだ、
棗(なつめ)ベースの甘みが味わえる、栄養満点のスイーツおこわです。
当店では味付けに大変こだわっております。
一般的に使われるお醤油を使わずに、
「なつめエキス」から深いコクと甘さを引き出している為、
一度召し上がった方は必ずといってよいほどリピートされます。

引用:MOCHIMOCHIさんのHPより

【値段】8個で2000円(12個、16個、24個入りなどあり)

【送料】愛知県で1100円

【賞味期限】冷凍で1ケ月

【HP】MOCH MOCHI

ということで、美味しかった~なのですが、1個がちょっと小さいので、もう1個もう1個と欲しくなるのが唯一の欠点かも!

 

新雪(ソルギ)

 

プレゼントに頂いた新雪(ソルギ)も食べてみました。こちらも解凍後、すぐ食べれる便利さが最高!

あんこでも入ってるのかな~と思い、切ってみます。

中に少し入っていたのはレーズンで、黄色のほうはオレンジピール入りでした。

そしてびっくりするのはその食感。ふだん食べているふわふわの蒸しパンが圧縮されて超高密度蒸しパンになったというか、これも違ったモチモチ感で美味しかった~。

【値段】800円(10個入)

【賞味期限】冷凍で1ケ月

 

最後に

 

というわけで、MOCHIMOCHIさんの韓国スィーツを取り寄せてみました。

味のイメージがつかなくてちょっとためらっていた韓国スィーツですが、見た目も楽しいし美味しいということが分かり、他のも食べてみたい!としばらくはまりそうな気がしています。

他のスィーツもおいしそう!
餅ケーキ(3400円) MOCHIMOCHIさんのHPより

ということで、以上、『宝石みたいな薬飯(ヤッパッ)という韓国のお菓子を通販してみた』でした!ではまた!

ひょうたん専門店でひょうたんランプ作成キットを買ってみる(安田ひょうたん店・岐阜県養老町)

 

ひょうたんに穴を開け、光を楽しむひょうたんランプ、綺麗だな~と思っている方も多いと思います。

先日、日本唯一のひょうたん専門店という安田ひょうたん店さんを訪れました。

店内はもちろんひょうたんだらけ。自分でランプを作成できるグッズを教えてもらったので、家族へのプレゼントに購入してきました。

[http://:title]

ひょうたんランプ 写真はひょうたんランプ館さんのもの(養老町
ひょうたんランプ館のランプ

 

①最低限の作成グッズ(ひょうたんと工具)

 

安田商店店内

まず素材のひょうたんですが、商店の裏側の畑で栽培・乾燥したものを販売しています。

専門店だけあって大小どんなサイズもあり、栽培もされてるので形が美しく色白つるつるなひょうたんに驚きです!

ひょうたんはシミができたりの、そんな美しいイメージはなかったけど、超きれいでびっくり!

(右)購入したひょうたん

私が買ったのは中くらいサイズの、お値段1900円。

もっと小さいサイズから、初ランプ作りに挑戦する人も多いよう。

ちなみに美しいひょうたんは上から3・5・7の比率になるのが最も綺麗なのだとか。

購入した工具

続いて工具。上は安田商店さんで売られている、店主さんもを使うおすすめ工具。

店内にある作品の全てをこの2つで作られたと聞き、(スゴっ!)と思ったり。

ちなみに、下のオルファは大きな部分の切り抜きなどに。

右側のピックのような工具はひょうたんに穴を開ける用。買った時は気づかなかったのですが、なんと!店主さんのお手製工具のよう。

下記の糸ノコを改造、柄のついた細いドリル状にしており、400円でした。

これは安田商店さんでしか手に入らない貴重な工具だったな~と後で思いました。

ちなみに穴開けは電動ドリルでもOK。ダイソーで穴あけ作業用のミニルーターやドリルビットが売っているので、そうしたものを試してみるのもいいかも。

絵はどうするの?ですが、下絵については自分の好きなデザインを鉛筆で書き、穴開けします。この穴あけ作業中にこすって下絵を消してしまったり、という失敗談も教えてもらいました。

 

②安田ひょうたん店

 

安田ひょうたん店

店内

【場所】岐阜県養老郡養老町柏尾723

【営業時間・休み】9-18時(不定休)

【HP】安田ひょうたん店

気さくな店主さんでとても相談しやすかったです。ひょうたん関係はなんでも揃っているので、相談して宅配をお願いするのもいいかと思います。

養老駅養老鉄道)の看板

養老駅にあるひょうたんで作った文字。ひょうたん文字というのだそうですが、このひょうたん文字が店内にもあり、ひょうたん文字制作の後継者とお話しされていました。

 

③安田ひょうたん店のその他の商品

 

上記のHPに色々商品が載っているのですが、

LED台つきミニひょうたんランプ(彫刻付・2500円~)、ひょうたんのお酒入れ、ひょうたんを使った楽器カリンバ?)など気になる商品の中で、下の商品を買ってきました。

ひょうたんさかずき 500円

持ち運べて、ちょっと北欧のコップ・ククサみたいで*1、湧き水を飲むのにいいかな?

千成びょうたんの苗 500円

ひょうたんは育てるのが難しいのだそうですが、比較的簡単という千成びょうたんを譲ってもらいました。

この他にも十成りびょうたんや百成りびょうたんなど苗はいろいろありそうでした。

 

最後に

 

というわけで、ひょうたんランプ作り用のひょうたんと工具を買ってきました。

ネットで既製品を探すと細工の細かいものは何万でイメージ通りか分からないし、なかなか手が出しづらい物です。

今回、ひょうたんの皮の厚みで、薄いと灯は透けて明るく、厚いと光は暗く落ち着いた感じになることも分かり、やはり実物のランプをみないとなーと思いました。

また、作成キットを探すとあんまり物がなく、(ひょうたんランプを作るのって難しいかも~)と思っていました。

素材となる瓢箪は育てるのが難しく、採れるまでに7ケ月はかかるし、自宅での美しいひょうたん作りは高難度。

そんなわけで、つるつる綺麗なひょうたんを専門店で分けてもらうのが1番いいかもね!と思った今回でした。

次回取りあげる際は「ひょうたんランプを作ってみた!」であげたいなと思いつつ、

ひょうたん専門店でひょうたんランプ作成キットを買ってみる』でした!以上です、ではまた!

*1:フィンランドの白樺のコブから作るカップ。軽く、ヒモなどをつけて持ち運べる。

「北極星入口駅」で北極星行きの電車を待ってみた!(妙見の森・能勢電鉄)

大阪と兵庫の境、能勢妙見山(のせ・みょうけんざん)には「妙見の森」という場所があり、そこにはなんと!「北極星入口」という夢のような駅があるという話。

北極星に行ける駅っていったいどんな感じ?ということでさっそく訪ねてきました。  [ http://:title]

 

①「北極星入口駅」(妙見の森内)

 

場所は、山下からの妙見ケーブルと、さらに山上に行く妙見の森リフトとの中継点にあります。

広場あり遊具あり、桜谷(秋はもみじ谷)のお花見ができるその一角に、おっ!「北極星入口駅」とあります。早速、行ってみましょう。

f:id:butuyokuko:20220413150936p:plain

駅への案内板

階段を上り小山を上がっていくと、右手に駅舎がみえてきました。

f:id:butuyokuko:20220413150835p:plain

看板には作品名「北極星入口駅」と書かれている

駅舎に回りこんでみます。

f:id:butuyokuko:20220413150927p:plain

わっ、駅だ!すごく小さい駅舎だけどまさかの北極星行き!レールも敷いてあります!

f:id:butuyokuko:20220413150840p:plain

f:id:butuyokuko:20220413150914p:plain

レールはここから始まる、始発駅のよう。北極星へもその先へもいったい旅することはできるのか?想像するだけでわくわくしてしまいます。

f:id:butuyokuko:20220413150845p:plain

本物そっくりのレール

さて、このレールどこまで続くのか?線路をたどってみます。

f:id:butuyokuko:20220413150920p:plain

f:id:butuyokuko:20220413150903p:plain

レールの最終部 (下は斜面に)

このまま空へ飛び出すのか?と思いきや、しっかりとレール止めが。

(これじゃぁ宇宙に飛び出せないよ!)と少し不満に思ったのですが、危ないからかな?

f:id:butuyokuko:20220413150908p:plain

ということで、宇宙へのロマンにあふれたすごく可愛い駅なのですが、実はこれは2013年に製作されたアート作品で、説明板には、

能勢電鉄の100年前の駅風景をモチーフにした北極星行きの駅を、アート作家の鈴木貴博氏とともに制作しました。

次の列車はいつ来るかわかりませんが、この駅は自然の風景としてこれからもずっとここにあり続けます。

引用:「妙見の森へ行こう」(能勢電鉄のサイト)より

とあり、いい作品だな、と思います。

北極星行きの電車を待つカップルでもいるかと思いきや意外と人はおらず、

下のBBQ場やお花見、遊具などの方が人気らしく、そのぶん静かに宇宙への旅を想像することがができました。

f:id:butuyokuko:20220413150931p:plain

ここから、能勢山山上もみえる

f:id:butuyokuko:20220417174820p:plain

妙見の森ガイドマップ

【所在】  

兵庫県川西市黒川奥瀧谷

【アクセス】

阪急「川西能勢口駅」から、能勢電鉄へ。

能勢電で「妙見口駅」下車。徒歩20分で妙見の森ケーブルへ。

ケーブルで「山上駅」下車(片道400円)。

【営業時間】

休業日は水木(祝日を除く)。ケーブルは1時間に3本。

(4-10月)土日祝・9:20-18時。平日10時-17時

(11-3月)土日祝9:20-17時。平日10時-16:30

 

②なぜ、北極星行の駅があるのか?

 

さてなぜ、ここにこのような駅が?ですが、

この妙見山、隕石や北極星に関わる歴史を持っています。

その昔、能勢に手まりほどの隕石が落ち妙見山の山頂にその隕石を置いて北極星(北辰星)をお祀りしたことから、ここは妙見信仰北極星の神格化)の場となりました。*1

平安時代軍事貴族源満仲清和源氏もこの妙見さまを信心し(ここに土着したのもあり)、信仰は後世へ受け継がれ、現在も「妙見大菩薩」という星の王様として信仰を集めています。

 

最後に

 

ということで、「北極星入口駅」はアート作品だったわけですが、宇宙への列車旅を空想させてくれる、作者の思いの詰まった素敵な駅でした。

個人的には北極星入口駅のレール止めを見て、「銀河鉄道999」のレールはどんなだった?と、動画で確認してしまいました。

私のように確認をしたい方は下をどうぞ!

というわけで、以上、『北極星入口駅で北極星行きの電車を待ってみた!』でした!ではまた!

                         

youtu.be

 

butuyokuko.hatenablog.com

butuyokuko.hatenablog.com

butuyokuko.hatenablog.com

*1:その隕石は今でもあるのか?謎ですが。wikipedia隕石」、能勢妙見山のHPより。

心に響く名言・有名人の言葉を最近のネットから拾ってみた。

ここ数年で目についた、ネット上の発言・有名人の言葉・名言などを30個ほど載せました。興味のあるところだけどうぞ!

①対人・生活に関する言葉

 

「過ぎたことは全部ゴミ、というくらい気にしません」

引用:コシノジュンコさんの言葉

コシノジュンコの”前向き思考の鍛え方”「過ぎたことは全部ゴミ、というくらいに気にしない」)(2022.1)

潔い言い切りにハッとさせられるが、過ぎたことは全部クソ(という位に気にしない)」と最近までちょっと間違えて覚えてた。

「好きな人には親切に。嫌いな人には丁寧に。」

引用:ネットの掲示板から(元ネタがどこなのかよく分からず)

人間関係はだいたいこれでいいんじゃないのかな?と思ったり、

「不幸の底にある者と幸福の絶頂にある者が隣り合わせて路上に立つことが日常起こるものだ。だから大人はハシャグナというのだ。」

引用:伊集院静『続・大人の流儀2』(『日曜日の初耳学』の林修との対談より)(2022年2月)

正直、隣りに立つ知らない人の幸不幸にまで思いを巡らせたことはなかったので、自分の浅さに愕然とした。

「好き嫌いで動くのは人間が幼稚」

引用:掲示板より(詳細不明)

とはいっても好き嫌いの克服って難しい。

「なぜ味方を増やさないのか?」

引用:掲示板より(詳細不明)

確かにー。

「困った時に周囲を巻き込める人は有能」

引用:掲示板より(詳細不明)

「巻き込み力」というらしい。

「反論があるのは健全な証拠」

引用:掲示板より(詳細不明)

反論が無い方が実は異常(言えない雰囲気なのか、心が死んでいるのか。)

「強い意見には強い意見が集まる」

引用:掲示板より(詳細不明)

弱い意見には弱い意見が集まる。

「少なくとも1日に3回拒絶されなければ、建設的に生きているとは言えません」

引用:ロシェル・マイヤーズ

なんというポジティブ(笑)!

「人間が大好き!他人にめちゃめちゃ興味あります!とずっと思ってたけど、

人から「お前は"興味"を持っても他者とコミュニケーションしたい、とは思わず、

wikiを読むような感覚で"情報だけを得たい"と思っているところがあり、

厳しく、キショい」と言われ、何も言い返せず、世界から音が消え、大きな穴が 

引用:解散さんのツィートより(2021・7)

https://twitter.com/yoiotto88/status/1415685417236451329?s=20&t=THACGgbRAmzC6qaj89vBug

うーん。実際が分からないから、なんともだけど、このつらくあたられようは気の毒。

 

②会話について

 

「女の話がつまらないのは、目的がないからではないか。内容はどうでもよくてとにかくコミュニケーション。」

引用:ネットの掲示板より(詳細不明)

たしかに、言葉数だけ多くてムダ弾(だま)ばかりという会話はある。

「会話なんてものは聞く技術がメイン。聞く力がない人との会話は正直言ってしんどい」

引用:田村敦さんのツィートより(2020・7)

田村淳 on Twitter: "会話なんてものは聞く技術がメイン聞く力がない人との会話は正直言ってしんどい…"

聞く力がズバ抜けている人がたまにいる。そいういう人との会話はやはり楽しい!

「対処法を求める人と共感を求める人では、そもそも会話が成り立たない」

引用:ひろゆきさん(ひろゆきが教える「嫌なことを忘れる画期的な方法・ベスト1」)(2021.7)

対処法を探して答えてしまうクセを直さなくては(それじゃない人も多いから)。

「話がうまい人は言う必要がないことは絶対に言いません」

引用:ひろゆきさん(ひろゆきが語る「金儲けがうまい人、ヘタな人」決定的な違い  )(2022.3)

賢い人は余計なことは言わないとー。

 

③不安や恐怖について

 

「知らないという感情と嫌いと言う感情は近い」

引用:西野 亮廣さん

「本当は一番必要なのに、日本の学校がまったく教えないこと」(2020.12)

この西野さんの発言と同時に思いだすのが、下のマツコさんの言葉。

「自分の理解できないことっていうのは恐怖じゃない?やっぱりみんなそれをうまく理解させてあげられる人が優秀な人なんじゃないの?」

引用:マツコ・デラックスさんの発言より

マツコさんのいうように、不安・恐怖の原因はよく分からないことから来る。だから、「大丈夫。たいしたことないよ」と言ってあげられる人でありたい。

「心配事を探すのが老い」

引用:武田鉄矢さん

本当にね~。

 

④勉強について

 

「学問ていうのは人間を驕り高ぶらせるものじゃなくて、自分の小ささを知るために あるもの」

引用:大津君(東大生)へのインタビュー(2021・8)

この発言の大津君を下の動画で初めてみました(けっこう早口なのね)。

勉強するのも学校に行くのも、「色んな考えがあるということを知るため」だったと気づいたのはだいぶ後で、自分は本当に出来の悪い人間だなとおもう。

 

⑤はっとする言葉

 

「子は親に己が大事な者と気づかされて初めて、他人の横暴と戦うことができる」

引用:土橋章宏超高速!参勤交代』2013

もし自分に子供がいたら、親の役割はこれを伝えるだけでいいんじゃないのかな?(あなたは人から愛され尊重されるべき人間なんだよって。)

「好きなものが無いのではなく見過ごしている」

引用:つんくさんの言葉(『日曜日の初耳学』林修との対談より)(2021.8)

見てるようで見てない。

(これ以上何を手に入れたいか?という質問に対して、)

「完全なる自由」

引用:与沢翼さんへのインタビュー記事より(新R25この男はなぜ”稼げる”のか。投資家として生まれ変わった「新生・与沢翼」と徹底解剖!」)(2019・1)

「完全なる自由」。これをほとんど全ての人間が欲っしていると思う。

 

これと対で「生きていること自体が異常(その後の’永い死’の方が常態)」という書き込みにも心ざわつかされる。

「かわいいと欲しいは違う」

引用:矢部浩之さん(TV番組での発言)

「あれが可愛い」と言うと(欲しいのか?)と勘違いされることがあるけど、そうじゃない。やべっちはよくわかっている。

 

⑥過去をふりかえる言葉

 

「もう1度出会った最初の頃からやり直せないか?」

引用:掲示板より(詳細不明)

時間を巻き戻すことはできないのだけども。

「やっぱ女性は綺麗に生まれて、綺麗な遺伝子を持つ男を見つけて、綺麗な時に結婚して、綺麗な子供産むべき そしたら綺麗な世界になる」

引用:掲示板より(詳細不明)

 

⑦主張があるのはなんかいい

 

「施されたら施し返す。恩返しです!」

引用:大和田常務のセリフ(ドラマ『半沢直樹』2020)

意志鮮明で素敵です(笑)

「買い物とは。人にとって必要なエネルギー源であり、心の栄養であり、コミュニケーションであり生きる喜びである。」

引用:石田ゆり子さんのインスタ より(2021)

石田さんは感性やライフスタイルが気になる人。

「言い切れないブログはつまらない」

引用:どこかのサイト(詳細不明)

あいまいな感じもそれはそれでいいんじゃない?と以前は思っていたけれど、きちんと言い切れることは意志があり、魅力的。

「…(てんてん)」もできる限り使わないようにしよう、と今は思う。

 

最後に

 

ということで、ここ数年で気になった言葉を30ほど取り上げました。

嫌なこと(悩み・不安)は実は誰しも一緒で、

それをどういう風にとらえるかという話ですが、

その思考の転換のアイデアをくれるのが他者の言葉(名言)かと。

心に響く言葉が1つでもあれば、幸いだと思いつつ、

以上、『心に響く名言・有名人の言葉を最近のネットから拾ってみた。』でした!ではまた!

下記は過去記事です。

butuyokuko.hatenablog.com

butuyokuko.hatenablog.com

butuyokuko.hatenablog.com

【疑問】中国の奇石・怪石・珍しい石とはどんな石なのか?(あの「花石綱」で集めた石も知りたい!)

 

中国にも日本と同じく、石を鑑賞する文化があります。

日本でも趣ある石を庭に置いたり、室内に飾ったりしますが、こうした「水石すいせき」はもともとは中国伝来。

枯淡な日本の石と違い、中国は国土が広いせいか好みのせいか、ぐにゃぐにゃしたもの変ったデザインが多いようだ、と何となく思っていました。

ということで、今回は中国の石文化を紹介した『奇石』という本から、中国の個性的な石を実際に拾ってみたいと思います!

また、中国史で有名な皇帝の石集め「花石綱かせきこう」ですが、

いったい全体どんな石を集めていたのか?興味があったので、これについても少しだけ載せました。

 

①中国の「奇石」をみてみよう!

 

f:id:butuyokuko:20220401054822p:plain

中国盆景の世界③『奇石』農文協2000
編・丸島秀夫・胡文驊

上の本では、カラー写真多数で中国の「奇石」*1をたくさん紹介しています。

さっそく見ていきましょう!

まず、目にとまったのは中国の山に見立てた石

f:id:butuyokuko:20220401054816p:plain

『奇石』13Pより

単なる山景か、神仙の棲む山を表現しているのか、詳しい説明がなく分かりませんが、

こうした遠山石(とおやまいし)も日本に比べると華やかで中国らしさを感じます。

ちなみに下は日本のもので、すごくシンプルで、渋いものも多い印象。

f:id:butuyokuko:20220402090718p:plain

松浦有成『水石入門マニュアル』(近代出版 H15)24Pより

さらにみていきます。

f:id:butuyokuko:20220401054739p:plain

『奇石』59Pより

f:id:butuyokuko:20220401054751p:plain

『奇石』101P 英徳石(広東産)

うーんなんだこれ?というような不思議なかたちをしています。

中国の水石には石に名前をつけるという伝統があり、これは「鯉魚、龍門に跳る」という石名から、鯉の滝登りの見立てであることが分かります。

また、今までみてきた石、(石の大きさよりは)ボリューム感があったのではないか?と思うのですが、

これは頭を大きくし下を細くするという中国の水石の手法で、大きく魅せるようになっています。

さて、下の右側はいったいどうやってこうなんできた?とびっくりするような不思議な石で、今回1番気になったもの。ものは砂岩(台湾産)

f:id:butuyokuko:20220401054745p:plain

『奇石』99Pより
石名は「親昵」(人か神の見立てか?)

というように、石を自然物(山や川)に見立てる、神仏・動物に見立てるほか、

かわったところで「文字石」というものがあり、これは石に文字が書かれているように見えるものです。

f:id:butuyokuko:20220401054757p:plain

『奇石』126Pより

上の写真の石にくっきり浮かんだ「」という字、書いたんじゃないのー?と思えるほどなのですが、広い中国ならこんな石もあるのかな?

このほか、中国では有名な「雨花石うかせき」という美しい名前のメノウがあるのですが、

色彩のカラフルさ・美しさから、古来たいへん愛好されたようで、『奇石』の本でも大きくページがさかれていました。*2

f:id:butuyokuko:20220402100148p:plain

『奇石』134Pより

上の雨花石は、浮かぶ模様に風景を見、下の雨花石には「造化に遺巧なく丹青すべて真を失う」という名前がついているので、石に天地の真理を見ているようです。

f:id:butuyokuko:20220402100142p:plain

『奇石』136Pより

さて、私も雨花石を持っているので写真と見比べたのですが、どうも雨花石にはものすごく多種多様な色柄が存在するらしい、ということに内心驚いています。

f:id:butuyokuko:20220401054834p:plain

雨の波紋のような雨花石(3cm×2.5cmほど)

f:id:butuyokuko:20220401054839p:plain

きれいなお土産品の雨花石

ということで、『奇石』の中でとくに目にとまったものをみてきましたが、広い中国大陸には未知なるものがまだまだあり、これらはほんの一端なのだろうと感じています。

 

花石綱の石

 

さて悪名高い「花石綱」についてですが、

集めた石っていったいどんな石?と興味を持っていました。

花石綱は、文人皇帝・徽宗きそう(北宋・1082-1135)が都に山を造り*3、そこに珍しい石や草花樹木を集めたというもので、

強引に買い上げたり・強奪したり、運ぶ途中に民家や橋をぶっ壊したり、労働力として使役したりで、民衆の怒りを買ったという出来事です。

本の中で、この山(艮嶽こんがく)に多く集められたのが「太湖石たいこせき」であったということも分かりました。*4

下の写真の右上が花石綱で運んだ太湖石で、驚いたことに「瑞雲峰」という立派な名前がついています。*5

f:id:butuyokuko:20220402114832p:plain

『奇石』54Pより

wikiにも運ばれた石の写真が載せられていました。

f:id:butuyokuko:20220402113459j:plain

豫園にある石 Gisling , CC 表示-継承 3.0, Link

しっかし、なんかぐにゃぐにゃした複雑怪奇な石です!

この「太湖石」の何が良かったのかというと、このみための複雑さなわけですが、

このぐにゃぐにゃの理屈は簡単で、石自体は青白い石灰岩。水に溶けやすい石灰岩が、水に浸食されて穴が開いてるわけです秋吉台のカルストと同じ)

この「石に穴が開いて向こうが見える」というのが(中国の)よい石のポイントで、さらに「まるで雲のようにみえる」というのも同じく高評価のポイント。

というのは、中国の宗教である道教では「」というものを大事にしますが、

その気の見えるかたちが「」で、霊山に発生する雲、仙人が乗る雲瑞雲などという雲の持つおめでたいイメージ(開運・吉祥など)をこの石にみているのです。

さきほどの「瑞雲峰」のように雲に見立てられた太湖石は多く、「雲の字がはいった石」を今でも多く確認することができます。*6

 

最後に

 

ということで、「中国って国土も広いしとんでもない石があるんじゃないの?」という興味から、探してみたわけですが、結果としてその一端を知ることができました。

今回、中国で有名な2つの石「雨花石」「太湖石」について少し詳しく探せたのも良かった(なにしろネットで中国の石で調べると、墓石ばっかりでてくる!)

というわけで、(まだまだ面白いものがありそうだコレ)と思いながら、以上、『中国の奇石・怪石・珍しい石とはどんな石なのか?』でした!ではまた!

*1:「怪石」「異石」とも呼ばれ、本来は稀にしか見られない珍しい石の意。

*2:産地は南京近郊の川。かって雨花台と呼ばれる場所で採れたことから。

*3:周囲約5.5km。高さ約140mの山。

*4:蘇州・太湖付近で採れる石。

*5:中には「盤固侯」という爵位まで授けられた石もあったとか。

*6:『奇石』147p

【謎】お市の方が「戦国1の美女」っていう根拠は何なんだろう?(織田信長の妹) 

信長の妹・お市の方といえば、「戦国1の美女」と言われますが、当たり前のようにこういわれることにすごく違和感を感じていました。

それっていったい根拠ってあるの?」ということで、お市の方が戦国1の美女と称されるようになった根拠・出典を探しました。

お市の方についての2つの記述(『祖父物語』『溪心院文』)

 

お市の方は、1547年(天文16)の生まれといわれ*1、兄・信長とは13歳差。

父は織田信秀、母は土田どだ御前とされ、信長と同腹とされます*2

さて早速ですが、「戦国1の美女を決定づけた1つの記述をみていきます。

 

「太閤ト柴田修理ト取合ハ其比威勢アラソイトモ云 

信長公ノ御妹オ市御料人イハレナリトモ申ナリ

淀殿ノ御母儀ナリ 近江ノ國淺井カ妻ナリケル 

淺井ニハナレサセ玉ヒテ御袋ト一所ニオハシケルカ

天下一ノ美人ノキコヘアリケレハ 太閤様望ヲカケラレシニ‥」 

出典引用:『祖父物語』

 

ああーこれ、まさしく「天下一の美人」と書いてあります!

しかし、これが書かれた『祖父物語』が元来どこからきたものなのか、実ははっきりしませんでした。

ネットでは「俗書」とか「質の低い編纂物」とあり、資料的には全然ダメで、詳細が分からないのはそのせいのようです。*3

さて、もう1つのお市の方の容貌を記した記述ですが、

こちらは『溪心院文けいしんいんのふみ』というもので、これも引用してみます。

内容は1583年、(賤ケ岳で敗戦した)柴田勝家お市ともに北庄城に籠城をし、お市の3人の娘(茶々・初・江)を城から脱出させるくだり、

お市は)ことのほか御うつくしく御とし頃より御若に御二十二三にもみえさせられ候とのこと。」 

引用出典:『溪心院文』(宮本義己『誰も知らなかった江』マイコミ新書2010)

 

なんと!実年齢36歳のところ、14-13歳は若く見えたというのです(それはすごい)

 

この『溪心院文』を書いたのは、お市の娘・初(1570-1633)に養育された川崎正利の孫といい、祖父に聞いた話をまとめたわけですが、

初ー正利ー孫と伝えられた又聞きの内容が、はたしてどの程度の真実を伝えているのか?

ちなみに、初が母のお市を最後に見たのは13歳の時で、記憶の向こうの母が若く美しかった」というただその点だけをもはや信じるしかありません。

◯『溪心院文』も資料として重要視されてこなかったといい(信憑性が低い?)、今回まとめて読めるものも見つからず、『溪心院文』を引用している『誰も知らなかった江』(宮本義己著・マイコミ新書)を参考にさせて頂きました。

 

お市の方肖像画

 

さて、もう1つお市の美貌を伝えるものとして有名なのが下の肖像画

f:id:butuyokuko:20220326114648j:plain

浅井長政夫人像」(高野山持明院所蔵)

こちらは、市の娘・茶々が母の菩提を弔う為に死後、描かせたものといわれています。

こうした肖像画は、死後、当人を知らない画家によって描かれることも多く、女性は類型的な美人の肖像画におさまりがちで、男性肖像画に比較すると没個性的な傾向があります。*4

また、長生きすると老齢の姿・尼の姿で描かれてしまうので、若くして亡くなったのが幸いし、お市の方のイメージは美しいままです。

この肖像が類型的な美人画としても、古風な姫スタイル・端正な容貌、赤をはじめとする美しい着色・緻密な描写、そして信長の妹というネームバリュー、

この1枚の肖像画が「戦国1の美女」に絶大な貢献したのは間違いないことでしょう。

 

③近親者

 

お市の方の実家・織田家は、「美男美女が多かった」「美形の血筋」などと、ふわっといわれますが、実際、具体的な記述はあるのでしょうか?

 

織田秀孝

秀孝は、母は土田御前で信長の同腹の弟といわれますが、15‐16歳で亡くなったことが『信長公記』に記され、公記の中でその美貌はベタ褒めされています。

「御歳の齢十五・六にして、御膚はだは白粉のごとく、たんくわのくちびる(丹花の唇)柔和のすがた、容顔美麗人にすぐれて、いつくしき(美しき)共中々たとへにも及び難き御方様なり。」

信長公記』の中で、ここだけ容姿をぶっちぎりにほめちぎっていて、作者は季孝ファンだったのでは?と思うほどなのですが。

 

お市の方の姉妹お犬の方

お犬の方(?-1582)もとても美人であったといわれ、死後、描かれた下の肖像画の賛には、たいへんな美辞麗句が書き連ねられています。

f:id:butuyokuko:20220326114644j:plain

細川昭元夫人像(京都・龍安寺

こちらも楊貴妃観音の現身うつしみに例えられたりの、すごいベタ褒めをされていますが、お市の方が亡くなる前年、若くして亡くなっています。*5

しかし、お犬の方の別名の「四方様」が、四方を照らす美しさからきているというのは、どこに書かれているんだろう?

具体的な記述はこの2人くらいで(まだあるかもだけど)

この他にも信長の叔母・おつやの方が美人だったとか、信長も若い頃は美形だったとかあるのですが、あーそれだっていったいどこに根拠があるんだろう(見つけられません!)

 

最後に

 

ということで、「戦国1の美女」の根拠をみてきました。

天下一の美人」と言い切った『祖父物語』の記述。伝来した美しい肖像画浅井長政夫人像」のイメージと根拠となるものは確かにありました。

そしてここに、織田信長兄妹はイケメンであって欲しい・美しくあって欲しい、という世の中の人気がさらに後押しをしている気がします。

今回、2つの文献を探すことができて個人的にはたいへん満足でした。

結論としては、「戦国1かどうかは分からないがお市の方は子供を3人を産んでなお、若々しくみえる健康的な女性だった」ということで終えたいと思います。

というわけで、以上、『お市の方戦国1の美女っていう根拠は何なんだろう?』でした!ではまた!

*1:没年から逆算。

*2:同腹でない説もあり。

*3:興味のある方は、明治の出版本を国立国会図書館デジタルコレクションで読むことができます。『史籍集覧・第13冊』(明治35年発行)で、コマ番号を169にすると該当箇所を読むことができる。

*4:田沢裕賀『日本の美術384 女性の肖像』より。

*5:賛の内容・文言を知りたい方は「細川昭元夫人像 京都 龍安寺蔵」ででてくるPDFの中で読むことができます。

巨大な合成ルビーを買ってみた。【61カラットのピジョンブラッドとは】

先日、唐突に合成ルビーってどんな感じなんだろう?という疑問を持ちました。

人工ダイヤのキュービックジルコニアはもっと身近な感じですが、合成ルビーって見たこともないかも!

というわけで、大きな合成ルビーを試しに1個買ってみました。

ヤフオクで買える「合成ルビー」

 

ちなみに、ヤフオクで「合成ルビー」で探すと数百円のものからあり、ちゃんと合成ルビーと明記されています。

合成ルビーはブラックライトで強く光る性質から、ライトをあてた写真も載せられており、これが天然ルビーとの簡単な区別法ということも分かりました。*1

合成ならではの低価格なので、以前欲しかった「ピジョンブラッド」という鳩の血ような深紅のカラーを、

そして、どうせ買うなら、インドのマハラジャがつけてるようなデッカいのを!ということで、61カラット(値段は5000円ほど)という、もはやよく分からないサイズを買ってみることにします。

 

②実際の61カラット

 

さて、ものは郵パケットでスルスル~と送られてきました。

さっそく開封して巨大ルビーを眺めてみます。

f:id:butuyokuko:20220320122911p:plain

このシンプルな梱包の中に61カラットが?

f:id:butuyokuko:20220320122958p:plain

縦3cm×横2cmのルース

うーん、でかい!すごい大きいなぁ!

f:id:butuyokuko:20220320122921p:plain

日光の下で

f:id:butuyokuko:20220320123016p:plain

美しい深紅色!

f:id:butuyokuko:20220320122915p:plain

カットもきれいだし、

f:id:butuyokuko:20220320123003p:plain

かざしてみる

f:id:butuyokuko:20220320123021p:plain

ガラスに似ていてもなんか違う(透明度か?)

f:id:butuyokuko:20220320123009p:plain

まるでおもちゃのような

f:id:butuyokuko:20220320122937p:plain

底は舟形に

こんな大きな天然物を持つことは一生ないだろうし、なんかもうお腹いっぱい、満足した気持ちに!

私が死んだ後、これを見つけた人はあまりの大きさに「オモチャかな?」と思うんだろうなぁ、きっと。

 

③カラットを測り、昔買ったピジョンブラットと比べてみる

 

さて、ふだん使わない宝石の質量を表す単位・カラットですが、1カラット=0.2gで、

これをキッチンスケールで測ってみると、

f:id:butuyokuko:20220320122925p:plain

12g

ぴったりと合いました!(おぉ)

そして、手持ちのピジョンブラッドと言っても極小粒ですが、比べてみます。

f:id:butuyokuko:20220320122932p:plain

大きさの違いに驚く 違いすぎぃ!

ちょっと指輪の石が小さすぎてよくわからないけど、*2

指輪のルビーの方は少々ピンク色で(コレジャナイ。もっと濃いのが欲しい)と思っていたのもあり、

やっとイメージ通りの濃いピジョンブラッドを手に入れた!という強い満足感を得ることができました。

自在に色の調整ができて、好みの石を作れるのは合成宝石のほんとうにいいところ。

ちなみに合成ルビーの組成は天然のものと全く同じで、粉末の酸化アルミ・酸化クロムを高温で溶かし、再結晶させるベルヌーイ法という技法が有名で、

酸化クロムを酸化鉄に変えると今度は青いサファイアを合成することができ、それはまるで料理のレシピのようで面白いです。

 

最後に

 

というわけで、合成ルビーを買ってみました。

昔、持っていたキュービックジルコニアは本物よりキラキラと綺麗で、私の中の人工ダイヤのイメージは決して悪くありません。

じゃあ、合成ルビーはどうだろう?ということで買ってみたわけですが、

石は綺麗だし、カットも上手、ニセモノぽさもなく、けっこう完成度高いのでは?と思っています。

本人が納得して、普段使いにつける分には何の問題もないな~と。

 

調べる際に見つけた、合成ルビーを電子レンジで作るyoutubeの動画、

宮沢賢治が大正時代、人造宝石の製造・販売を考えていたエピソードなど(実現してたら面白かったのに!)、合成宝石を造る過程も面白かったな~と思いながら、

以上、『巨大な合成ルビーを買ってみた。』でした!ではまた!

*1:「天然物は淡く光る」と見たのですが、後日ブラックライトをあてると、発光に違いはみられませんでした。あれ?

*2:直径3mm程度。カラットもない。

【謎】牡丹石という石が綺麗で驚いた。まるで薔薇だ、これ。(新潟県産・群馬県産)

牡丹石新潟県)というあまり聞いたことのない石があります。

ピンク・紫色のお花のような模様が黒っぽい地に浮かぶもので、その見ためは牡丹というか薔薇

ほんとにまるでバラが浮かんでいるようにみえるもので、今回はあまり正体が分からないこの石の写真を載せたいと思います。

 

①牡丹石(新潟産)

 

f:id:butuyokuko:20220312092738p:plain

牡丹石 縦13.5×横15×奥12.5

上が牡丹石ですが、この写真の模様の中にはまんま薔薇と思える、まるで描いたようなバラもみえます。

正直、この石が届くまで(実は描いてたりして~)とか疑ってたりしていたのですが。

f:id:butuyokuko:20220312092814p:plain

しかし、磨いていない底の部分にも表れる模様を見て納得。ほんとに天然なんだなぁ。

f:id:butuyokuko:20220312092808p:plain
f:id:butuyokuko:20220312092803p:plain
側面

こうして室内で撮ると全体に紫がかかり、暗くくすんでみえますが、太陽光だときれいなピンク色がよく分かります。

f:id:butuyokuko:20220312092743p:plain

外で撮影

f:id:butuyokuko:20220312092751p:plain

f:id:butuyokuko:20220312092755p:plain

この部分はメノウになっているよう

新潟産牡丹石には、このほか地が緑いろのものなどあるようですが、みかける石もその情報も多くはありません。

【産地】 新潟県東蒲原郡阿賀町津川町(旧津川町)。阿賀野川沿い。

次に群馬県産の牡丹石を載せたいと思います。

 

②牡丹石(群馬産)

 

f:id:butuyokuko:20220312092734p:plain

縦7cm×横13cm

こちらはスライスした石を研磨して、デザインがよくわかるようにしたもの。

うすい緑地にピンク・紫の花が全面に浮かぶ、まるでお花の包装紙のような1枚。

白い部分はめのう化しており、一面に花の嵐が巻き起こっているような抒情的な雰囲気に驚くものです。

f:id:butuyokuko:20220312092719p:plain

裏側

この石の写真を載せられていた369ストーンさんのツイッターを見るまでは、群馬県沼田にも牡丹石があるとはまるで知りませんでした。

しかも、新潟産と似つつも趣きが異なるのが面白いです。

[http://

:title]

 

最後に

 

ということで、新潟・群馬の牡丹石を見てみました。

牡丹石で検索をすると、福島県産や中国産(以前は神奈川産もあった?)の黒い御影石や北海道産(牡丹の木が化石化したもの?)というものや、

また石がギザギザと風化して牡丹の花のような見ためになったものまで出てきて、色々な石が牡丹石と呼ばれていることにとまどいます。

そうした中から、新潟産牡丹石の詳しい情報を探しているのですがなかなか分からなくて、また詳しく分かったら、その時はブログにあげたいなと思いつつ、

以上、『牡丹石という石が綺麗で驚いた。』でした!ではまた!

鎌倉街道の峠道がまるで鎌倉時代で驚いた!【二村山展望台】(愛知県豊明市)

先日、名古屋近辺の鎌倉街道を歩きにいってきました。

鎌倉街道は、鎌倉時代~1600年頃を中心に歩かれた街道ですが、この街道を歩ける所(推定)もあり、今回とりあげる二村山ふたむらやまは、そこだけがまるで鎌倉時代にタイムスリップしたような不思議な場所となっています。

[http://:title]

①藤田医科大学病院から二村山へ

 

この二村山は、11Cの『更科日記』にその記述がみえ、古来名高い歌枕の地として親しまれたきたそうですが、現在ではあんまりピンときません。*1

豊明とよあけ市にそんなところあるの?というイメージです。

名鉄前後ぜんご駅で下車し、北に数km歩くと藤田医科大学病院の白い建物群がみえてきます。

f:id:butuyokuko:20220303060931j:plain

藤田医科大学 Tomio344456 , CC 表示-継承 4.0, Link

めざす鎌倉街道は、この病院の中を通っていたといいます。

車の往来の激しい病院内(週末なのに)を抜け、真ん中にある濁沼という沼をめざします。

f:id:butuyokuko:20220303053040p:plain
f:id:butuyokuko:20220303053033p:plain
濁沼

というのは、想定・鎌倉街道はこの沼の底を通っていたという話。水が溜まったのはその後なのだとか。*2

なんだか交通ラッシュがひどいので(ワクチン接種会場のせいか?)、沼は数秒見るだけにして東側へと抜けます。

病院から山への登り口はよくは分からなかったのですが、下の詳しい地図をみながら、体育館の東辺りに見当をつけ、歩いていきます。

f:id:butuyokuko:20220306091921p:plain

二村山の地図 Tomio344456 , CC 表示-継承 4.0, Link

そして、体育館の東へと進むとたしかに雑木林の中へと続く細い道を発見!

案内板もないので、これかな?と思いながら、進みます。

f:id:butuyokuko:20220303053044p:plain

登山道入り口
f:id:butuyokuko:20220303053049p:plain
f:id:butuyokuko:20220303053054p:plain
登山口から少し入ったところ

中に入って少し進むと、途中の看板には‘二村山‘とあり、一安心。入り口の付近には植物の植えられた庭も広がっています。

こんなところに突如として山の自然が残ることに感動しつつ、これは隣の医科大のおかげだな~と思いながら、続く坂道をちょこっとあがると、

なんと、もう峠につきました!(はやっ!)

f:id:butuyokuko:20220303053106p:plain

ここだけ鎌倉時代が残るよう

f:id:butuyokuko:20220303053100p:plain

峠に建つ鎌倉街道の碑

峠に建つ説明板を読むと、鎌倉以前よりこの道は歩かれ、源頼朝北条泰時飛鳥井雅経西行法師などが歌や紀行にこの歌枕の地を記したということが書かれています。

f:id:butuyokuko:20220303053111p:plain

峠(標高約60m)

しかし、鎌倉時代の旅人が突然現れてもおかしくない雰囲気を残しているところがすごい!(よく残ったなぁー)

f:id:butuyokuko:20220303053116p:plain

源頼朝の歌碑 1190年10月にこの地を通った

傍らには源頼朝の歌碑もあり、源頼朝も歌を詠むんだなーと思ったり。

さて、この峠には他にも古いお地蔵様があるというので、この歌碑の奥にあるお堂をお参りします。

f:id:butuyokuko:20220303053123p:plain

地蔵堂

f:id:butuyokuko:20220303053133p:plain

地蔵堂前のスペース 車で来る人は東側の道から乗入れられる

f:id:butuyokuko:20220303053128p:plain

お堂の中にある3体のお地蔵様

この左側のお地蔵様身代わり地蔵尊の背中には、大同2年(807年)の刻銘があるといい、とても古風な、すりへった姿をしています。

また頭のバランスが何となく悪いのは、18世紀の落雷でお堂が燃えた際、頭部が落ちてしまったのだとか。*3

大事にされているのがよく分かるお地蔵様をお参りした後、このお堂から右側の方へ行ってみます。

f:id:butuyokuko:20220303053138p:plain

展望台へ続く道

すると、知らなければ、まず見落としてしまいそうな展望台へと続く道を発見。

 

②二村山展望台

 

f:id:butuyokuko:20220303053144p:plain

二村山勝地の碑

途中、句碑や歌碑が並ぶ道を上がっていくと、ほどなくして二村山の山頂(標高71.8m)につきます。

ここもきれいに整備されていて、今度は「切られ地蔵尊」という不思議なお地蔵様に目がいきます。

f:id:butuyokuko:20220303053150p:plain

切られ地蔵尊(1679年建立)

(何が’切られ地蔵’なんだろう?)と思いながらその背中の方に回ってみると、その理由がわかりました。

f:id:butuyokuko:20220303053155p:plain

背後

体が割れて上下まっぷたつに。まるで何かに切られたかのようですが、先ほどのお堂にあった地蔵と同じく、18Cの落雷による被害なのだとか。
この新旧2体のお地蔵様はもともと峠にあって峠を見守っていたといい、長い間の露天でこのようなすり減ったお姿に。

長きに渡るご守護をねぎらってあげたい気持ちになります。

さて、この切られ地蔵の後ろには展望台が建てられています。

f:id:butuyokuko:20220303053200p:plain

展望台

峠で全く得られなかった眺望は果たして得られるのか?期待をこめて登ってみます。

f:id:butuyokuko:20220303053210p:plain

御嶽山がきれいにみえる

f:id:butuyokuko:20220305100717j:plain

南方面

f:id:butuyokuko:20220303053205p:plain

西方向

なるほど、360度ビューは本当(なかなかいい感じ)

昔の旅人はここからの濃尾平野の展けた眺望や御嶽山おんたけさん伊吹山いぶきやま、西側の三河の山をみて、今までの旅の行程、これからの行程を思い、一息ついたようです。

当時は、ここより低い峠の位置からよく見えたのか、海はきれいに見えたのか、色々な想像が頭をよぎる展望台です。

f:id:butuyokuko:20220303053216p:plain

峠から東側へ降りる道

このほか、二村山の中には散策路や豊明神社などがあり、地元の方の憩いの場所となっています。

 

最後に

 

ということで、数百mのほんのわずかな区間ですが「あれっ鎌倉時代かな?」と一瞬錯覚を起こさせてくれるとても面白い場所でした。

また、有名な「桶狭間の戦い」はこの近くで行われたのですが、その際は両軍ともこの鎌倉街道を途中まで利用しており、

戦闘が行われた「田楽ケ窪」はさきほどの藤田医科大学の敷地であったといいます。*4

そうした鎌倉街道に残る、江戸以前の古い歴史をこれからも訪ねていきたいと思いながら、以上、『鎌倉街道の峠道がまるで鎌倉時代で驚いた!』でした!ではまた!

f:id:butuyokuko:20220306091933j:plain

鎌倉街道沿いに進軍した

【参考にした書籍】

鎌倉街道ははっきりしないところも多く、ところどころ跡をたどる感じになるかと思いますが、名古屋ふきんの鎌倉街道を歩いてみたいなと思う方には下記の本がたいへんお薦めです。

f:id:butuyokuko:20220305115140j:plain

池田誠一『なごやの鎌倉街道を探す』2012 風媒社

*1:「二むらの山の中にとまりたる夜、大きなる柿の木のしたに庵を作りたれば、夜一夜、庵の上に柿の落ちかかりたるを、人々拾いなどす」(1060年頃成立)

*2:池田誠一『なごやの鎌倉街道を探す』130pより。

*3:wikipedia「二村山」より。

*4:池田誠一『なごやの鎌倉街道を探す』126pより。