物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

『戦国武将メシ缶詰』~織田信長~【桶狭間の戦い出陣メシ~肉味噌の味は?】(デアゴスティーニ)

先日、『戦国武将メシ缶詰』デアゴスティーニ)の織田信長ver、明智光秀verが発売していたことにやっと気がつきました。

(7月上旬発売なので、だいぶと気づいてなかったのですが‥)

 

‥ということで、近所の本屋さんで手に入れてきました。

f:id:butuyokuko:20200802074227p:plain

桶狭間の戦い出陣メシ』

f:id:butuyokuko:20200802074234p:plain

ほぼ「缶詰」のみの構成に衝撃を受ける

本を手に取ってその異様な感じに驚くのですが、

「まさか缶詰しか入ってないんじゃないの?」という予感はほぼ正しいのです。

缶詰とペラペラ本(ページ数12p)のみの構成。えぇっ(困惑)。

(後で気がついたのですが、紙の「コースター」が1枚ペロンとついています)

 

つまるところ、1個900円(税抜)の缶詰を買う感じです。

900円かぁ。試される「信長愛」。試される「歴史の食への興味」。

でも‥、460年前の食への興味には勝てません。

f:id:butuyokuko:20200802074241p:plain

「家紋コースター」は、最初は要らない気がしていました

f:id:butuyokuko:20200803051531p:plain

缶詰をあけて、コースターをひっくり返す

「肉みそ」はぱっと見、ふつうに美味しそうです。

コースターはひっくり返して総毛立ちました。「名言コースター」だったのか‥。

(これはたしか、部下への叱責状にあることば。「叱責コースター」?

とにもかくにもこの名言のチョイスで、ペラ紙コースターの価値は爆上げしました)

f:id:butuyokuko:20200803051524p:plain

まずはごはんの上にのっけて、と

けっこうネットリと脂っぽいです。

お湯をかけて、「湯漬け」にして食べるのが「信長流」とありましたが、

なるほど、お湯をかけるのわかる気がします。さっぱりと食べれそう!

(小口ネギや大根の葉、白菜の浅漬けといっしょに食べるのも合いそうです)

 

食べてみて

 

・味噌味がシッカリ。塩味が強い。

・みりんや砂糖が入ってない昔風

(今だと確実に、砂糖を入れて「甘辛味」にしてしまいそうです)

・ショウガ、山椒で味を調整。

・缶詰の肉は「鶏むね肉」使用していますが、当時は「鶴の肉」などだとか。

(当時「ニワトリ」は神話に登場する鳥として神聖視されていて、肉も卵も食べなかったとありました。そうなのか‥)

・そして、『肉みそ』は今と違って特別な料理だったそうです(肉も味噌も貴重)。

 一部の人の口にしか入らない、贅沢なご馳走?

 感想

 

「ほんとにこんな美味しいもの食べてたの?」というギワクも。

お店で出てきたら、今だってふつうに美味しいレベルです。

(現代人向けに、食べやすく美味しくしてあったりは‥)

 

信長の「出陣メシ」は、ほんとに「肉味噌」なのか?

 

桶狭間の前に食べたのは肉味噌」とペラ本には書いてあったので、何かしら出典、推測する根拠があるのかな?と思うのですが‥。

 

信長公記』には、「‥御物具を召され、たちながら御食をまいり、御甲を召し候て御出陣なさる」とあり、何を食べたかは分からない書き方をしています。

一般的に、この信長出陣時のごはんは「湯漬け」のイメージです。

お芝居では、信長が「湯漬けをもて!」と命じ、出てきた菜っぱでも浮いてるのを

「お茶漬け」的にかっこんで、出ていくシーンがうかびます。

 

簡素な食事をとって、急いで出陣していったのかな?と今まで思っていたのですが、

肉味噌を食べているうちに、戦国武将らしく、げんをかついだ物を食べたり、

栄養のある物を食べて、桶狭間に向かったのではないかな?とも思えてきました。

桶狭間に向かう途中も意外と複数の寺社に戦勝祈願したりと戦国武将らしい?行動をしています)

f:id:butuyokuko:20200804124937p:plain

清州城の「織田信長像」 数珠を手に桶狭間の方向をにらんでいます

f:id:butuyokuko:20200804124856p:plain

f:id:butuyokuko:20200804124915p:plain

f:id:butuyokuko:20200804124908p:plain

f:id:butuyokuko:20200804124902p:plain

清州城からの眺め(2019年12月)

清州城からは周囲が平たんいうこともあり、見通しが素晴らしいです。

(もちろん昔は4階建ての城はないけれど‥)

名古屋方面、わかりづらいですが①枚目の右端あたり。けっこう近くて驚きます。

熱田まで約12km。何かあったら異変が分かりそうな感じです。

f:id:butuyokuko:20200804124929p:plain

復元した「清州城」の石垣

f:id:butuyokuko:20200804124922p:plain

最盛期の「清州城」のジオラマ(1586年頃)


ちょうど、戦国時代の食事の本を読んでみたいなぁ、と思っていたところだったので、

個人的にはタイムリーな『戦国武将メシ缶詰』でした。

 読むだけでは「そうなのか~」で終わってしまうので、実際に食べる経験ができてよかったです!

これ以後も、続々と(?)伊達政宗上杉謙信徳川家康と発刊されるらしいので、

これからも「愛」が試される感じで少しおびえています。

何十人も出てくるのかなぁ‥?(困惑)

以上、『戦国武将メシ缶詰』でした!

『うにまんじゅう』 黄金いろに輝くウニのお菓子(「お菓子工房 幸ふく」下関市)

7月の連休中、「おまんじゅうの研究」をしながら悩んでおりました。 

(パンチのあるおまんじゅうはどこかにないものか‥)

‥結果、お取り寄せしたのが下関の『うにまんじゅう』です。

 

「黄金いろに輝くウニあん」、「磯の香り豊かなおまんじゅう」のキャッチコピー。

…気になります。

ウニとあんこの親和力はどれ位なのでしょうか?ぜひタベテミタイものです。

 

‥そうして、『うにまんじゅう』が届きました。

うにまんじゅう

「うにまんじゅう」外箱

下関は「うに」が有名なのですね(「フグ」のイメージが強いけど)

うにまんじゅう

個包装5個入り

少し小ぶりなおまんじゅう

オレンジ色が伝わりにくいかもで皿を変えてみます

ねっとりとしたあんの奥から、最後に確かに「ウニ」の味がします。

(特徴のあるあんは、白あんに「練りうに」を混ぜたものだそうです)

生臭いとか、磯くささはなく、上手にブレンドしています。
甘いあんこに若干の塩味は元来合うものなので、

そこに最後に確かに「ウニ」が顔を出す、と。

これを食べながら、関門海峡のあたりを散策したいなぁ!

f:id:butuyokuko:20200802092501p:plain

関門海峡」 そらみみ /Public domain, Link

(旅先の風景を見ながら食べたり、愉しかった旅のお土産として食べるのが本来のおいしい食べ方だからなぁ‥)

 

『うにまんじゅう』の情報

値段:696円(税込・5個入り) バラや10個入りなども。

買える場所:楽天などのサイト https://item.rakuten.co.jp/ko-fuku/uniman1/

賞味期限:常温で60日  製造:「お菓子工房 幸ふく」さん

 

もう‥、こうなったら、昔行った山口の風景をゾンビのように思いだしながら、食べることにしよう!

以上、「磯の香りのうにまんじゅう」でした~。

可愛いお守り集めました!(京都編②)【「天下無敵守り」「大将軍八神社」「大原野神社」「本能寺」「懸想文」など】

今回は、前回の京都編の続編です。先回は、綺麗なお守りを取り上げようと意識しましたが、今回は個性的なお守りの構成になっています。では!

butuyokuko.hatenablog.com

①『天下無敵のお守り』(「霊光殿天満宮」 京都市上京区

f:id:butuyokuko:20200801072113p:plain

見よ!このカッコよさ!

インパクトのある『天下無敵必勝利運』は、この神社に贈られた後宇多天皇の額に由来しています。

蒙古襲来時、天皇が夷敵退治の祈とうを行わせたところ、蒙古の船が沈み、効果バツグンだったことから、贈られた言葉だそうです。

 京都御所の近くにある小さな神社ですが、お守りの言葉の破壊力が傑出しています。

(管理人さんは常駐しているわけではないので、1本電話を入れて行くのがおすすめです)

 

②『北斗七星12支お守り』 (「大将軍八神社」 京都市上京区

f:id:butuyokuko:20200801072015p:plain

「北斗七星」もかっこいい!

「大将軍八神社」は、平安遷都の際、平安京大内裏の北西の守りとして勧請された神社です。「大将軍神」*1という「方位の神、星の神」をお祀りしています。

北斗の7つの星のどれかは自分の守護星になるそうで、それは干支えとに対応しています。自分の干支のお守りを頂くと、その守護星を赤く光っておしらせ、という具合になっています。

 

③『叶守』『ちえまもり』(「大原野神社京都市西京区大原野

f:id:butuyokuko:20200801071948p:plain

両方とも鹿のデザイン

長岡京遷都(784年)の際、奈良の「春日大社」から勧請されたのが大原野神社です。

藤原家ゆかりの神社で、藤原氏の祖先神をお祀りしています。

藤原道長の歌にちなんだ『叶守かないまもり』。(春日大社と同じ)「鹿」のデザインがかわいいです。

藤原家では、女の子が生まれると大原野神社に「皇后や中宮になれますように」と、

祈願の詣でをし、望み通りになるとお礼詣りをしたということですが、

平安時代の情景を想像させるお話です。

(「鹿」のデザインは、藤原氏の祖先神が茨城・鹿島から白い鹿に乗って奈良に向かった、という話に由来します)

 

④「本能寺」(京都市中京区)

f:id:butuyokuko:20200801072007p:plain

シンプル武将守り

シンプルさがかっこいいです。黒地に赤の「織田木瓜」!

本能寺の変後」、焼け跡には、光秀の首と胴体。そして光秀の手勢3000の首代が晒されたといいます(どんな情景でしょうか?)。

 

⑤『懸想文けそうぶみ』(「須賀神社」 京都市左京区聖護院)

f:id:butuyokuko:20200801072048p:plain

なかなか大きなもので、縦30cm×横11cmくらいあります

f:id:butuyokuko:20200801072040p:plain

あけてみると、

節分(2/2~3)限定のお守りです。

当日は、烏帽子に水干、覆面姿の「懸想文売り」が神社に出現します。

ふだん見ない異様ないでたちにギョっとするのですが、勇気を出して呼び止めて、もってる「懸想文」をわけてもらいます。

 

「懸想文」の起源は、貧乏公家の代筆のアルバイトからといわれます。

(文字を書けない人のために恋文などを書いてあげていた?)

 

江戸時代にはお守り・お札としての「懸想文売り」が、京都の風俗・行事となっていたそうです。

「懸想文」は人に知られないように「鏡台」や「たんす」の中にいれておくと、

容姿が美しくなって、着物も増えて、「良縁」に恵まれるといわれ、もちろん女性に人気のお守りです。

f:id:butuyokuko:20200801072032p:plain

須賀神社の「ご朱印帳」 明治時代位の絵でしょうか?

⑥『楊貴妃観音のお守り』(「泉湧寺」 京都市東山区

f:id:butuyokuko:20200801072024p:plain

楊貴妃観音お守り」(左)と「写真」

歴代天皇・皇族のお墓があることで有名なお寺です。

泉涌寺境内の「楊貴妃観音堂」に安置される楊貴妃観音」(重文)は、

南宋からの渡来仏で、楊貴妃の顔をモデルにしたという伝説があります。

彩色が美しいのですが、もともと100年に1度の秘仏だったそうで、それが発色のよさの理由かもしれません。

(「楊貴妃観音お守り」や「写真」など、いくつかの授与品があります)

 

⑦『結定往生之秘印』(「真如堂」 京都市左京区

f:id:butuyokuko:20200801072055p:plain

『結定往生之秘印』

f:id:butuyokuko:20200801072105p:plain

閻魔王伝来‼ 如意宝珠に五芒星パワーが効く!

「横死除け」と「極楽往生のお守りです。

安倍晴明が1度亡くなった時、アチラで閻魔王から金印を授かった、という話が伝えられています。

この時は(持仏の)不動明王が、「寿命はまだ尽きていないから!横死(不慮の死)だから!」と口ぞえをしてくれ、晴明は助かり蘇生します。

その時、閻魔王からもらった「印鑑」で押した印紋が「有難い護符になった!」、

という面白い由来を持つお守りです。

 

‥ということで、7つみてきました。

「どの寺社にも深い歴史があって、すごいな京都は!」というのが、京都に対するいつもの感想です。

またいつか行ける日を心待ちにしつつ、今回はこの辺で‥。

以上!「京都編②」でした!

*1:陰陽道道教の方位を司る星神。この神の方角を犯すと大変なことになる、と畏怖された。

9年間存在したまぼろしの「市」の痕跡を探しに行く旅【愛知県守山市】

前回ブログを書くさい、昭和38年まで存在した「守山市という市があったことを

知りました。現在の名古屋市守山区がそれです(以前は市だったとは驚きです)。

現地にいけば、なにか痕跡が見られるのでしょうか?

‥ということで、6月終わりにフラリと行ってきました。

butuyokuko.hatenablog.com

さて、どこから探そうか?ですが、名古屋市の「守山図書館」と「守山区役所」でとりあえず、聞いてみることにします。

[http://:title]

名鉄瀬戸線「守山自衛隊駅前」で降り、瀬戸街道を西にむかって歩きます。

すると「守山図書館」にでくわすはず‥です。

f:id:butuyokuko:20200730010704p:plain

守山図書館

おっと、あった。

あれ?黒い石に守山市役所跡』って書いてある!

(期せずして、あっという間に本丸にたどりついた感じです)

f:id:butuyokuko:20200730010637p:plain

「説明版」

説明版を読むと、旧市役所の建物はもう無いようです。

「名守合併」なんて言葉も初耳です。守山市名古屋市編入した際、当時はちょっと「お祝いムード」だったのでしょうか?

 

これにて一件落着!で、納得して一瞬帰りそうになりましたが‥。

図書館で資料を探しましょう。説明版が図書館前にあるのなら、質問もしやすいはず。

 

守山市について知りたい」と尋ねると、「ハハァ」という感じで、こちらの資料を教えてくれました。

f:id:butuyokuko:20200730010644p:plain

守山市史』

f:id:butuyokuko:20200730010651p:plain

年季はいってます

昭和38年2月1日の発行。‥ということは合併の2週間前です。

冒頭に当時の市長の序文がありました。

市長さんはどういう風に考えていたのか‥、興味あります。

市としては消滅するわけで、哀惜の念などやはりあったのでしょうか?

 

(直前に迎えた合併について)「市の将来と、住民の福祉向上に最善の道であり今後は中部経済圏の中核都市として躍進する名古屋市民の一員として、さらに郷土の発展と私の念願達成に微力を捧げたいと思うしだいである。」

守山市の名称が消え、行政的には名古屋市に継承されるが、本市の歴史は永遠に輝き、永遠に消えない。

引用:『守山市史』黒田毅守山市長の序文より

序文を読むと、昭和37年の世論調査大多数の市民が名古屋市との「合併」を望み、その目標に向かって努力してきた、とありました*1

一抹の寂しさはあったかもしれませんが、市民みんなの希望をかなえようと一生懸命だった様子がみてとれました。

 

わかったことは、

①「合併話」は突然出た話ではなかった。昭和20年代から「合併話」はあった。

② 昭和29年、「守山市」が誕生。

③ 昭和30年の市議会議員総選挙で「合併派」が多数を占め、市民にも「合併派」が増えた。

 

黒田市長が市長に就任したのがそんな昭和30年。

市になったばっかりのまだ軌道にのらない中、合併も考えながら市政を行っていたわけで、相当忙しかったことでしょう。

昭和30年の守山市の人口は4.2万人 ⇒昭和38年には6.7万人

昭和30年の守山市の予算1.6億   ⇒昭和38年には8.2億

人口も会計も激増してますね。これはタイヘンそう‥。

f:id:butuyokuko:20200730121727p:plain

守山市史』より 当時の「守山市役所」

守山市史』(企画・発行 愛知県守山市役所)

 

この『守山市史』の編纂が始まったのが、「合併」の3年前(昭和35年)です。

合併が決まったわけではないけれど、合併を見越してすでに動いていたことがわかります。

 この本、守山の全てを網羅した内容で、自然・歴史・経済・交通・都市計画・風土・文化・人物‥と多岐に渡り、600ページ以上におよぶ大作です。

 こんな百科事典みたいなのを5名という少ない人数で、しかもたったの3年で、よくぞ編纂したなぁ、と率直に驚きです。

 

名古屋市との合併がいいのか、独立がいいのか

 

 これはどちらがいいのか、一概にいえない気がします。税金・公共料金が一律安くなるかというと、そういうわけでもないだろうし、決め細かいサービスを行いたいなら、わが市の独立を守った方がよいのでは?とも思います。

(財政基盤が弱い場合は大きな市に編入した方がよいのでしょう)

 

合併のメリットは「利便性の向上」とか「行財政の効率化」とか言われますが、

発言力の強い大船に乗る「安心感」や、名古屋市のブランド力」を利用できることも大きい気がします。企業・学校・施設・店舗の誘致、居住者数や都市の整備にも差が出そうです*2

 

最後に

 

今では誰も振り返らないような歴史をみつけるのはとてもオモシロイことです。

(自分の親も「守山市」のことを知らなかった位で、今では知らない人が多いのでしょう)

雲をつかむような感じで見に行った「守山市」の痕跡探しですが、見つけたのは、

「終わり」を見据えて粛々と仕事をしていくという、守山市長達の姿でした。

「終わりを意識する」 これはすごく重要なことなのですが、ぼんやりとその日を生きてしまいがち。時間はまだまだあるとどうも楽天的に考えてしまいがちです)

f:id:butuyokuko:20200730121720p:plain

守山市史』より 黒田市長ら

知りたかった57年前の当時の市長の気持ちも『守山市史』のおかげでなんとなく察することができました(期待と不安。やりきった気持ちとやりきれなかったものへの心残り。安堵もあったでしょうか‥)

理解が深まると、見る目も違ってきます。

あまりなじみのなかった守山区に親しみを覚えたところで‥、今回は以上です!

ではまた!

*1:昭和36年にも世論調査が行われ、賛成率は8割を超えた

*2:2006年に誕生した北名古屋市名古屋市に合併を望む市で、これからの動向が注目されます

『日本梅食紀行』①~至高の梅食品を求めて~(小梅ショコラ、南高梅ドライフルーツ、梅ジャム、うめこなど)

 大仰なタイトルの『日本梅食紀行』は、いろいろと出てくる「梅食品」をせっせっと食べていくだけの記録です。

(※食の感想はあくまで個人的なものです)

 

①「小梅ショコラ」ロッテ 【珍しい梅あじのチョコとは?】

 

あの『小梅ちゃん飴』が、いつのまにか「梅チョコ」になっていました!

「コレは珍しい!」「梅のチョコってどんな感じ?」

とわくわくしながら、コンビニで購入しました。

f:id:butuyokuko:20200728131127p:plain

『小梅ショコラ』

f:id:butuyokuko:20200728131106p:plain

「梅チョコボール」が10個ほど入ってます

感想:‥‥。何だろうか、これは?」

ホワイトチョコ(?)に、「小梅ちゃん飴」の味が混ざった感じ?

梅飴のチップが入っているそうで、「小梅ちゃん」がすごい主張をします。

判定:「後世に評価を委ねたい」

 

②『和歌山県南高梅』(全農)のドライフルーツ

f:id:butuyokuko:20200728131211p:plain

和歌山県南高梅』全農

「コレは珍しい!」「南高梅のドライフルーツってどんな感じだろう?」

とわくわくしながら、コンビニで購入。

f:id:butuyokuko:20200728131120p:plain

20gで230円ほど

感想:「甘みも酸味もあり、ふつうにおいしい!」

判定:「サービスエリアにあったら買うレベル!」

惜しむらくは、梅がドライフルーツとしてどのあたりにくるかというと、

マンゴーやパイナップルやナツメの上位にはいけないかもしれない。戦う土壌が違う?

 

③ 「元祖梅ジャム」タカミ製菓

f:id:butuyokuko:20200728131113p:plain

レトロなパッケージもいいのですが

f:id:butuyokuko:20200728132016p:plain

綺麗なピンクいろ

「コレは珍しい!」「廃番になった梅ジャム*1ではないけど、同じ味かなぁ?」

とわくわくしながら、ドンキで購入。

感想:「これは‥別商品!粉っぽさを感じるけど、とろみだしの小麦粉のせい?」

判定:「別商品として楽しもう!」

 

④ 『うめこ』三島食品

f:id:butuyokuko:20200728131202p:plain

f:id:butuyokuko:20200728131155p:plain

『うめこ』

『うめこ』をはじめてみて、じゃっかん興奮。「『ゆかり』も『かおり』も『あかり』も美味しいしなぁ‥」、とわくわくしながら、スーパーで購入。

感想:「おいしい!まさにこれぞ梅ぼし!

「ふりかけ」というより、乾燥させた梅干しを細かく砕いたものでした。

判定:「常備したい王道の味。体が弱った時の「お茶漬け」として。いい海苔を巻いて「梅おにぎり」を作ったりしてみたい!」

 

⑤「おばあちゃんの赤しそドリンク」エルビー

f:id:butuyokuko:20200728131141p:plain

f:id:butuyokuko:20200728131135p:plain

『赤しそドリンク』

感想:けっこう甘酸っぱい。お酢ドリンクみたいな感じ、シソ感はある。

 判定:よく考えると、梅じゃなかった。シソだった!根本的ミス!

 

⑥ 「男梅茶漬け」

f:id:butuyokuko:20200728131147p:plain

男梅茶漬け』

感想:「男梅のちから強い味がする。問題なし」

と、最後の方ははしょってしまいましたが‥。

お店でも「梅風味」の食べ物をオーダーすること多いのですが、(いまいちかな)

と思うこともけっこうあります。

たぶん、「梅」を使うのってすごく難しいのだと思います、ごまかしが効かないから。

「梅食」はこれからもライフワークとして(?)、続けていきます。

あちらこちらと食べてみて、いつかは至高の「梅食」に出会いたい!

以上、「梅食」でした~。

*1:梅の花本舗』の梅ジャム。2017年12月製造終了。

【超リアル】『ミズクラゲのビニール傘』 美しい水色に癒される 【フェリシモ&加茂水族館コラボ】

先日、フェリシモから「ミズクラゲの傘」が届きました。

「クラゲ水族館」として有名な加茂水族館*1(山形)とのコラボということで、

リアルをトコトン追求した『ユーモア』シリーズ((フェリシモの雑貨ブランド名))の「クラゲ傘」の出来を楽しみにしていました!

まだ雨の日続きで好都合。さっそく、近所に買い物にでてみました。

f:id:butuyokuko:20200726143332p:plain

葉脈のような筋がリアル!

ビニール傘の割には、シャフトや広がる部分もしっかりしてて、使い心地は申し分なかったです!

f:id:butuyokuko:20200726143325p:plain

思いのほか、映える水色にびっくり

これ、向こうから歩いてきたら、どれだけの人が「クラゲ」だって気づくのでしょう?(実験してみるのも楽しそうです)

自分でさしてみて、ぷるぷるしたクラゲになりきってみて(?)、なかなか楽しかったです!水色の向こうに見える景色まで、きれいにみえる気がしました。

しかし、気づいたのですが、自分がさすんじゃなくて人にさしてもらいたい!

そして、それを見てるほうが、楽しそうなんだけども⁉

「うーん。クラゲの演者でなくて、観客の方がいいなぁ」という、モヤモヤとした欲求不満(?)を抱きつつ、帰宅しました。

 

『水クラゲ傘』

サイト:https://www.felissimo.co.jp/youmore/blog/main01/deepfish/post-265/

サイズ:長さ約85cm・直径約96cm  値段:1760円(税込)

種類:①ミズクラゲ ②アカクラゲ ③タコクラゲ、の3種でした!

f:id:butuyokuko:20200726143847p:plain

wikipedia加茂水族館」 写真:Togabi

いつかは、クラゲの聖地(?)「加茂水族館」に行ってみたいものです。

f:id:butuyokuko:20200726143803j:plain

wikipediaミズクラゲ」 写真:© Hans Hillewaert

f:id:butuyokuko:20200726143830p:plain

ひゃー、きれい‼ wikipediaミズクラゲ」 写真:Alexander Vasenin

f:id:butuyokuko:20200726143819j:plain

葉脈みたいなのがよくわかる写真 wikipediaミズクラゲ」 写真:Kilsさん

写真だけでもうっとりしてしまいますね。

 

フェリシモ」の企画グッズが、世に衝撃をあたえること(※)

※個人的イメージです。

『ユーモア』のリアル「動物シリーズ」*2もすごいのですが‥。

「法螺貝のペットボトルケース」なんてのも。

f:id:butuyokuko:20200726143341p:plain

左上「ほら貝ペットボトルケース」

『おてらぶシリーズ』(=お寺ラブ)の「東寺の曼荼羅パラソル」とか、

「僧衣型レインポンチョ」とか、「梵鐘型の帽子」とか‥。

「画文帯がもんたい神獣鏡型のポーチ」とか、螺鈿紫檀五絃琵琶エコバッグ&ポーチ」

正倉院宝物の)とか‥。

「どんなニッチな層をねらってんの⁉」、とツッコミたくなるのですが‥。

やっぱりみてしまいます。

多分、これからも、個人的に衝撃を与え続けられるのでしょう‥(悩)

 

『牡蠣そっくりミラー付きコンパクト』

 

昨年、このフェリシモで買ったものが、1つあります。

もともと「JR西日本」とのコラボで、先行する商品(「牡蠣ポーチ」など)があり、

その後続の商品。『牡蠣そっくりミラー付きコンパクト』がそれです。

f:id:butuyokuko:20200726143247p:plain

またもやリアリズムの極致を追求

f:id:butuyokuko:20200726143316p:plain

f:id:butuyokuko:20200726143301p:plain

f:id:butuyokuko:20200726143254p:plain

綺麗?リアル?気持ち悪い?色々な気持ちが交錯する『牡蠣コンパクト』

サイト:https://www.felissimo.co.jp/youmore/gcd762859/?vf=03

サイズ:縦12cm・横7.5cm・厚さ4cm  値段:2200円(税込)

 

 『牡蠣コンパクト』といい、

「どうやって使っていこう?」というのが、これからの悩ましい「課題」です。

 以上、フェリシモの『クラゲ傘』でした!

*1:クラゲに特化した水族館で50種類以上のクラゲを展示し、クラゲ飼育の高度なノウハウで世界的にも注目されている。「クラゲドリーム館」を冠するまでの道のりは並大抵ではなく、館長が負債の個人担保をしてまで存続をさせてきた苦闘の「館史」を読むと、ホロリとする。

*2:鳥から犬からネコからカワウソまで、なんでもあり。リアル追及度がすごい。

『お稲荷さんの狐は何をくわえている?』日本人が口にくわえるものを考える【薔薇、巻物、刀、つまようじ、チュパチャップス‥】

 冒頭は、前記事で少しふれた「キツネがくわえる巻物」について書きます。

後半部分は、「巻物」からの「日本人がくわえるもの」についての個人的見解です。

日本人はどんなものをくわえているのか?なぜくわえるのか?をみていきます。

butuyokuko.hatenablog.com

『狐のくわえるもの』 

 

大きく4つといわれます。どれも稲荷神の眷属としてふさわしい持ち物です。

① 宝珠 

如意宝珠は仏教由来。平安時代神道にとりこまれ、稲荷社などでみることが多いです。

② 巻物 

気になる巻物の中身は「お経」?また「知恵」を象徴しているともいわれます。

③ 稲穂 

稲荷神が「穀物」の神であることから、持つのにぴったりな気がします。

(狐の尾っぽの黄色くふさふさしたようすが「稲穂」を連想させる、という説があり、目に浮かぶようで好きな説です)

④ 鍵  

倉庫の鍵ともいわれます。

f:id:butuyokuko:20200725104708p:plain

鍵をくわえた「伏見稲荷」のおキツネさん  hydroxyquinolによるPixabayからの画像 

この中で、なんとなく違和感を感じるのは「鍵」です。

説明としては、伏見稲荷『玉鍵信仰』*1に由来するというものですが、あまりピンとこないのも‥。

伏見稲荷」ではおキツネ様のくわえる「持ち物」をお守りとして、授与されています。

f:id:butuyokuko:20200725110824p:plain

伏見稲荷大社のパンフ 『眷属があわらすご神徳』より

f:id:butuyokuko:20200725110815p:plain

同パンフより

liondogさんという方のブログ*2で、「鍵の形は破損しやすいので、巻物におきかえた」「破損した鍵を巻物と誤解した」という巻物の発生説をのせてみえて、とても興味深く感じました。また、「巻物をなぜ狐がくわえるのかを説明した文献をまだみつけてない」とも書かれていました。

liondogさんのブログから:『稲荷の狐のバリエーション』*3

liondogさんのブログ:『狛犬について私が知っている2、3の事柄』*4

 

『巻物』をくわえてるといえば⁉

 

鬼滅の刃』のヒロイン?いやいや、あれは猿ぐつわの「竹筒」でした。

ではなくて、巻物をくわえるキツネ像をみて思ったのは、忍者でした。

秘伝の『巻物』をくわえてドロンドロンのイメージです。

消えたり、大ガマに化けたりしますね。

この『巻物』くわえてドロンドロンのイメージは、江戸時代からのようで、

歌舞伎のシーンなどが思いあたります。

 

① 『伽羅先代萩めいぼくせんだいはぎ

仁木弾正(ワル者)が巻物をくわえ、大ネズミに変身!

② 『自来也じらいや*5

義賊の自来也が、大ガマの上で巻物をくわえて妖術を放ち、活躍するお話です。

(巻物はくわえず、印を結ぶだけのことも。演出による)

f:id:butuyokuko:20200725145800j:plain

wikipediaより:「自来也」の項

このように、妖術使いや忍者が巻物をくわえるようになったのは、「小説・お芝居などの演出」で、インパクトがあって、わかりやすかったからでしょう*6

 

他にもくわえる「コンナモノ」

 

有史以前から(?)、人間はありとあらゆるものをくわえてきました(知らんけど)。

おしゃぶり、タバコ・葉巻、エンピツ、釘、指、ハンカチ・てぬぐい*7、メガネ、食パン‥、くわえられるものはもうナンデモ!

思いつく代表的なものを見ていきましょう!

 

① つまようじ 

時代劇『木枯らし紋次郎の主人公の「長つまようじ」インパクトありました。

長さ30cm位の長大なやつです。なぜくわえているのでしょうか?

こちらもアウトロー」ぽい演出のためで、そんなに大きな理由はないかもです。

たまに、悪人に吹いてみたりしています。

 

 刀剣類

f:id:butuyokuko:20200725145809p:plain

wikipediaの「青森ねぶた」の項より

上の写真のような、抜きみの刀を口にくわえたのを見ることありますが、ナンカコワイ!

(『ワンピース』のゾロのくわえる日本刀とか、「メタルギアソリッド」の狼犬のナイフとか‥)

いくら演出とはわかってはいても‥、そんな追い込まれた状況にならないよう気をつけてほしいものです。

 

 チュパチャップス女子

f:id:butuyokuko:20200725104716p:plain

これが「チュパチャップス効果」だ! Adina VoicuによるPixabayからの画像

顔に変化を与える小道具として。「若い、明るい、元気⤴」なノリを演出します。

今度生まれ変わったら、こんな陽キャになりたいなぁ‥。

 

④ リフトアップトレーナー「ブルブル子」

リフトアップトレーナー ブルブルブル子

リフトアップトレーナー ブルブルブル子

  • 発売日: 2017/07/31
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
 

 これを見た時、ちょっと衝撃でした。

(美しくなるためにはココマデシナクテハイケナイノカ‥?)

表情筋を鍛える道具で、他にも色々な商品(PAOとか)がでています。

 

 葉っぱ

 『ドカベン岩鬼正美がくわえる「葉っぱ」

(着想は①の『木枯らし紋次郎』からだそうです)

f:id:butuyokuko:20200725104728p:plain

lagnnagenによるPixabayからの画像

こんな感じの二葉を生やして、いやくわえていました!

葉っぱは、赤ん坊の頃からおしゃぶりを嫌がり、葉っぱを咥えてていたため、そのまま口から離さなくなった。くわえている葉っぱは岩鬼の気分によって花が咲いたり枯れたりする。引用:wikipedia岩鬼正美」より

このwikiの説明をみるまで、私は「口のなかから生えてる」と信じて疑わずでした。

アニメでは、葉っぱはかなり垂直に天に伸びています

だからてっきり、口の中の養分を吸いスクスクと育っているものと‥。

(いやぁ、驚いた‥)

 

 薔薇「なぜ人類はバラを口にくわえてしまったのか?」問題

 これは大きな問題です。

まずだいたい、トゲがじゃまだし、くわえる必要がそもそもない。

おかげで20世紀以降、ネコもしゃくしもくわえだしてしまいました!

人類がいつからバラをくわえだしたのか?

それはどうも、1915年の無声映画カルメンが初出のようです。

(実際はバラじゃなくて、違う花の造花だったようですが)

ここから、「フラメンコ」もバラをくわえるイメージになっていった、そうです。

f:id:butuyokuko:20200725104723p:plain

Владимир БерзинによるPixabayからの画像 

最後に

 

と、主なもの見てきました。

他に変わったところで、松明、人間の生首(⁉)‥、なんてものもありました。

 

口にくわえる理由は、たばこや葉巻など実用的にそれでいいだろう、という場合以外は、主に芝居などの『演出』(注目を集める、意表をつく)で、

また感情などのわかりやすい「サイン」として機能しているのだな、と思いました。

 

‥もし、口に何かをくわえて、あなたの方を見ている人がいたとしたら、

(ワンコがぬいぐるみをくわえて見せにくるのと同じで、)

それは、きっとあなたの気を引きたい『演出』なのでしょう。

笑って、「ナニソレ⁉」、と言ってあげましょう!

f:id:butuyokuko:20200725162715p:plain

写真:alberto agostiniによるPixabayからの画像 

 以上です!「キツネはなにをくわえている?」でした!

*1:玉と鍵が「陰陽」「天地」を表す、という教え

*2:狛犬について調査・研究されているサイト。全国・海外へも狛犬を追う情熱、情報量がケタ桁外れで、今回このサイトに行きついただけでも幸せでした

*3:http://liondog.my.coocan.jp/genba/komacho/kitsunecho.htm

*4:http://liondog.my.coocan.jp/

*5:天竺徳兵衛韓噺』という、同じく大ガマの妖術使いがでてくる演目もあります

*6:大正時代の『猿飛佐助』(立川文庫)なども「ドロンドロン」のイメージ元になっている

*7:悔しくて手ぬぐい・袖を噛む:歌舞伎・文楽からの表現・演出。

『三河みりんまんじゅう』 口の中がボワ~ンとする「みりんのスィーツ」【九重味淋】

6月、碧南(ヘキナン)に行った際、『九重味醂ココノエミリンさんに寄りました。

碧南を代表する観光地です。

butuyokuko.hatenablog.com

『九重味醂』さんは、1772年創業の老舗味醂メーカーで碧南に本社があり、

レストランや売店、工場見学が人気となっています。

f:id:butuyokuko:20200723045138p:plain

「九重みりん」の通り 左側が「九重みりん」

この日は、『みりんまんじゅう』と『高級みりん』を買いました。

 

「みりんまんじゅう」はしばらく口の中が『ぼわ~ん』といい香り!

 

みりん味のお饅頭?

そんなのまず食べたことないです!

「味噌まんじゅう」とか「しょうゆ饅頭」とかはあるけれど‥、珍しいの一言。

買って、家で食べてみました。

f:id:butuyokuko:20200723045159p:plain

イッケン、白いふつうの蒸し饅頭

f:id:butuyokuko:20200723045130p:plain

かぱっ。真っ白できれいなみためです

これ、本当に食べたことの無い味がします。

「酒カスまんじゅう」にも似てるけど、やっぱり違う。

よく知ってる「みりん」の味とも違う。

多分これ、いい「みりん」の味なのです。

上品な香り、上品な味。

食べて口中に『ぼわ~ん』と広がる「みりん」の香気。

「ふくいくたる香り」というのは、きっとこういうのを言うんでしょうね。

ということで、個人的に星5つでした!また買いたい!

f:id:butuyokuko:20200723045152p:plain

三河味淋まんじゅう」外箱

三河味淋まんじゅう』

値段:680円(6個入り) 日持ち:3日間(保冷剤をつけてくれます)

いい香りと上品な甘みの正体は「みりん粕」でした。

砂糖の代わりにみりん粕をたっぷり使っているのだそうです。

(通販では残念ながら、取り扱っていないようでした)

f:id:butuyokuko:20200723045206p:plain

表示

 

高級みりん『三年熟成 本みりん御所櫻』

 

f:id:butuyokuko:20200723142638p:plain

ちらしでごめんなさい。本物は?ですよね。

「3年熟成」の言葉と、麗しい「外装」に心うばわれる『高級みりん』

500mlで2750円(税込)! た、たしかにかなり高価!

義理父へのプレゼントに1本買い、自分には買いませんでした。

こんなに高価な調味料を使うほどの自分は腕前ではない!とその時は思ったのですが‥。

(ものは試し、1本買ってみようかな。また買ったら、ここにupしよう!)

 

オインラインショップ

 

いろいろな『みりんグッズ』の購入ができます。

「みりん粕」、「みりん屋さんのアイス」などがおいしそうです。

(「みりんまんじゅう」が美味しかったので、「みりんアイス」は絶対おいしい気がします)

『九重味淋』さんのオンラインショップ:https://www.kokonoe-shop.com/

 

レストラン&カフェ『K庵』(ケーアン)

 

f:id:butuyokuko:20200723045145p:plain

『K庵』 のれんをくぐると売店・レストラン

『K庵』、待ち人も出るほど人気でした(行く時は予約した方がよさそう)

自社製品を使ったランチ「みりん角煮御前」や、「みりんレモンソフト」などなど。

f:id:butuyokuko:20200723142629p:plain

またもやちらしでごめんなさい

「みりん」メニュー、あぁ美味しそう‥。

 

(みりんには関係ありません)「リボーン」さん(ヘキナン駅前にて)

 

碧南駅前に「リボーン」というお店があり、前を通ると「無料品のコーナー」(?)が

ありました。

f:id:butuyokuko:20200723144623p:plain

「無料品コーナー」

この日はお休みらしく、店は閉じていたのですが、「無料品コーナー」は開陳されていました。

果たして持ってていいものか、モヤモヤしたのですが‥、頂いてきました。

(料金箱などあれば、お金をいれてあまり悩まなかったのかも)

f:id:butuyokuko:20200723045215p:plain

新品だったプラハの「コースターセット」

思わぬところで手に入ったチェコ土産。いや、ヘキナン土産。

f:id:butuyokuko:20200723045222p:plain

いただいたのは、右側

皿を割ったかしたんでしょうね。

同型のカップ&ソーサーが家にあって、運命(?)を感じて連れ帰りました。

ありがとうございました!いただいて使ってます!

以上、『みりんまんじゅう』がおいしい!でしたー

『ヘキナン(碧南)?ドコナン?』【碧南には何があるのか?かっての「大浜」を観光してきました】

名鉄名古屋鉄道)の『ヘキナン(碧南)?ドコナン?』というキャンペーンが、

昨年やっていたのですが、たしかに愛知県人でも、「碧南ってどこ?何があるの?」

っていうのはあります‥。

f:id:butuyokuko:20200721075817p:plain

『ヘキナン?ドコナン?』キャンペーン 

昔、「碧南中央」という駅で降りて散策したことがあるのですが、何もなかった!

ほんとに「ナニカアルノ?」と疑いのマナコ状態だったのですが、

キャンペーンを見るとお寺があるみたいです、寺町が!

‥ということで、6月の頭、碧南にいってきました。

[http:// :title]

f:id:butuyokuko:20200721075554p:plain

名鉄電車の古い車両がいい感じです

f:id:butuyokuko:20200721075609p:plain

碧南駅前 (やっぱりなにもないのかな?)と不安になる

f:id:butuyokuko:20200721075718p:plain

海へ下っていく土地の傾斜(奥)にテンションあがる

大浜の面白いところ

 

①大きな港があった

家康の「伊賀越え」のあとのルート?

③お城みたいなかわいい警察署

④たくさんのお寺のある「寺町」

⑤寺町巡りの、とくに「西方寺」さんの御朱印が面白い!

⑥「九重みりん」

を順番にみていきたいと思います。

 

①大きな港があった

 

現地に行ってやっとわかったのですが、ここはかっては「大浜おおはまと呼ばれた、大きな港があった場所でした。

中世から「問丸といまる*1」として栄え、

江戸時代は、三河の国の有名な港で、

「白子(三重)ー大浜」間、「伊勢の大湊ー大浜」間の航路があったそうです。

風が穏やかな港なのだそうですが、隣の知多半島が風を防いでいるのかな?

f:id:butuyokuko:20200721075641p:plain

今の「大浜漁港」 奥の橋の向こうが外海

うーむ、今の海は遠い感じです。

家康の「伊賀越え」の後のルートは?

 

家康の「伊賀越え」*2有名ですが、「伊賀を越えたんだなぁ」位の認識でした。

そうか‥。言われてみれば、伊賀を抜けた後、どうしたんでしょうね?

家康一行は伊賀越えのあと、白子(三重県)あたりで乗船。

師崎(愛知県)を通り、大浜に上陸。そこから領地の岡崎へ戻った、ということでした。

なるほど!伊賀から海に出、海路で「大浜」へ上陸したのか!

f:id:butuyokuko:20200721075702p:plain

家康一行の上陸地といわれる場所。奥は大浜漁港です。

f:id:butuyokuko:20200721075710p:plain

上陸地付近の熊野神社

③お城みたいなかわいい警察署

 

f:id:butuyokuko:20200721075749p:plain

昔、こんな「お城のおもちゃ」を持っていたなぁ

 「なんでしょこれは?」と思ったら、大正13年に改築された大浜の旧警察署でした。

当時の人も「可愛い~!」と思ったのでは‥。塔から景色を見てみたい!

なにしろ、造形がキュートで、当時はさぞモダンな建物だったことでしょう。

この警察署の裏手には、港町らしく歓楽街などがあったようです。

 

④たくさんのお寺

 

いくつもお寺があり、どれがどれだったか、ちょっと違いに迷う位なのですが‥。

「碧南にはなぜたくさんのお寺があるの?」と、お寺の人に聞いてみました。

「昔からの大きな港で、人が集まり、色々な宗派のお寺ができたんだよ」、との答えでした。

なるほど!納得です。その繁栄のあとを今も見ることができます。

2つだけ、お寺を紹介します。

【西方寺】

f:id:butuyokuko:20200721075616p:plain

おお‥、奥のお城みたいな櫓はいったい?

f:id:butuyokuko:20200721075622p:plain

西方寺の「太鼓楼」でした

この太鼓楼は、1863年の建立で学校の校舎として使用されたそうです。

(太鼓楼の右には、「九重みりん」さんの建物が写っています)

称名寺

徳川家ゆかりのお寺です。

徳川家の前身・松平家からのなじみのお寺だそうで、家康のひいおじいちゃん(信忠)はこのお寺で亡くなったそうです。

また家康の幼名「竹千代」は、このお寺の連歌会の歌からとられたとか。

朝鮮出兵の船が秀吉の命により、ここで建造されたりと、徳川家からみの歴史が興味深いお寺でした。

f:id:butuyokuko:20200721075726p:plain

きれいに整備された「徳川家祖廟」

f:id:butuyokuko:20200721091151p:plain

お墓のようす

松平家・初代や信忠(家康のひいおじいさん)、信忠の娘さんなどのお墓群でした。

f:id:butuyokuko:20200721075648p:plain

いっけん地味ですがよく見ると、どのお寺も、木彫の造作がすばらしいのです

f:id:butuyokuko:20200721075656p:plain

「瓦」もどのお寺のも立派。近くの「高浜」産でしょうか?

お寺の造りこみをみると、明治位はけっこう繁栄していたのではないかな?

とうかがえました。

⑤「西方寺」さんの御朱印がすごい!

 

正直、1番のお目当てはこれだったかも。絶対他力』!

f:id:butuyokuko:20200721075805p:plain

絶対他力』の力強いフレーズ 字も上手でうれしいです

f:id:butuyokuko:20200721075757p:plain

もう1つ、『現前の境遇に落在』 珍しい文言です

この言葉、明治30年代に有名だった宗教哲学者・清沢満之きよざわまんし)さんの言葉で、西方寺の副住職だった方だそうです。

絶対他力の大道」の意味、実は私、あまりよくわからないのですが、

「他力(=仏様のお力)をひたすらに信仰する」、という意味でしょうか。

『現前の境遇に落在』*3にいたってはさらに難しく、色んなサイトを見ていたら、頭がクラクラしてしまいました。

清沢さんは39歳と若くして亡くなっているので、もう少し長命であったなら、もっとわかりやすく解説してくれたのではないか、と想像したり‥。

 

さて、今回は⑥は飛ばし、残りの写真をあげて終わりにします。

f:id:butuyokuko:20200721075734p:plain

「大浜陣屋跡」 公園になっています

f:id:butuyokuko:20200721075635p:plain

大浜ぽいお寺のある小路

f:id:butuyokuko:20200721075743p:plain

「立ち葵」の家紋 (たしか‥本伝寺さん)

まとめ

 

碧南という地名に隠れた、かっての「大浜」という場所がよくわかり、

「大浜」の「大(おお)」は伊達じゃない、といい勉強になりました。

(全国各地に「大浜」の地名がみられますが、いずれも歴史ある土地なのでしょう)

「大浜」「大湊」「大山」など、「大」を冠する地名は他にもあることだし、

これからはもっと「大」の字に注目していこうと思います。

以上、『ヘキナンドコナン』でした!

*1:造船所、ドッグ、倉庫群、旅館が集合する大きな港

*2:本能寺の変後、在阪していた家康が身の危険を感じて、本拠地・岡崎に戻った行動

*3:「自己とは他なし、絶対無限の妙用に乗托して、任運に法爾に、現前の境遇に落在せるものすなわちこれなり」

足のむくみがひどいので、「足台」に「ストレッチボード」【ライシンLysin】を使ってみました!

タイトルの通りです。足のむくみがひどい!

家でもむくみますが、職場の午後の時間帯が特にひどい!(動かないから‥)

足のむくみ、ほんとうに不快で悩ましいのです。

 

このままでは、「むくみ」だか「エコノミー症候群」だか

血液ドロドロになって、職場で死ぬかもしれない?

自分にとっては「いのちのキケン」!

「足台がないよりは、あった方がいいだろう」ということで、職場用に1台購入しました。

f:id:butuyokuko:20200719100212p:plain

ほんとは「足台」ではなく、片足をのせてストレッチしたりの器具

『ストレッチボード』(ライシン)

サイズ:約32cm×28×7・5  重量:1.6kg

カラー:ピンク・ミントグリーン・黒・白など  値段:2680円

f:id:butuyokuko:20200719100150p:plain

たたまれた状態

f:id:butuyokuko:20200719100227p:plain

4段階の調節ができるのはいい

f:id:butuyokuko:20200719100205p:plain

20度

「足おき」にはこれ位の角度かな。

f:id:butuyokuko:20200719100157p:plain

45度

ということで、しばらく職場で使っています。

結論としては、「ないよりはあった方がいい!」です。

これ1台で、「しつこいむくみ」が全解消するはずはありませんが、ないよりはいいです。

 

『ストレッチボード(ライシン)のいいところ』

① 耐荷重150kg

「足おき」に体重をかけて踏みぬくこと、けっこうありますが、それはない。

(一生壊れること無さそう)

② 小ぶりなサイズ

約30cm四方のコンパクトサイズ。

普通の「足おき」はもっと横幅ありますが、大きすぎると思っていました。

たたんで、デスクの下に立てかけて退社すると、デスク下もスッキリ!です。

 

【むくみを解消するためにやっていること】

  • 昼休憩に散歩
  • (人目がなければ)足のかかとをあげたり下げたり。貧乏ゆすりしてみたり。
  • 家にいる時、むくみに効く(?)という「足つぼ」を押してみたり(足の真ん中あたり)

多分動かないと、すぐなってしまうのです。

外出時はならないので、そうなのでしょう。運動不足。

家にいる時はまだ対策もできますが‥。

「フラフープ」回したり、「エア縄跳び」をしたり、「サイドステッパー」で歩いてみたり‥、こまめな運動を続けるのってタイヘン!

f:id:butuyokuko:20200719100219p:plain

「サイドステッパー」

「むくみ」解消については、これからも有効な『なにか』がないか‥、
探していこうと思います。

以上、「足のむくみ」対策についてでした!

 

昔のマンガをもう1度買うのは、高価でなかなか大変!【奈知未佐子、こいわ美保子、中津賢也、諸星大二郎】

昔持っていたマンガをもう1度よみたくなって、大人買いする。

あるかと思います!そんなこと。

キンドルで買えればそれでもいいですが、無かったりで、最近、中古で数冊手に入れました。

奈知未佐子のマンガ

 

 奈知さんの漫画は、「ほんわかほろり」とした昔話・童話みたいな漫画です。

主に動物や子供、お年寄りが主人公で、その純粋さに胸をうたれほろっとする、

というお話が多いです

 

最初に読んでから数十年。今また、同じように泣けるのか?自分でもドキドキです。

(心がすさんでもう泣けないかも?「なんだ、たいしたことないじゃん」などと、かって感動したマンガをバカにしだしたりしたら、どうしよう?)

f:id:butuyokuko:20200716182249p:plain

傑作集①『羊谷の伝説』 絵もほんわかかわいいです。龍などもよくでてくる

f:id:butuyokuko:20200716182315p:plain

傑作集②『天女の酒』 鬼・妖精・小人もよくでてきます

f:id:butuyokuko:20200716182307p:plain

短編集『越後屋小判』 基本的に心底悪人は登場しない

f:id:butuyokuko:20200716182257p:plain

傑作集④『天使の釣り鐘』 ほんわか、さわやかな読後感

ドキドキしながら読み進めると、昔と同じように「うるっ」としました。

以前と同じく感動し、作品の「変わらぬ価値」に少しビックリ。

(自分が成長していないのか‥。いやいや、やはり作品に価値があるのでしょう!)

ちなみに奈知さんは、水木しげる先生のアシスタントもされていたそうで、

2人とも共通して「童心のあるタイプ」だなぁ、と感じます。

 

②こいわ美保子のマンガ

f:id:butuyokuko:20200716182323p:plain

『真夜中のシンデレラ』 絵も綺麗で上手でした

今なかなか稀少らしく、しばらく5000円ほどの値をつけていたので、

手出しができずにいました(結局、3000円ほどで入手)

こいわ作品の魅力は、「小学生向きとは思えない大人な事情のマンガ」のところです。

ストーリ-の構成が上手で、スリルがあり、ハラハラドキドキさせてくれます。

人間模様もゾクゾクと泥臭く、ドラマ化にうってつけな感じ。

【あらすじ】

ハーフの女の子「ルリ」(孤児)が、

自分の幸せと権力をつかむ為に、身内、学校の友人、知人らを次々と殺害していく話。

最後にやっと愛する人ができるが、結婚式をあげる直前、結婚相手が実は「自分の父」と知らされる。

事実を伝えた祖母(ほぼ唯一の肉親)を「幸せを邪魔する者」として殺害する。

それを見た結婚相手(=父)は‥。

これ、本当に当時の小学生向けなの? 今、大人が読んでも十分に面白いのです。

残念ながら、こいわ先生は『真夜中のシンデレラ』と『天使の殺意』の2冊以外出版されていないようで、もっと書いてほしかった‼。

今、どうされているのでしょうか?

f:id:butuyokuko:20200716182339p:plain

表題作『天使の殺意』は、どろどろした人間関係が魅力の良作

『天使の殺意』に収録された『闇マリア伝説』も好みの話でした。

潜伏キリシタン」の悪魔教版で、隠れ悪魔教の村、不気味な村人や秘密の儀式。

主人公の娘を母胎とし悪魔が復活する?クライマックスなど、話の設定がたまらない。

 

中津賢也『黄門じごく変』

f:id:butuyokuko:20200716182331p:plain

『黄門じごく変』は文庫化されたものを購入

 こちらも、設定が好みな作品。

2人の高校生が、実は転生した天竜八部衆(仏法の守護神)という設定。

人間界に出現した「地獄界」を旅し、その敵「閻魔」を倒すストーリー。

弥勒阿弥陀帝釈天、閻魔‥、登場する神や仏にもドキドキします。

絵も上手で、主要キャラ「阿修羅」の色気は異常なほど。

閻魔を倒した後、閻魔をあやつった黒幕の正体が判明しますが‥。

続編描いてくれないかな!ほんと!

 

諸星大二郎『夢見村にて』

 こちらは昔読んだ作品ではありませんが‥。

諸星大二郎作品が好きなのですが、読んでなかった作品をキンドル版で買いました。

諸星大二郎先生のものは、歴史・民俗をテーマにしたものが多く、設定と発想の妙、

躍動感のある「奇作」揃いでおすすめです。

 

昔のマンガが高価で入手しづらい

 

①②などはそうでした(①は1冊1000円近かった。「傑作集③」も欲しかったのですが、ものはないわ高いわ、でしばらくムリそう‥)

(③はアマゾンで今見たら、2万という無茶苦茶な値段にされていました。

いやいや、もっと安く買えるサイトもありますよ!)

意外と入手が難しく、値段を高くつけらてしまっている物もあるので、

場所をとっても、これからは「古いコミックは手放さない!」ことにしよう、と思いました。

「また読みたい」と突如思いだして、その時入手に手こずるなら、もう置いといた方がいい)

いくつかのことは、「幼心」の完成である

 

「全ての芸術は幼心の完成である」という言葉は、稲垣足穂の言らしいですが、

「小さい時に体験したもの」「手に入れれなかったもの」「なくしたもの」

人間は執着して追っていく、というのはあるなぁと思うのです。

「若くして亡くなった母の面影を探す」「初恋の人が忘れられない」「はじめて付き合った人が忘れられない」なんていうのは、そういう類いではないかと思うのです。

昔読んだコミック、昔持っていたものに執着して再度手にいれようとするのも、

「幼心の完成なのかなぁ」と、何となく思っています。

 

以上!『昔のコミックが入手しづらい』でした!ではまた。

勝小吉(海舟の父)の「お伊勢参り」から、『野宿』を考える【夢酔独言】

タイトルの勝小吉(1802-1850)は、勝海舟のお父さんです。

その著『夢酔独言』は小吉の自叙伝で、生涯不良旗本として恐れられ、

「したい事をして死ぬ覚悟」「切死の覚悟・こわいものなし」のムチャした記録です。

 (どこまでが本当なのか‥、少し盛ったりはあるかもしれません)

夢酔独言 他 (東洋文庫 (138))

夢酔独言 他 (東洋文庫 (138))

  • 作者:勝 小吉
  • 発売日: 1969/05/01
  • メディア: 単行本
 

(本の冒頭、「子孫のために話すが、馬鹿者の戒めにするがいいぜ」のセリフにもしびれてしまいます)

勝父は10代のころ、家出をします。

家から金を盗み、その金で出奔しますが、道中盗難にあい、無一文となります。

家には帰らず、野宿をしながら伊勢参りをし、

そのあと数か月、街道を行ったりきたりの放浪旅をします。

 

このくだりに興味を持つのは、

以前、私も野宿をしながら、東海道・伊勢街道を歩いたことがあるからです。

(といっても勝父とは違い、野宿は2晩だけ)

同じ経験のある(?)「勝父」に、ずっと親しみを感じていました。

最近、『夢酔独言』を再読したので、

伊勢参り」、「野宿」について思うことをすこし書いてみたいと思います。

勝父の「お伊勢参り

 

勝父の「家出 第①回目」(14歳)

この家出の時、「勝父」は何となく上方に行き、一旗あげるつもりでした。

しかし、「東海道」浜松宿で身ぐるみはがされ、朝起きると無一文になっています。

宿の人の勧めもあり、「お伊勢参り」に予定をチェンジ。「柄杓」をもらい、

「お蔭参り」に伊勢を目指します。

柄杓をもってお蔭した人の記録を読んだことがないので、まずここからびっくりです!

(ひしゃくは「伊勢参り」の目印。中にお金・お米を入れてもらいながら伊勢を目指した)

f:id:butuyokuko:20200716102958p:plain

浮世絵の「ひしゃくを持ったお蔭の人」 写真:mie university library

勝父の「野宿で行く伊勢参り」のポイント

 

家出したのは、旧暦の5月末~8月のことでした。

一番いい時期の気候で、野宿にはぴったり(?)

① 野宿場所

お堂の縁の下、松原、土橋の下の穴、船の下などなど。

どこでも寝れるみたい(?)で羨ましいです。

② 服装

じゅばん1枚をほどけないように「縄」でしばる。足ははだし?

(着物、大小の刀を浜松で盗られています)

すごいスタイルです!はだしじゃ距離が歩けなくって困ったことでしょう。

③ お金

町を1軒1軒流して、ひしゃくの中に喜捨(米・金)をもらったり。

まだ子供の小吉を自分の子みたいに親切にしてくれる人もいましたが、

そんなお世話になったお家のお金を盗んで逃げてみたり‥(ヒドイ!)

④ ルート

「伊勢街道」「東海道」をうろうろ。一度いった伊勢にまた戻ったり。

⑤【病気1】

熱を出し3週間位、白子の松原で寝込む。その後も体調不調がつづく。

⑥【病気2】

崖に寝ていたら落っこちて、岩に局部を強打。

局部が膿んでジュクジュクし、後2年ほど、事故の後遺症になやまされる。

 

野宿のここがつらい!

 

若い、元気な「勝父」が、連日の野宿で体を衰弱させたのも納得です。

「野宿」は、夏でも寒くて寝れません。

(私は野宿の中、寒さのあまり、涙が自然と流れてびっくりしました。

寒いと涙の量が増えるのだそうです)

数日ならまだしも何日も続けば、体の冷えた状態が続き、安眠もできず、

日中の行動にも問題がでる悪循環になっていたことでしょう。

しかも食事も貧相で、「もらった生米をかじる」などでは消化も悪く、

体に熱を生み出せなかったことと思われます。

結局、3-4ケ月の放浪のうち、1/3以上は病気をしていたかんじ?

 

野宿の唯一よいところ?

 

野宿をして、唯一面白いところは「五感」が冴える気がすることです。野生がもどる?

日の出、日没、音や景色に敏感になります。

家の中の安眠とは違って、「緊張感」がそうせさる

 

私じしんの「伊勢参り」「野宿」

 

① ルート

「伊勢街道」(四日市ー伊勢)、「東海道」(京都ー江戸)、

勝父と同じルートです。日帰りやビジネスホテルに1-3泊しながら歩いています。

 

② 「東海道」の京都ー四日市間を野宿

友達と2人、「野宿をしながら、京都から名古屋まで帰ろう」という企画でした。

友達が体調不良になった為、京都ー四日市に短縮し、2泊3日の旅行になりました。

 

「石部宿」滋賀県)での野宿

駅前の公園で野宿。レインコートを防寒と虫よけにひっかぶる。

帽子を顔にかぶると「光よけ」にもなり、性別不明になる(?)という発見も。

 

「土山宿」滋賀県)での野宿

駅はなく、地元の人に野宿できそうな場所を教えてもらう。

(光があり、トイレがそばの、何かの建物でした)

コンビニでダンボールをもらい、1枚を下にひき、1枚を体にかけてみることに。

少しあったかくなったがスースーで、夜中、自然と涙がこぼれてびっくり。

 

 ⑤ 野宿にあると便利なもの

「ライト」「トイレのロール」「レインコート」「虫よけスプレー」くらい?

(ハブラシ・タオル・洗面道具はふつうに持ち歩いていたと思いますが‥)

7月末の暖かい時期だったため、特別な装備は必要ありませんでした。

 

⑥ いい経験にはなったけど、もうできません。

若い時なら、「若気の至り」で見逃してもらえるかも(?)ですが、

もう今では、「不審者」として通報されかねません。

「野宿をしながら、東海道を歩く」という素敵な(?)プランを実行することは、

もうありません。

(勝父の「家出 第②回目」(21歳)でも、さすがに野宿はしていません)

 

 「勝父」について(少しだけ)

 

物心ついた時には、有名な(?)悪童で喧嘩上等、悪さもし、お金も盗みます。

出奔すること2回。怒った父から、「押し込め」にあうこと数回。

21歳から24までの3年は、3畳の座敷檻におしこめられ過ごしますが、

その間に子の海舟が生まれています。獄中結婚?

37歳の時には、(勝父の不行跡に)キレたお兄さんによって、庭に檻(2重囲いの厳重なタイプ)が作られ、危うく入れられそうになります。

40歳の時にも押し込められていますが、こんなに「押し込め」にあう人っているのでしょうか?

『夢酔独言』の文体は江戸っ子らしい軽快な口語体で、『坊ちゃん』を思い出します。

(『坊ちゃん』がもっとワルく、武闘派になった感じ?‥そういえば、妻も毎日叩かれています!ひどい!)

 

勝父への興味は尽きませんが‥、今回は「伊勢参り」と「野宿」についてだったので、

この辺りでおえます。以上、「お伊勢参り」と「野宿」についてでした!

『寄木細工』の財布を買いました!【幾何学模様が美しい伝統工芸品】

箱根の伝統工芸品『寄木細工』

箱根のお土産に持っている人も多いかな?と思うのですが、

先日、『寄木細工』の財布を買いました。

 

「ダコタ」の寄木プリントの財布

 

たまに行くイオンの中のカバン屋さん。

そこに、「Dakota」の寄木柄プリントの「財布」があっていつも気になっていました。

と、 なかなかきれいな感じなのです。

でも買うなら、本物の『寄木細工』がやっぱりいいかな?

 

むろん箱根に行って選びたい!、ところですが‥、

昨年の「台風19号」による被害。コロナ騒動と続き、

箱根にいつ行けるのかももはやわからないので、ネットで買ってみました。

「箱根丸山物産」さんの長財布です。

うーん。こんな感じ。

f:id:butuyokuko:20200714063807p:plain

『寄木細工』の財布

『寄木細工』は木のブロックを組んで、上からかんなで薄く削って、

かつおぶし」みたいな「寄木のシート」を作り、

この「シート」を箱などに貼り、お土産物としていますが、

この財布も同じで、さらに「シート」の上から透明のコーティング加工をしています。

耐久性はあるかんじです。

「箱根丸山物産」さんのサイト:https://www.hakonemaruyama.co.jp/

いやぁ、『寄木細工』、やっぱりいいですね!

 

自分の持っている『寄木細工』など

 

(と、いっても全然持ってないので、ほんとにおこがましくて申しわけない(笑))

f:id:butuyokuko:20200714063814p:plain

むかーし買った「寄木細工」の箱

f:id:butuyokuko:20200714063835p:plain

小さな引き出しを引くと、上のふたも自動に開き、「チリンチリン」と鳴る仕組み

色もハゲハゲ、角もボロボロ。年季入ってますが、大事にしています。

(もしかすると、もう売ってない商品なのかもしれません)

f:id:butuyokuko:20200714063821p:plain

「寄木細工風ちよがみ」

1セット200円位でした(これも今もあるのかな?)。

「折ったり、こすったりすると木の香りがします」、という心配りも何気にうれしい(笑)

f:id:butuyokuko:20200714063829p:plain

【活用例】 額の中に入れて「トレー」として使ったり‥と工夫が必要

 

なぜ、『寄木細工』は素敵なのか?

 

『寄木細工』が、なぜそんなに好きなのか?自分でも考えてみました。

①つは「木の美しさ」(色合いや木の艶)

②つめは幾何学模様」

数学的な、規則性やリズムがある美しさに惹かれるのだ、と思います。

 

先日、たまたま文様の「七宝紋」の解説を読んでいて、

「絶えることの無い永遠の連鎖と拡大を意味する」、と書いてあるのを目にし、

「これだな!」と、激しく同意しました。

「永遠」と続く幾何学模様に、本能的に「安心感」を覚えるから、だと思うのですが、

同じ意見の人きっといる!、かなぁ‥?

(「幾何学模様」に対する意見を今まで、人に聞いてこなかったことが悔やまれます)

「寄木細工」の楽しみ方の1つは、

「寄木細工」の中の「永遠性」を感じながら使うということなのかもしれません。

f:id:butuyokuko:20200714142701p:plain

wikipediaの「七宝紋」 引用:Mukai 

 

 世界の「寄木細工」も探したい‥

f:id:butuyokuko:20200714132013j:plain

スペイン・グラナダの寄木細工屋さん 写真:Alt_winmaerik 

写真(上)のスペインの「寄木細工」も素敵です。

以前お土産にもらい、箱根のに似てるため、とてもおもしろく感じました。

スペインに限らず、世界各地に「寄木細工」は存在するようで、

イスラム幾何学模様ー寄木細工ー箱根などと想像をつなげてみるのもまた楽しいことです。

 

ということで、妄想の多い、「寄木細工の財布を買いました!」でした!ではまた~。

『鉄印帳』を買いにいってきました!【7/10発売】(愛知環状鉄道)

『鉄印帳』というものが発売されると聞き、発売日当日の朝から買いに行ってきました。

f:id:butuyokuko:20200711130441p:plain

『鉄印帳』

『鉄印帳』とは、「ご朱印帳」の鉄道版です。

全国40の「鉄道会社」(おもに第3セクター)が参加している企画です。

(最後の方に参加各社をのせてあります)

 

この参加鉄道の顔ぶれをみて、

(回れるかなぁ、どこもなかなか行きづらいし。特に今年はなぁ‥)

という気持ちが正直よぎりました。

でも、(回れなくたっていいかぁ。来年さ来年もある‥)、と思いなおし、

「5000部限定」という言葉に妙に不安を感じたので、

発売日の朝、愛知環状鉄道の駅に向かいました。

それは、愛知県で参加している鉄道会社が『愛環あいかんだけだったからです。

混んでたらやめとこう‥と思っていたのですが、

すいてて、あっさりと買うことができました。

わかったこと、

① 「愛環」で買える場所は7駅(瀬戸市駅瀬戸口駅八草駅北岡崎駅、中岡崎 駅、新豊田駅三河豊田駅)のみ
② 乗降客の多い「高蔵寺駅」では扱っていない
③ 『鉄印』を貰う為には、当日「乗車券」が必要。
④ 『鉄印帳』単体の販売はしていない。
⑤ 各鉄道会社のHPで、「鉄印帳」や販売している駅の情報を確認できると思います。(通販はしていないようです)

 

私は『鉄印帳』のみ買って、

後日、「愛環」に乗る日をつくって『鉄印』をもらおう、と思っていたのですが、

その買い方はダメ、ということでした。

 

というわけで、①『鉄印帳』 ②『鉄印』 ③隣の駅への切符、と3つまとめて、購入してきました(①2200円 ②300円)。

(『愛環』に乗ってどっか行きたいくらいだったのですが、出勤前。

 残念だけど、『愛環』を後にしました)

f:id:butuyokuko:20200711130454p:plain

開けた1ページ目

「鉄道に願いを込めてここに記す」の文字。

これを見るだけで、ちょっとうるっときてしまいます。

こうして企画・立案した人たちの気持ちを考えると、できる限り、電車に乗って、

あちこち行きたいのけどなぁ‥。

f:id:butuyokuko:20200711130502p:plain

次のページ

f:id:butuyokuko:20200711130510p:plain

「愛環」の『鉄印』(書おき)

シールタイプじやなくて、のりなどで自分ではる感じです。

40社の中には「筆書き」してくれるものもあったり、それぞれということでした。

f:id:butuyokuko:20200711130554p:plain

最後のページ

f:id:butuyokuko:20200711130606p:plain

裏面

f:id:butuyokuko:20200711130447p:plain

『愛環』のグッズ販売のコーナー

(↑「定期入」の「愛」の字がいい感じです。「直江兼続」の「愛」の字にも少し似てる?)

 

 購入した以上、活用したいなぁ、と思います。

「効率的に回りたい」「移動時間短縮で(飛行機、新幹線で)」を考えていると、

ローカル線や「18きっぷ」の旅から、自然と遠ざかっていきます。

「時間が無限にあった若いころとはちがう」

「(自分の)持ち時間が少なくなってきたから仕方ない」、と思っていたのですが、

もう乗れなくなってしまう「地方ローカル線」もでるかもしれません。

(この20年で廃線した路線もいくつか頭に浮かびます)

後悔しないように。1つ1つのことがこの世での「最初で最後である」、と思って、

しっかりみてこようと思います。

以上です、『鉄印帳』でした!ではまた。

 

『鉄印帳』参加各社

 

1 道南いさりび鉄道

2 三陸鉄道

3 IGRいわて銀河鉄道

4 秋田内陸縦貫鉄道

5 由利高原鉄道

6 山形鉄道

7 阿武隈急行

8 会津鉄道

9 野岩鉄道

10 わたらせ渓谷鉄道

11 真岡鐡道

12 鹿島臨海鉄道

13 いすみ鉄道

14 北越急行

15 しなの鉄道

16 えちごトキめき鉄道

17 あいの風とやま鉄道

18 IRいしかわ鉄道

19 のと鉄道

20 明智鉄道

21 長良川鉄道

22 樽見鉄道

23 天竜浜名湖鉄道

24 愛知環状鉄道

25 伊勢鉄道

26 信楽高原鐡道

27 京都丹後鉄道

28 北条鉄道

29 岩桜鉄道

30 智頭急行

31 井原鉄道

32 錦川鉄道

33 阿佐海岸鉄道

34 土佐くろしお鉄道

35 平成筑豊鉄道

36 甘木鉄道

37 松浦鉄道

38 南阿蘇鉄道

39 くま川鉄道

40 肥薩おれんじ鉄道

『かわったおみくじ』【10種類】あつめました!

色々な場所で頂いた、『おみくじ』のコレクションをのせます。

なんとなく集めているだけだったので、詳細(どこの神社か。いつ引いたのか?)が分からなくなってしまったものもあります。ゆる~く見て頂けたら、うれしいです。

 

① 『こどもおみくじ』

f:id:butuyokuko:20200711052923p:plain

『こどもおみくじ』

f:id:butuyokuko:20200711052929p:plain

運勢の面

まるで「絵本」みたいなレトロなイラストがすてきです。

右下に大阪府神社庁と、あるので、大阪府の神社で引くことができるものなのでしょうか。(神社:不明。大阪のどこかの神社)

 

② 『1番』大吉

f:id:butuyokuko:20200711052943p:plain

1番 大吉

ただただ単純に、「1番」が嬉しい! (神社:不明)

 

③ 『大大吉』

f:id:butuyokuko:20200711052936p:plain

『大大吉』

これもまた単純に、「大大吉」が嬉しい!

お寺:「倶利伽羅くりから不動寺」(名古屋市守山区

 

④ 『下御霊しもごりょう神社』(京都市中京区)のおみくじ

f:id:butuyokuko:20200711052949p:plain

神籤

f:id:butuyokuko:20200711052955p:plain

「凶」

『凶』なのですが、書いてある文章が短くて恐い。

「神の恵みを仰ぐほかなし」という言い切りも怖い。

こうしてみると‥、「下御霊社」のおみくじ面白いですね。

もともと、おみくじって、こういうシンプルな形だったのかもしれませんね。

 

⑤ 『名古屋弁のおみくじ』

f:id:butuyokuko:20200711053003p:plain

『こんぴら神社』の「名古屋弁みくじ」

名古屋の円頓寺えんどうじ商店街の中にある小さなお社『金毘羅こんぴら神社』。

ここでは、名古屋弁のおみくじ」(2013年~)を引くことができるのですが、

このおみくじの言い方・内容が優しくて、とてもいやされます。

「つらいだろうがまあちょっとの辛抱だでね 時がくるのを待ってみやあ

初めは心痛だでかんけど後に幸せが到来するでよ 心を痛めないで精進しなかんよ」

なんだか、近所のおばちゃんに慰められているような感じ。やさしい!

 

⑥ 『星』のかたちのおみくじ

f:id:butuyokuko:20200711053035p:plain

「星みくじ」

神社:『星神社』(名古屋市西区

このおみくじ、もともとコロコロした五角形の星の形をしていました。

(私にはもう戻すことはできませんが‥)

「願いを込めて開いてください」、「星に願いを」などの文言もロマンチック。

 

⑦ 『幕末志士みくじ』

f:id:butuyokuko:20200711053021p:plain

「幕末志士みくじ」

f:id:butuyokuko:20200711053027p:plain

「幕末志士みくじ」表側

このおみくじもどこで頂いたのか、ちょっとうろ覚えなのですが‥(「京都霊山護国神社」かな?)。

中岡慎太郎あたりが出ないかなぁ)、と思っていたせいか、「うーん」と

思ったことを覚えています(「高杉晋作」は全くなにも悪くはないのですが!)

 

⑧「鳥」のかたちのおみくじ

f:id:butuyokuko:20200711053041p:plain

鳥の「結び文型」

f:id:butuyokuko:20200711053048p:plain

中面

神社:『粟田神社』(京都市東山区

「鳥」が好きなので頂いたのですが、「何の鳥なのか」「なぜ鳥なのか」、

実は全く知りません(また調べてみようかな)

 

⑨ 『サムハラ神社』(大阪市西区

f:id:butuyokuko:20200711053011p:plain

「サムハラ神社」のおみくじ

入手困難な「指輪」で大人気の神社です。

電話は全然つながらず(問合わせの電話が殺到するため)、

思い切って大阪まで出かけてみて(行っても入手できるわけではない)、

実際の社を見て、お守り・おみくじを頂いて帰った個人的に思い入れのあるおみくじ。

(たいへんな神社さんである、と感慨がこみあげます)

 

⑩ 野外民族博物館『リトルワールド』(愛知県犬山市)のおみくじ

「リトルワールド」は、園内に建つ世界の建物を回りながら、

世界の文化や食事を体験できる楽しい施設ですが、「世界のおみくじ」を引くこともできます。

『台湾のおみくじ』

f:id:butuyokuko:20200711054401p:plain

「台湾みくじ」

f:id:butuyokuko:20200711054531p:plain

裏面は日本語

『タイの誕生日占い』

f:id:butuyokuko:20200711054353p:plain

タイの占い

ブータンのおみくじ』

f:id:butuyokuko:20200711054415p:plain

ブータンみくじ』

 

まとめ

ということで、10種類紹介しました。

これから頂く時は、寺社名、日時等きちんと記録しよう、と個人的に反省しました。

「お守り」「御朱印」は、各寺社のHPの「授与品」ページ、ネットで情報を見れることが多いのですが、「おみくじ」情報はそれらに比べ少ないので、けっこう見落としてることがあるなぁ、と思います。

情報が少ない分、本などでチェックするのもいいかもしれません。

f:id:butuyokuko:20200711053055p:plain

『ニッポンのおみくじ』

また、「おみくじ」は続編を書こうと思いますが、今回は以上です!ではまた。