物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

『長篠の戦い』① 設楽原の古戦場【徳川・織田連合軍と武田軍との距離が近すぎない⁉】(愛知県新城市)

有名な長篠の戦いが行われた新城しんしろの『設楽原したらがはら古戦場』に行ってきました。飯田線三河東郷駅で下車し、決戦場復元された馬防柵、『設楽原歴史資料館』、首洗池などを歩きます。

[http://:title]

長篠の戦い』1575年5月(新暦では6月末-7月上旬ころ)

 

長篠の戦い』は、東三河侵攻などを目的とする「武田勝頼軍」と「家康・織田信長連合軍」が東三河で激突した戦いです。結果は、連合軍側の勝利となりました。

武田方の宿将の多くが討ち死にし、勝頼は甲府へ逃げ延びますが、求心力を失い、武田氏は衰退していくことになります。

f:id:butuyokuko:20201002044913p:plain

「馬房柵」で飾られたJR「三河東郷駅」 

f:id:butuyokuko:20201007054722j:plain

駅から北方向の『首洗い池』をめざします

地形は、北に向かって高くなっていくようです。

f:id:butuyokuko:20201007054727j:plain

「竹広」の交差点

(写真の)交差点を奥に行くと「竹広激戦地」。この辺りでも戦ったかな、と想像がふくらみます。

f:id:butuyokuko:20201007054718j:plain

首洗い池

現在では錦鯉が泳ぐ、少し赤い池です(赤色は鉄分を多く含む土壌の色なのだとか)。池があるのは戦場の南で、土地が低くなっています。

f:id:butuyokuko:20201002044633p:plain

『設楽原歴史資料館』へ行く道。この辺りも全て戦場だったはず

f:id:butuyokuko:20201002044640p:plain

信玄塚』(小塚)

f:id:butuyokuko:20201002044645p:plain

信玄塚』(大塚)

2つの『信玄塚』*1には、両軍の死者16000人(?)が葬られているそうです。

このすぐ側に「資料館」があります。

f:id:butuyokuko:20201002044651p:plain

『設楽原歴史資料館』

『設楽原歴史資料館』

開館時間:9時−17時 休館日:火曜 入館料:330円

住所:新城市竹広字信玄原552

館の前の銅像は、岩瀬忠震ただなり(1818-1861)です。*2

(そういえばなんか指さしていますね。何を指さしていたのかな?)

「歴史資料館」では、長篠の戦い」、「火縄銃のコレクション」、「岩瀬忠震コーナー」などを見ることができます。

f:id:butuyokuko:20201002044657p:plain

1573年、信玄が攻めた三河野田城」の模型

信玄はこの野田城を攻め落とした後、喀血して発病。数か月後、53歳で亡くなっています(喀血から死までが早いので、末期の胃がん食道がんだったのでは?と言われています)

f:id:butuyokuko:20201002044703p:plain

「南無諏訪大明神」の合標あいじるし

敵味方を識別する「印」ということです。‥そういえば、武田勝頼は、最初、諏訪氏を継ぎ、諏訪勝頼」となのっていました。4男で、他家に出され、武田の家督を継ぐ予定ではなかったのだそうです。だから、武田家をうまくまとめれないこともあった、という話も…。

さて、館の屋上からは、古戦場が一望できます。

f:id:butuyokuko:20201008161227p:plain

赤丸が「織田軍」の陣地。白く見えるのが「馬防柵」。奥の山は雁峯山がんぼうさんの山並

 手前の台地のもこもこした茂み武田軍の陣地です。織田軍と相当近いです。目視で数百mくらい(⁉)にみえます(近い、近すぎる)。

f:id:butuyokuko:20201002044743p:plain

復元された「馬防柵」

f:id:butuyokuko:20201008161221p:plain

青丸は「徳川軍」の陣地

こちらも手前の茂みが武田軍の陣地になります。

 

「後編」は、「馬防柵」や「決戦地」の写真を載せたいなぁ、と思っています。

 …ということで、以上、 長篠の戦い』①でした。ではまた!

butuyokuko.hatenablog.com

*1:「信玄塚」という名前だが、信玄の墓ではない。

*2:旗本、幕臣、外交官。幕末に「日米修好通商条約」を結んだ1人。