物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

『高所恐怖症』克服中【年々ひどくなる】【橋や歩道橋が渡れない】【山道に足がすくむ】【慣れるしかないというけれど‥】

『高所恐怖症(または癖)で悩んでいる方、いないでしょうか?‥という私もその1人です。小さい頃からその気はあったものの、年々ひどくなり、『橋』や『歩道橋』すら怖くて渡れなくなってきました。私の症例と若干の解決法を書いていきます。

小さい頃から苦手意識はあった

 

小学生の頃は、『高さ』に対して苦手意識はあったものの今ほどではありませんでした。

ジャングルジムの上が苦手。遊園地の『ジェットコースター』『ゴンドラ』も苦手でした(なので、あまり乗らないようにしていました)。

でも、当時は『名古屋TV塔』の外階段を登ることもできました。今ではもう信じられないことですが‥。

f:id:butuyokuko:20201025100538j:plain

赤い円部分の「外階段」を登ることができた。

Tomio344456/Link

大人になって

 

(人より)苦手意識はありましたが、『高い』から怖いので止めようとかはなく、足がすくむとかドキドキすることはあっても、まだどうにかなっていました(若かったせい?)。この後出てくる『歩道橋』『橋』『片側が崖の山道』もとりあえず大丈夫でした。

f:id:butuyokuko:20201025105303j:plain

『谷瀬の吊り橋』奈良県吉野郡)にも行こうとしていたくらい苦手意識は

今より薄かった Nkns - Nkns /Link

登山の真似事をしていたのもこの頃で、『立山』(富山県)に登れたことに気をよくし、『富士山』にもいつかは登りたいなぁと考えていました。

(「アルプス」のような足場の悪い・険しい山は、自分にはムリだなと早くから諦めていましたが‥)

 

ここ数年で悪化

 

こうしてみるとずっと「その気」はあったのですが、それが突然悪化したという感じです。今までは何とかなっていた『歩道橋』『橋』片側が崖の山道』にも、もの凄い恐怖を感じるようになりました。

こうした『高さ』のある場所に行くと、「橋が裂けて落ちる」「山の麓まで転がって落ちていく」「頭をうって死ぬ」という妙な想像をしてしまい、心臓がバクバク。手に汗が出てきて、もう怖くて怖くて、立ってはいられなくなるのです。

怖い怖い、という気持ちが体に影響を与えるのか、腰が抜け(?)、まっすぐ歩くこともできず、バランスを取れなくなります。

 例えば『歩道橋』ですが、『高さ』に加えて下を通り抜ける車がビュンビュンしているのがまた怖いのです(特にトラックやダンプ)。『橋』の下を流れる『にも「動き」があって恐怖を感じてしまいます

そんなに怖いなら行かなきゃいいのに、という意見もあるかと思いますが、あちこちとでかけることは楽しみなので、それは継続したいのです。

そうして行ってみると、やっぱり『橋』だの歩道橋だのが出てきて、(うわぁ‥)と思うわけです。

『橋』や歩道橋はショートカットなので、ここで渡らないと大変な迂回になることが多いです。回りを見渡して、下から行ける道があれば、遠回りでもそちらを選ぶことも多かったりします。

 

『濃尾大橋』が怖すぎる

 

先日、木曽川にかかる『濃尾のうび大橋』(777m)を渡る機会がありました。「美濃路」を歩いている途中だったので、どうしてもここで渡る必要があります。

f:id:butuyokuko:20201025100922j:plain

横から見ても、ものすごく長い『濃尾大橋』

f:id:butuyokuko:20201025100946j:plain

『濃尾大橋』 Alpsdake  /Link

過去に私は何回か渡ったはずです。でも今は‥。

橋の『高さと長さ』。橋を渡っていく車も怖いのです。対岸はものすごく遠くて、数m歩いただけで「あぁムリだ」と思い、引き返してしまいした。

でも「ここで渡らないとまるで意味がなくなる」とも思い、橋のたもとで10秒くらい、岸の方を向いて目をつぶりました

『高所恐怖症』であっても、10分くらいじっとしていることで『高さ』に慣れます

(以前、山の中でやっていたのですが、『高度』を感じて進退きわまったら、とりあえず動かず、そこでしばらくじっとしているのがいいのです。すると本当に少し落ち着いてきます)

でも、こんな橋のたもとに10分も立たれたら邪魔だし、不審に思われてしまいます。

全く「恐怖」に慣れないまま、風景は一切見ず、対岸の到着点一点だけ見て、時々目をつぶりながら、歩くことにしました。

その間も「橋がぱっくり割れて落ちていく、ものすごい恐怖」が繰り返し襲い、心臓がバクバクし、まっすぐ歩けない、恐慌状態でした。

この時、対岸から行き違った人が3人いたのですが、彼らが漕ぐ自転車が私の目には希望の灯のように見えていました。

(「橋の上を自転車で渡れるなんて、なんてすごい人なんだ‥」という尊敬の眼まなこでみていたことを彼らは知らないでしょう)

あまりに怖いので、「お父さん」と念仏のようにつぶやいてみます。

(「お父さん」じゃなくても「神様」でも何でもいいのですが、父は『高さ』に動じなさそうだと思ったのでこれになりました)

「ブツブツ効果」は少しはあるようで、今度『橋』を渡る時には使えるかもしれません。*1

そんなわけで、全く生きた心地がしないまま、『濃尾大橋』をなんとか渡ることができました。しかし、決して克服できたわけではありません。

ちなみに、この木曽三川きそさんせん木曽川長良川揖斐川)にかかる橋は、どれも長大で、ここ数年は死ぬ気で渡っています。

f:id:butuyokuko:20201025100838j:plain

『長良ながら大橋』(384m。長良川にかかる)

Monami /Link 

f:id:butuyokuko:20201025100929j:plain

『揖斐いび大橋』(384m。揖斐川にかかる)

Alpsdake /Link

木曽三川ではありませんが、半田市高浜市の『衣浦きぬうら大橋』も長大で、交通量も多く、半死半生の態で渡りました。

f:id:butuyokuko:20201025100938j:plain

『衣浦きぬうら大橋』(約410m)

Jihara19 /Link

最後に

 

『高所恐怖症(また癖)』の克服には、「慣れる」ことと書いてあります。

高い場所に繰り返し慣れさせることで(『ボルダリング』などもおすすめ?)、脳が「ここは安全なんだ」と認識する、というのです。

確かに、ありえない想像(橋が落ちるなど)をして、私は勝手に怖がっているだけなのです。

飛行機』が怖いという話もよく耳にします(私は意外に『飛行機』は大丈夫なのですが‥)。これも『想像恐怖』で、ほとんど起こらない状況を想像して怖がっているのです。

これを言い出すと、本当は外にも行けなくなってしまうのですが‥。「車に引かれるかもしれない」「隕石が落ちてくるかもしれない」「暴漢に襲われるかもしれない」‥。

なので、「何も考えない」「バカになる」必要があるかなと思うのですが、一度そういう『想像恐怖脳』になってしまうと、なかなか難しいです。

以前、『私は体重2kg(だから橋は落ちない)』『私はバカです(だから余計なことを考えず橋が渡れる)』と唱えながら、「歩道橋」を渡るやり方を試していました。

でも、「体重2kgじゃないし」「バカとかバカじゃないとか関係なく、橋が落ちる時は落ちるだろう」と、頭をからにすることも、思い込むことも出来ず、うまくいきませんでした。

 現在、何かいい解決法はないのだろうかと『高所恐怖症』について書かれたサイトを見に行ったりしてはいるのですが、まだこれという解決法にいきあたっていません(書いてる人も、そもそも『高所恐怖症』ではない気がします)。

また、『高所恐怖症』についての体験談を書いてる方も少ないなぁ、と感じていたので、今回の「ブログ」となりました。

「これさえやれば‥」という解決案を提示できるといいのですが、また探して効果があったものは上げていきたい、と考えています。

‥ということで、『高所恐怖症・克服中【年々ひどくなる】【橋や歩道橋が渡れない】』でした!以上です、ではまた!

 

付録 『敗退の記録』

どうしても、渡れなかった『橋』などもあります。載せてみました。

f:id:butuyokuko:20201025100603j:plain

『桃介橋ももすけばし』(247m。長野県南木曽町なぎそちょう

Qurren /Link

2019年敗退

f:id:butuyokuko:20201025100842j:plain

『こまくさ橋』(146m。長野県上伊那郡駒ヶ根市

f:id:butuyokuko:20201025100847j:plain

同じく『こまくさ橋』

2018年敗退。途中まで渡り、震える手で「写真」をとっています。渡り切る絶対的な必要性はなかったため、橋の途中で逃げ帰りました。

(これ以上、『敗退記録』を増やさないようにしたいのですが‥)

*1:そういえば登山中、「難所」に出くわした際、『大丈夫』と繰り返しつぶやいていますが、これも一定の効果があります。