物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

『角度について私が知っている2、3の事柄~いろいろな角度』②『富士山』『ピラミッドの角度』『石垣』『とんがりコーン』

前回ブログ『角度について私が知っている2、3の事柄~いろいろな角度』①の続きになります。今回は、『富士山の角度』『ピラミッドの角度』『とんがりコーン・カラーコーン』『摩擦角』などを取り上げます。

butuyokuko.hatenablog.com

⑧絵で見る『富士山の角度』と実際の角度

 

どこで読んだか分からないのですが‥、「富士山の絵」を実物を見ずに書いてもらうと、実際より高くシュッとした富士山を描く傾向にある、というものでした。確かに実際の『富士山』って裾野を引いた、どっしりとした山容をしていますもんね!

f:id:butuyokuko:20200926014617p:plain

実際の『富士山』 Alpsdake /Link

太宰治富嶽百景の中で、「広重・文晁の富士山は、84-85°位の頂角」「北斎30°位」。でも、実際の富士山は、東西は124°、南北は117°であると書いています。

富士の頂角、広重の富士は八十五度、文晁の富士も八十四度くらゐ、けれども、陸軍の実測図によつて東西及南北に断面図を作つてみると、東西縦断は頂角、百二十四度となり、南北は百十七度である。広重、文晁に限らず、たいていの絵の富士は、鋭角である。いただきが、細く、高く、華奢である。北斎にいたつては、その頂角、ほとんど三十度くらゐ、エッフェル鉄塔のやうな富士をさへ描いてゐる。けれども、実際の富士は、鈍角も鈍角、のろくさと拡がり、東西、百二十四度、南北は百十七度、決して、秀抜の、すらと高い山ではない。

引用:太宰治富嶽百景』より

富士山の『頂角』を考えたことはないのですが、こうした絵画との指摘をみると面白いなぁ、と思います。

f:id:butuyokuko:20200926014628p:plain

確かに北斎の「富士山」は鋭角です  /Link

 

⑨『ピラミッド』の勾配

 

ピラミッドといえば、ギザの『クフ王の大ピラミッド(BC2560年)が有名ですね。

 その勾配は「51°」(底辺は各辺230m。高さ146m)

f:id:butuyokuko:20200926014609p:plain

クフ王のピラミッド』 Nina -/Link

もう1つ、有名な『屈折ピラミッド』(BC2600年頃)というものがあります。

f:id:butuyokuko:20200926014604p:plain

『屈折ピラミッド』 Link 

これは、途中で勾配を変えてしまったピラミッドで、「54°→43°」に変更しています。勾配変更の理由は諸説あるようですが、

▢ 勾配が急で崩れる危険があるため、角度を途中で変えた?

▢ 建造中に王が病気になり、完成を急ぐ目的で高さの目標を下げた、などなど。

変更の理由がとても気になりますね。

 

最後にもう1つ。クフ王の父が建造した『赤いピラミッド』(BC2590年 – BC2570年頃)。勾配は「43°」。(高さ104m。底辺218.5×221.5m)

f:id:butuyokuko:20200926043808j:plain

赤いピラミッド』  Ivrienenさん /Link

このピラミッドは、壁面が二等辺三角になった方錐形のピラミッド(一般的なピラミッドのイメージ)の初出ということです。

それ以前は「階段型」であったり、「屈折」にしたり、崩壊したりの試行錯誤の時期があり、ここから「真正ピラミッド」と呼ばれる(私たちのイメージする)「ピラミッド」が作られていくのだそうです。

f:id:butuyokuko:20200926014621p:plain

『赤ピラミッド』の平面図と立体図 MONNIER Franck /Link

古い順に並べると①から③の順番となり、40年ほどの期間です。

① 『屈折ピラミッド』(54°→43°)

(この時期、「51°」のピラミッド崩壊。『崩壊ピラミッド』と呼ばれる)

② 『赤ピラミッド』(43°)

③ クフ王のピラミッド』(51°)

‥いやぁ、当時の技術者に紆余曲折の苦労話を聞いてみたいですね!

 

 さて、『ピラミッド』について書いたので、日本の中世からの『石垣』についても。

日本の石垣は、初期の頃は「垂直」に近かったようなのですが、これでは崩れやすいため、勾配を持たせるようになりました。

石垣の完成形は、お城建築のラッシュだった慶長頃(1596-1615)のようです。

完成形の石垣の「勾配」には一定のやり方があるようで、石垣構築の技術書が現在にも伝わります。*1

f:id:butuyokuko:20200926043415j:plain

犬山城』(1537築城)の勾配 直線の勾配

角度はそれぞれのようで、初期の頃は「反り」の無い直線の勾配です。

「完成形の石垣」になると、石垣の⅓位まで直線。上にいくにつれて『反り』を持ち始めます。

f:id:butuyokuko:20200926043419j:plain

大阪城』の「反り」のある石垣(1620-29改修)

(こんなに反って威厳があっては、石垣を見ただけで攻略を諦めてしまいす)

 

⑩『カラーコーン(パイロン)』と『とんがりコーン

 

ちょっと似てるかなと思って取り上げてみましたが、あんまり似てなかった?

両方とも頂角20-30°くらいでしょうか。

f:id:butuyokuko:20200926043410j:plain

『カラーコーン』  I, Katorisi, /Link

f:id:butuyokuko:20200926043355j:plain

とんがりコーン』 Link

とんがりコーン』は、つぶれた円錐形をし、箱は六角柱形という、面白い形状をしています。おいしくて、かたちも愉しめるお菓子です。

 

⑪『摩擦角』

 

斜面の傾きを大きくしてくと、坂の上にある物体が滑り始めます。その角度のこと(青色の角度)を指します。

f:id:butuyokuko:20200926050859p:plain

「力のベクトルの図」(N:垂直抗力 W:重力 F:摩擦力)

SlaveOfExamさん /Link 

f:id:butuyokuko:20200926043424j:plain

Free-PhotosによるPixabayからの画像

 (下山が苦手なのですが‥、もっと「摩擦力」を信じてみようかな?)

 

 ‥ということで、以上!『角度について私が知っている2、3の事柄~いろいろな角度』②でした!ではまた!