物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

織田家発祥の地『剣神社』へいってきました。(福井県越前町織田)

福井県丹生郡越前町織田にある『剣つるぎ神社』に行ってきました。ここ、織田信長のご先祖サマが住んでいた場所です。地名もズバリ「織田」*1。ただし、「おた」と濁らず発音するのだそうです。

[http://:title]

f:id:butuyokuko:20200905093055p:plain

町を護る(?)「織田信長像」

越前国二の宮「剣神社」

 

織田氏はもともと、織田荘の荘官で剣神社の神官という家柄だったそうです。応永年間(1394-1427)に「常昌」*2という人物が、斯波氏(当時の越前守護)にスカウトされ、家臣に。そして尾張に派遣され住みついたのが、尾張織田家」の始まりといわれます(『剣神社』の由緒書より)

f:id:butuyokuko:20200905093047p:plain

立派な社叢。神社の東側のこの道は旧道です。

f:id:butuyokuko:20200905093040p:plain

「剣神社」の東の鳥居

f:id:butuyokuko:20200905093016p:plain

境内の石碑

f:id:butuyokuko:20200905093008p:plain

拝殿

f:id:butuyokuko:20200905093001p:plain

本殿

見たかったものの1つがこの本殿です。『織田造り』という独特の屋根をもっています。正面の千鳥破風のすぐ下に唐破風がつくクセのあるかたちです(拝殿に隠れて、これ以上見ることができないのが悲しい‥)

f:id:butuyokuko:20200905092913p:plain

説明板

『織田造り』は越前独特の形式だそうで、一番有名なのは「織田」の近くにある「大滝神社」のそれです。

f:id:butuyokuko:20200905133435p:plain

大滝神社(越前市大滝町)1843建立

これすごいなぁ。後ろの本殿、手前の拝殿。2つが合体し、屋根も「千鳥破風ー唐破風ー千鳥破風ー唐破風」という1つの屋根になっています。なんか生き物みたいですね。

f:id:butuyokuko:20200905093023p:plain

今でも広い社叢ですが、もっと広がっていたようです。

f:id:butuyokuko:20200905093030p:plain

本殿の裏

本殿の北側には『織田文化歴史館』があり、「織田の歴史」の展示を見ることができます。織田文化歴史館|越前町 織田文化歴史館

 

「織田」のお土産

 

① 『剣神社』の御朱印

f:id:butuyokuko:20200905092814p:plain

織田木瓜がうれしい。時節柄か、書おきのみでした。

② 『織田文化歴史館』のパンフ

f:id:butuyokuko:20200905092844p:plain

館の総合パンフといった感じ。わかりやすい内容。1200円

このパンフ以外にも、企画展のパンフや各種出版物があり、サイトで見て注文することができます。

福井の建物と『越前瓦』の面白さ

 

福井に行くと、サンルーム・テラス*3のある家ガラス覆いの神社やお家などをよく見かけます。

年間降水量が多く、曇りや雪の日が多いので、こうしたかたちになるようなのですが、珍しいので一軒一軒みてしまいます。

今回、「織田」に行った際、目についたのはこちら。

f:id:butuyokuko:20200905093207p:plain

立派な「装飾瓦」

1階と2階の間の部分に、ふち飾りのように「装飾瓦」を入れています。豪華なものは竜とか鯉とか彫刻が入ります。

ものは「越前瓦」で、魔除けや縁起物の鬼瓦的なものらしいですが、この飾りをもつお家が「織田」に多くて、ちょっとびっくりしました。

f:id:butuyokuko:20200905093214p:plain

赤のなみなみの装飾瓦

多かったのは、彫刻より簡素な赤の装飾瓦を入れているお家(「七宝つなぎ」のデザインなどよくみかけた)。

これとても面白かったです。最初はぼんやり見てたのですが、「あれ?この家も?この家も?」と動揺してしまいました。こういう、地区の風習みたいなのいいですね。

被写体にうってつけのいい素材です(写真集があったら買いたいくらい)。

 ‥と、福井での楽しみがまた1つ増えたことを喜びつつ、以上、「織田」の旅でした!ではまたー。

*1:もともとは「おりた」と呼んだそうです。おりた→おた

*2:「将広」とも。出典:『織田文化歴史館』のパンフより

*3:天候を気にせず、洗濯物を干せるガラスばりの部屋。