物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

深海魚「メヒカリ(アオメエソ)」の唐揚げを作ってみたら、おいしかった!(サルサソースがけ)

先日、イオンで「メヒカリ三河湾産)を売っているのをみつけました。深海魚とは書かれていないので、以前だったら気づかずスルーしていたことでしょう。

しかしこれは今年、蒲郡がまごおりで食べ逃した深海魚、ということに気がつき、買って食べてみることにしました。

 f:id:butuyokuko:20200805053244p:plain

 メヒカリ Jordan, David Starr/パブリック・ドメイン, Link

メヒカリを食べる

 

数日冷凍した後、「よし、唐揚げをつくろう!」とやる気になったところで解凍し、調理をしていきます。

f:id:butuyokuko:20200805053028p:plain

1パック400円位。サイズは7~8cmほど。

すでに頭が切り落とされ、内臓も洗われ、ウロコも取られている状態だったので、粉をつけてあげるだけでした(調理も要らなかった!)

顔をちょっと見てみたかった。大きな目なんでしょ?

f:id:butuyokuko:20200805053035p:plain

唐揚げ

残念ながら、私は揚げたてを食べなかったのですが、旦那さんいわく「お芋みたい。ホクホクしている」とのことでした。お芋

①回目にあげたのはすぐに食べられてしまったので、わりと美味しかったようです。翌日、残ったのにサルサソースをかけて食べてみました。

f:id:butuyokuko:20200805053048p:plain

サルサソースの下にちょっぴりみえるのがメヒカリ

f:id:butuyokuko:20200805053041p:plain

何回か食べる。メヒカリよりももう「サルサ」がメインの料理に*1

感想

 

おいしい!メヒカリ自体は、あっさりしたくせのない白身魚な味で、骨も無く、生ぐささも無く、たべやすい魚ということが分かりました。

わかさぎフライみたいな雑味があるタイプ想像していましたが。

 

「メヒカリ」(目光)は、水深200-600mにいる深海魚で、おすすめの食べ方は、やはり、唐揚げ・天ぷらとのこと。南蛮漬けがいいかもと思ったり。

「食味としては身の柔らかさと脂の強さが特徴で、味の良さと流通量の少なさから、かつては高級魚に含まれることもあった」

引用:wikipediaアオメエソ

確かにやわらかかった。脂の強さはそんなにわからなかったけど。

食べてみて、なかなか美味しい魚ということがわかりました!

 

 最後に

 

料理は得意ではないし、乗り気でもないのですが、そんな私もこうした珍しい食材、珍しい料理を作る時だけ、やっとテンションがあがります。

一瞬、光明のように料理を楽しくしてくれたメヒカリに感謝しつつ、

深海魚・メヒカリの唐揚げを作ってみたら、おいしかった!」でした!以上です。ではまた!

*1:サルサソースは、トマト・玉ねぎ・にんじん・その他野菜をフードプロセッサーで細かくし、塩コショウ、ライム、タバスコ、コリアンダーハラペーニョ、味の素、コンソメなどで適当に調整、一晩おいたものを使っています。