物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

『カステラ』(松浦軒本店)と『銘酒 女城主』(岩村醸造)【岩村町のお土産】と「明智鉄道」

前回ブログの岩村町』のお土産について書いていきます。岩村といえば、カステラ「女城主」(日本酒)の2強ですが‥。他に、明智鉄道」の「極楽駅行」のキップ岩村城「御城印」、「パンフレット」などをのせました!butuyokuko.hatenablog.com

① 「カステラ」(『松浦軒本店』)

f:id:butuyokuko:20200908073939p:plain

『松浦軒』さんの立派な店舗

岩村には他にもカステラ屋さんがあるのですが)、やはり歴史の古い松浦軒本店』(創業1796年)さんが有名です

お店のサイトによれば、「江戸時代、長崎に伝わったポルトガル伝来のカステーラの製法を守ってます」とのこと。

今のカステラって、すごく甘くて、角のきちんとしたきれいな形だったりしますが、『松浦軒』さんのは手作り感があって、フーカフーカしてて食感が違います

味も形も素ぼくで、「カステラって最初こうだったのかな?」と、昔のカステラを想像させてくれます。

「松浦軒本店」さんの情報

 

営業時間:8:30-p7  定休日:なし

住所:恵那市岩村町本町3-246

カステラは1本530円です。

② 『女城主』(岩村醸造

 

「松浦軒」さんの向かいに建つのが岩村醸造さんです(創業1787年)。

f:id:butuyokuko:20200908073946p:plain

こちらも立派な『岩村醸造』さん。庵看板が目立ちます。

中では販売はもちろん、試飲や中庭・酒蔵の見学をさせてもらえます。

女城主 岐阜 地酒 人気(←サイトに飛びます)

営業時間:8-17時 定休日:なし(元旦のみ)

 

‥ということで買ってきたものですが‥。

f:id:butuyokuko:20200908074010p:plain

真ん中「カステラ」。左右に「女城主」が2本。

カステラがとっても美味しそうな色をしています。

『女城主』は、お姫様のボトルのデザインがかわいいです。*1

(『女城主』ですが、美味しくて、あっというまに2本とも飲んでしまいました)

 

明智鉄道』

f:id:butuyokuko:20200908073855p:plain

行き違いまちの電車(全線単線。「岩村駅」でのみ行き違い)

明智鉄道』は、「恵那」駅岐阜県から「明智」駅を結ぶ、1時間に1本くらいのローカル線(ワンマンカー)です。

[http://:title]

1日のお客さんは数百人くらい?(それも、年々減少しているみたいです)

(私が乗った時もお客さんは5人くらいだったでしょうか。「将来乗れなくなるのでは?」という、すごい危機感なのですが‥)

f:id:butuyokuko:20200908074002p:plain

「光秀電車」も走る。おめでとう!492歳‼

 『明智鉄道』の車窓は、山中の集落から集落へと走る田舎らしい風景です。

ウトウトしていると変わった名前の駅に着きました。「ご、極楽」?

 

降りてみたい!『極楽駅

f:id:butuyokuko:20200908073841p:plain

いつかお世話になります(?)

 驚いてホーム見ると派手な赤い待合室が建っています。調べてみると、2019年末にリュニューアルしたばかりの建物でした。

f:id:butuyokuko:20200908073848p:plain

赤い待合と金の雲の「極楽駅

待合の横の「金色の雲のイス」。記念撮影してインスタにあげたりするのでしょう。

ちなみに、待合の中には金の仏様がみえました。

 珍しい「極楽駅」の名前は、2008年開駅する時に公募で決めたのだそうです。

近くの字の名と、これまた近くにあった極楽寺(鎌倉~南北朝時代)というお寺からつけられたということでした。

 

③ 『極楽』行の切符と「岩村城」のパンフ

f:id:butuyokuko:20200908074042p:plain

「極楽」行キップと「岩村城」のパンフ

明智鉄道グッズは、恵那駅明智駅で買うことができます。私も「極楽行の切符」を買いました。

岩村城」のパンフレット(1冊300円)は、岩村歴史資料館」などで買うことができます。岩村城の歴史、岩村藩岩村の城下町について解説されています。

 

④ 「岩村城跡」の『御城印』

f:id:butuyokuko:20200908074034p:plain

(手前)「岩村城跡」の御城印 (奥)「明智城跡」の御城印など

もらえる場所は、まち並みふれあいの館(岩村町本通り・恵那市観光協会岩村支部)、岩村山荘などです。

 

‥ということで、岩村町のお土産と「明智鉄道』でした!以上です!ではまた。

*1:「女城主」の名は、戦国時代、岩村城の女城主だった「おつやの方」に由来しています。