物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

「鳳来寺山」【1425段の石段が素晴らしい】【「鏡岩」をはじめ巨岩ゴロゴロのお山】【ブッポウソーと鳴くのは?】(愛知県新城市)

11月初旬、「鳳来寺山ほうらいじさん」へ行ってきました。奥三河のこの場所、愛知県民でも行ったことないという人もきっといるでしょう。

巨岩ゴロゴロの修験場であった鳳来寺山には1425段の石段と、幕府に庇護された「鳳来寺」「東照宮」などがあります。

[http://:title]

JRを下車し、バスで鳳来寺へ。車窓の風景は、もう長野ぽい感じ(愛知と長野は隣県)

 

①参道入口と「観来館」

 

f:id:butuyokuko:20211107133943j:plain

昔の「鳳来寺駅」前 ここから、参道が山へと続く

f:id:butuyokuko:20211107133940j:plain

昭和43年までは鉄道があった

f:id:butuyokuko:20211107133937j:plain

参道入り口にある「奥平仙千代丸の墓」

おっ、こんなところにお墓。

長篠の戦い(1575)の際、徳川に味方したため、磔刑にされた奥平おくだいら仙千代丸(13)の宝篋印塔ほうきょういんとうがありました。*1

また、お墓向かいの観来館では、最盛期の鳳来寺ジオラマなどを見ることができ、参考になります。

観来館みにこんかん

鳳来寺山の観光案内所。歴史などの展示や登山ルートについても親切に教えてもらえる。

手作り土産なども販売中。

【営業時間】10時-16時(12-3月は15時まで) 

【休館日】火曜(12月-3月は月も休み)

f:id:butuyokuko:20211107133853j:plain

右上の巨岩が「鏡岩かがみいわ」で、鳳来寺はその直下

f:id:butuyokuko:20211107133856j:plain

江戸時代には旅籠50軒。芝居小屋まであり、たいへん繁盛した場所であったとか

さて、’みにこんかん’を出て、参道をひたすら歩きます。

ここから、石段を上るコースだと1時間30分位はみておきたい。

f:id:butuyokuko:20211107133859j:plain

参道奥にみえるのが鳳来寺山 風情のある山容

f:id:butuyokuko:20211107133902j:plain

参道には古い建物・社などが見られ、歴史を感じる

参道には、いくつかの彫像が置かれているのですが、

f:id:butuyokuko:20211107133906j:plain

若山牧水像 体の中にあるのは酒びんか?

一瞬、宮沢賢治かと思いました。*2

この側には松尾芭蕉などもあり、また、鳳来寺のお堂には種田山頭火たねださんとうかの扁額も。

江戸~大正に渡って、文人が参詣した場所だったんだなぁとしみじみ。

山頭火、牧水ともに旅と酒を愛した俳人歌人で、個人的にはとても親近感。

牧水は「仏法僧」について、*3 芭蕉は、鳳来寺参詣が寒くて大変こたえたらしく、寒さを感じる俳句を、山頭火は一番楽しげな俳句をそれぞれ詠んでいます。

そして、1.2kmほどの参道を歩くと1425段の石段がいよいよ始まります。

f:id:butuyokuko:20211107134010p:plain

石段入り口

② 1425段の石段がすごい(伝・源頼朝の寄進)

 

f:id:butuyokuko:20211107133953j:plain

すばらしい風格のある石段が続きます

わゎ、愛知にこんなところが?

熊野古道の写真です」といっても通りそう。

f:id:butuyokuko:20211107133909j:plain

巨岩ゴロゴロ

f:id:butuyokuko:20211107134017p:plain

大きな岩に目を奪われる

f:id:butuyokuko:20211107133913j:plain

行者石像

鳳来寺は寺伝によれば、702年(大宝2)利修りしゅう仙人による開山と伝わります。

この利修仙人、309歳まで生き3匹の鬼を従え鳳凰に乗って空を飛んだといわれ、まるで奈良の「役行者えんのぎょうじゃ」に似たエピソードの持ち主。*4

また、鳳来寺のご本尊は薬師如来ですが、古いお寺のご本尊は薬師であることが多かったりするので、そうしたことにも歴史の古さを感じます。

f:id:butuyokuko:20211107133949j:plain

樹齢800年の傘杉(高さ60m) 樹勢が少し弱っているのでそっと通りすぎる

f:id:butuyokuko:20211107133933j:plain

上に登るにつれ、石段の幅が狭く、傾斜のきついところが出てくる(怖い!)

f:id:butuyokuko:20211107133916j:plain

途中にたくさんある、かっての「僧房」の跡

これら「院」は今は跡地なのですが、決まって背後の崖が崩れていたりと、山の中に暮らすのも楽じゃないなぁと思ったり。

小1時間かけて石段を登りきると鳳来寺。そして鏡岩を望むことができます。

f:id:butuyokuko:20211107133920j:plain

鳳来寺からの眺め

f:id:butuyokuko:20211107133923j:plain

鳳来寺本堂

f:id:butuyokuko:20211107133926j:plain

本堂と背後の鏡岩

鳳来寺が古来から信仰されたのは、この鏡岩の威容が大きいはずで、高さ70m・幅250mで、本体は松脂岩しょうしがん化した流紋岩*5といいます。

「松脂岩」という名前は、松ヤニのような光沢があることからで、ガラス質成分を含むのだそうです。この辺りはこの松脂岩の産出地で、全国的に珍しいという話。

f:id:butuyokuko:20211107133930j:plain

本堂の隣りにある「東照宮

鳳来寺まで来ると人が増えます。これは山頂付近に駐車場があり、そこで降りて参拝する人が多いから(小1時間かけて、急な石段を登る人は少数派)

紅葉は例年11月20日過ぎということでまだ早かったのですが、 鳳来寺の美しい自然を求めて参拝する人が多くみられました。

この「東照宮」や本堂から山頂(684m)へアタックすることもできるのですが、少しだけ危ない場所もあると聞いていたので、無理はしないことに。

もともと修験道のお山なので、厳しいところもあるかもねー。

 

重要文化財東照宮

 

3代将軍家光寄進の「本殿」「拝殿」「仁王門」などが重文指定で、色彩もよく残り、綺麗に保たれています。

f:id:butuyokuko:20211107134006p:plain

石段の途中にある「仁王門」(保存もいい)

もともと、家康の母・於大おだいの方(1528-1602)の尊崇が厚く、 「鳳来寺参籠の結果家康を授かった」という故事があり、これに感激した家光が伽藍を整備し、「東照宮」を造営したしだい(1651年落成)

また江戸時代は、東照宮を参拝できる通行手形を持っている人のみが参拝できたそうで、「手形」の無いほとんどの人は東照宮下の石段から、東照宮を想像しつつ遥拝したとのだとか。

現代に生まれてよかった(ほっ)。

 

④ 「東照宮」のお守り・お土産

 

f:id:butuyokuko:20211107134002j:plain
f:id:butuyokuko:20211107133956j:plain
(左)安産祈願のお守り (右)子孫繁栄のお守り

さて、これらの寅のモチーフは何なのか?というと、「童子という家康にちなんだ起き上がり小法師の玩具(昭和30年頃~)からきています。*6 

ひょうきんな顔が可愛い。

f:id:butuyokuko:20211107143222j:plain

童子 引用:「三遠南信地域の徳川家康ゆかりの特産品」より

f:id:butuyokuko:20211107134021j:plain

ご神木入りの、高雅な雰囲気の「木霊守こだままもり」

f:id:butuyokuko:20211107134027j:plain

吊るし雛をモチーフにしたマスコット(1つ350円・観来館)

吊るし雛は、まるで中世のお姫様の玩具みたいにも思える。

f:id:butuyokuko:20211107133946j:plain

蜂の絵のインパクトがすごい「酒まんじゅう」

f:id:butuyokuko:20211107133959j:plain

酒の風味がグワーっとくる美味しい酒まんじゅう

この「酒まんじゅう」の蔵元・森山酒造さんは、元禄年間創業で、作られるお酒・蜂龍盃はなかなか入手しにくいものであるようです。

f:id:butuyokuko:20211107134024j:plain

横山良哲『愛知県の中央構造線

上は、鳳来寺自然科学博物館で買える1冊。中央構造線の話や、鉱物愛にあふれた1冊。一気に読める。

 鳳来寺自然科学博物館 

【営業時間】9-17時 【休館日】火曜日 

【入館料】大人220円

鳳来寺参道にあって一見すると地味な博物館。

・しかし、コノハズクや、特に地質、鉱物・化石、中央構造線の展示が素晴らしい。

・もともとこの辺りは、地質・鉱物が豊かで鉱物マニアにはたまらない場所という。

 

最後に

 

というわけで、岩がポイント鳳来寺山でしたが、他にも東照宮紅葉仏法僧登山と、みどころたくさんの山で、行ってみないと良さは分からないものだなぁと特に思った『鳳来寺山』でした。

ということで、今回は以上です。ではまた!

*1:武田の人質だった。後、徳川についた奥平氏に激怒した武田勝頼により、鳳来寺山麓で処刑。

*2:この向かいは、鉱物展示などが充実した「鳳来寺自然科学博物館」があるので。

*3:コノハズクの鳴き声で、「ブッポウソー」と聞こえることより。鳳来寺山は昔から、コノハズクの鳴き声がよく聞かれたらしい。愛知の県鳥に指定されている。

*4:7Cの伝説的山岳修験者。前鬼・後鬼を従え、空も飛べた。

*5:火山岩の1種。

*6:家康は寅年・寅の日・寅の刻に生まれたという伝説がある。