物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

国宝「観音堂」(虎渓山 永保寺)が、鎌倉の国宝のあれに似ていて驚いた。そして、土岐川で石探し(岐阜県多治見市)

3月に歩いた多治見たじみの町について書いています。虎渓山永保寺こけいざんえいほじという円覚寺舎利殿鎌倉市)にとてもよく似た国宝のお堂を見に行っています。また、その帰りみち、多治見の土岐川ときがわ石探し(めのうや珪化木探し)をしました。

[http://:title]

 JR多治見駅の北側に虎渓公園という、町を一望できる見晴らしの良い公園があります。まず、そこからスタートします。

①虎渓公園から、『永保寺』へ

 

f:id:butuyokuko:20210417054755p:plain

虎渓公園内の展望台

f:id:butuyokuko:20210417054748p:plain

公園から町を一望できる

少し高い場所にあるので、山に囲まれた多治見の町を一望できます。

下街道*1 を歩いてくると、春日井かすがいから峠を越えて、この多治見に入り、また一山越えて隣の土岐市ときしへと出ますが、昔のまちは、山で区切られた山に囲われた空間というのがよく分る眺望で、意外と狭いような気もするものです。

 

そして、この公園から北側がお寺の境内となり、永保寺境内へと入ることができます。

f:id:butuyokuko:20210417054803p:plain
f:id:butuyokuko:20210417054740p:plain
永保寺へ続く道(下に土岐川が流れていて良い眺め)

f:id:butuyokuko:20210417054931p:plain

岩がごつごつ(チャートの褶曲しゅうきょく?)

この道を下っていくと‥、

f:id:butuyokuko:20210417054939p:plain

見えました!永保寺

②『虎渓山 永保寺』 国宝「観音堂」と名勝庭園

 

f:id:butuyokuko:20210417054947p:plain

国宝の「観音堂」と臥竜

これは驚きです、ほれぼれするくらい立派(人が全然いないのも驚きですが‥)。水墨画の世界みたいで、ドキリとしました。

左側にある巨岩は梵鐘岩と名前がつけらています。印象的な立地を選んで、観音堂が建てられていることが分かります。

f:id:butuyokuko:20210417054824p:plain

臥竜池にかかる無限橋

お堂は、鎌倉期の禅宗。お庭は浄土式庭園と様式は違いますが、すっきりとした気持ちのいい庭園です。

f:id:butuyokuko:20210417054817p:plain

「無限橋」の中央にある四阿あずまやも印象的

無限橋の真ん中には腰掛け部分があり、そこからも眺めるお庭も素敵でした(会話もはずみそう)。

f:id:butuyokuko:20210417054853p:plain

上から見た庭の様子

f:id:butuyokuko:20210417054954p:plain

梵鐘岩からは滝が流れている

岩の上の小さなお堂が気になりますが、このお堂は「六角堂」といい、お堂の中には約1000体のお地蔵様が安置されているのだそうです。

f:id:butuyokuko:20210417054908p:plain

六角堂の解説

心願成就のために、お地蔵さまを借り受けるということでした(残念ながら、中の拝観はできませんでしたが‥)。さて、橋を渡って、観音堂にお参りします。

f:id:butuyokuko:20210417054811p:plain

国宝「観音堂」(南北朝時代1337-92)

f:id:butuyokuko:20210417054901p:plain

観音堂の解説

f:id:butuyokuko:20210417054847p:plain

建物側面

素晴らしい反りです。しゅっとしてかっこいいです。そして、鎌倉のあの円覚寺舎利殿によく似ています。

f:id:butuyokuko:20210417065246j:plain

円覚寺舎利殿

江戸村のとくぞう (Edomura no Tokuzo) , CC 表示-継承 3.0, Link

うーん、ほんとに似てる(反りと立地では、永保寺が勝ってるかな‥?)。

2つのお堂とも国宝で、同時期ですが、知名度は天と地ほどの差があるという‥。

でも、多治見で鎌倉気分が味わえる!という不思議な満足感もあり、テンションが上がります。*2

さらに、永保寺ではもう1つ、国宝建築物を見ることができます。

f:id:butuyokuko:20210417054917p:plain

同じく国宝の「開山堂」(南北朝時代)もシュツとしている

f:id:butuyokuko:20210417054924p:plain

開山堂の解説
f:id:butuyokuko:20210417054831p:plain
f:id:butuyokuko:20210417054838p:plain
立派な境内の寺務所(こちらは京都のお寺みたいな雰囲気)

そして、臥竜池から南へ行くと、土岐川がお寺の横を流れているのを見ることが出来ました。

f:id:butuyokuko:20210417055107p:plain
f:id:butuyokuko:20210417055100p:plain
境内側から土岐川をみる

この渓流沿いの景色の良さも、ここに寺が開創された理由の1つである、といいます。

 

土岐川は、この場所でググッと湾曲して、流れていきます(右上の写真のカーブがそれ)。これが渓流美となっているのですが、川がまっすぐ流れることが出来ないのは、ここの地質が堅いから。川が削ることが出来ないほどの超堅い地質ということです(途中に見た、チャートの褶曲、ゴロゴロした巨岩‥、あれはそういうことか、と気がつきました)。

 

さて、この土岐川では、めのう珪化木けいかぼく木の化石)が採れるといいます。河原に降りてみたくてうろうろしますが、ちょうどよく降りれそうなところがありません。

f:id:butuyokuko:20210417055053p:plain

対岸の河原で石を拾いたいのだけど、だめだ、溺れてしまう‥

 『虎渓山永保寺

【創建年】1313年 【宗派】臨済宗 【開創】(土岐氏の招きを受けた)夢窓疎石による(開山は元翁本元)【本尊】聖観世音菩薩

【拝観時間】随時(夜間の拝観はできない)。拝観料無料(建物内部の拝観はできないが、庭園など随時) 【住所】多治見市虎渓山町1-40

www.kokei.or.jp

土岐川で石拾い

 

‥ということで、永保寺で拾うのは諦めて、JR多治見駅の側に戻ります。

f:id:butuyokuko:20210417055114p:plain

JR多治見駅前 昭和橋の下

こうして石を拾いだして思うのは、河原で石を拾いたくても、川に降りられる場所ばかりではない、いい河原探しが結構だいじ、ということです。

f:id:butuyokuko:20210417055123p:plain
f:id:butuyokuko:20210417055038p:plain
河原で(めのうや珪化木はあるのかな?)

f:id:butuyokuko:20210417091918j:plain

アリゾナ産の珪化木

Jon Sullivan - http://pdphoto.org/PictureDetail.php?mat=pdef&pg=7983, パブリック・ドメイン, Link

上のように綺麗な珪化木が採れたらいいけど、土岐川で採れるのはもっと地味なもので、その名もずばり「土岐石」といいます。*3

緑色や茶色のものが多く、磨かずそのまま鑑賞するのが主流のようです。

磨いた小さなものを私も1つ持っていますが、暗い緑色に光る、地味なものです。

 

原石のイメージもつかめないまま、探すこと20分。うーん、‥無いかな?

でも、綺麗な石が多くて、土岐川での石探しは面白いです。

f:id:butuyokuko:20210417054726p:plain
f:id:butuyokuko:20210417054706p:plain
拾った綺麗なチャート

‥ということで、チャートばかりでした!

f:id:butuyokuko:20210417054733p:plain

(右側)小牧山(愛知県)で拾ったチャートと比較中

同じチャートでも、土岐川の方が派手で綺麗です(チャート自体好きなので、土岐石が見つからなくても、まぁいいかという感じ)。

 

おみやげ

 

f:id:butuyokuko:20210417054714p:plain
f:id:butuyokuko:20210417054720p:plain
多治見名物「たじみあられ」

駅の観光案内所やキヨスクで売られている「たじみあられ」。多治見のお土産に1つ買ってきました(200円)。昔ながらのさくさくとした軽いあられです。

 

最後に

 

‥ということで、多治見市を代表する古刹「永保寺」をお参りしてきました。

古色蒼然としつつもシャープな建築物、洗練されたお庭、こんなところが多治見にはあるんだな、とびっくりでした。

 

また、永保寺が開創された時代は、美濃守護・土岐氏の最盛期で、その土岐氏とつながりがあったこと北朝方の光明天皇(1322-80)の勅願所となったことなどが、明治まで寺勢を保ち、国宝建造物が残った理由の1つなのかな?と思うのですが、もっと調べてみたら、もっと面白いことが分かるのかもしれません。

石拾いはまた次回頑張ることとし、以上、『国宝「観音堂」が、鎌倉の国宝のアレに似ていて驚いた』でした!以上です、ではまた!

*1:したかいどう名古屋市~中仙道大井宿間。

*2:隣の土岐市の高山城跡には、鎌倉のやぐらそっくりなものがあったり、多治見~土岐市には、鎌倉を彷彿とさせるものがある。

*3:木にケイ酸がしみこみ、碧玉化したもの。不純物の多いめのうのイメージ。