物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

「あの人上品だね」の上品ってどういう意味なんだろうね?(誰でも「上品」になれる簡単なキーワードが1つある)

「あの人って上品だね」などと会話に使われる「上品」ですが、その雰囲気に対しての漠然とした印象で、根拠があいまいな言葉です。

上品にみえる何かがあるなら、それを知りたいと思うのですが、今回は「上品」についてと、上品になる方法をみていきたいと思います。 

f:id:butuyokuko:20210828084823j:plain

PexelsによるPixabayからの画像

①上品って言葉、あいまいすぎ。

 

上品とは何か?と聞かれたら、困るだろう。

思わず「品があること」と答えるが(辞書の意味もこれである)、その「品がある」だってあいまいだ。*1

一応自分なりのイメージはある。

「上品な人」という言葉は、全体の雰囲気に対して使うが、そこには手入れされた外見、相手への気づかいある行動・会話。やり方がスマートで落ち着いている、といったことが存在している。

確かに、この通りに振舞えば「上品」になれるかもしれないが、どうもふわっ、としている。

まだ漠然としているから、するのも難しい。もう少し分かりやすくはならないのか?

 

②上品な人の特徴とやらを見てみた

 

参考にしたのは下記サイトである (「上品な人」で検索すると同様のサイトが多くみつかる)。

smartlog.jp

ここには、上品な人の特徴(服装・メイク、背筋ピン、ボディメイクをする、食事マナー、言葉使い、大口開けて笑わない、字がキレイ、挨拶、整理整頓、大きな音をたてない、気配り、心遣い、立ち居振る舞い,清潔感、声量‥)が上げられていたが、何だか萎えてしまった。

14個いちいち念頭にあったら、疲れちゃうよ!もっといい方法がほかにないだろうか?

 

③上品の一部は「丁寧」である

 

ここからは、身近なところで「上品なワンピース」について考えた。

(よく検索されている言葉だから、選んだのだが。)

f:id:butuyokuko:20210828090323j:plain

Hands off my tags! Michael GaidaによるPixabayからの画像

人ではなく、もので考えてみよう

 

しっかし、上品なワンピースって、ほんと何なんだろうね?*2

そうしてあれこれ悩む中で、「丁寧」というキーワードが頭に浮かんできた。

 

あっ、これだ!上品には丁寧の要素があるはずだ!それならふだんやってることを「丁寧」にしたらどうだろうか?

◯「丁寧なメイク」(雑なメイクよりは確かに上品だ)

◯「言葉使いが丁寧」(みんながわかる上品の例である)

◯「トイレを丁寧に使う」(そりゃ品がいい)

◯「丁寧な会話をする」(感じがいい)

今までやってたことを全部「丁寧にやる」のだ。たったこれだけで、かなり上品度が増すはずだ。なぜなら、丁寧は上品の一部なのだから。

しかも、ハードルが低いのもいい。

文字だって「上手に書こう」なんて思わなくてもいいのだ。

丁寧に書こう!」で。結果、美しい文字になるし、上品に近づくはずだ。

f:id:butuyokuko:20210828073530j:plain

人よりも「上品なもの」を考えた方がわかりやすかった  EmDee , CC 表示-継承 3.0, Link

「わたし普段から丁寧です」という人ももちろんいるだろう。でも、全てのことにたいして、丁寧にできているものだろうか?自分や知り合いに対しては丁寧でも、他人には丁寧でないかもしれない。起きたばっかなんて、丁寧とか無理だし、丁寧にできてない部分はいくらでもあるはずだ。

 

④唯一、上品にできないものもある

 

と考えてきて、唯一、今さら上品にできないものがあることに気がついた。

それは、だ。

f:id:butuyokuko:20210828083851j:plain

PexelsによるPixabayからの画像 

美しい上品な手指。均整のとれた美しい骨格。気品のある

持ってる人は持ってるが、私のように持たざる人もいるだろう。

生まれつきの身体は今さらかえられない。顔・体を後から上品にというのは難しいので、結局、それ以外で補うしかないのだ。

(遺伝子段階で、顔・体の造形が丁寧に作られてるなどと言ったら、怒られそうではあるが。)

 

最後に(丁寧にやるということが上品につながる)

 

‥というわけで、「上品ってどう意味?上品になるには?」というテーマをみていく中で、「丁寧」というキーワードをみつけました。

丁寧は上品を構成する1部分であり、自分に対しても他人に対しても、丁寧に振舞うことで上品に近づく。

 また、この「丁寧」という単語は、チャレンジのハードルを下げる良い言葉でもある。

「人前でうまくやろう・いいとこ見せよう」とした結果、焦って失敗するなんていうのにも丁寧は有効だ。

私は丁寧にやるだけでいい」、とあがる自分に言いきかせる。

ハードルが下げられた分、かなり平静にできるし、上品にもみえるはずだ。

f:id:butuyokuko:20210828084442j:plain

この方が一番の上品であるかもしれない  定朝(11世紀), Link

‥ということで、以上、『上品ってどういう意味?誰でも上品になれるキーワードがある』でした!ではまた!

*1:品の意味は「優雅で洗練された印象」だという。ついでに優雅の意味もみてみると「やさしい・みやびやか・ゆったり」であるという。

*2:「上品なワンピース」がどういうものなのか。自分の答えは「よく考えられ、丁寧に作られた、美しさがあるもの。他者への配慮があるもの(不快にさせない・驚かせない)」となった。