物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

『戦国の山城 岐阜城』(後編)【チャート】【パワースポット】【織田信長】【斎藤道三】【『麒麟がくる』ドラマ館】

前回ブログ『戦国の山城 岐阜城』の(後編)です。岐阜城の展示」「麒麟がくる大河ドラマ館」「円徳寺の織田塚」「岐阜のお土産」(「御城印」「信長のえびしょっぱい」「道三トートバッグ」)などを紹介しています。

butuyokuko.hatenablog.com

 名古屋方面の写真から。写真左端に「名古屋」のビル群が写っています。パタパタと信長の「永楽銭」の旗印がなびき、見晴らしもよく絶景です。

f:id:butuyokuko:20200704075701p:plain

【南】尾張方面 (濃尾平野が広がります)

岐阜城』の展示

 

「信長」時代に焦点があてられていて、当時の復元CGに目がくぎづけになります。

f:id:butuyokuko:20200630043707p:plain

信長時代の『岐阜城』CG

f:id:butuyokuko:20200630043713p:plain

立派な「庭園」のようす 「空中回廊」みたいなのがすごい!

発掘調査では、「庭園遺構」が7つも発見されたそうです(この時代の流行りでもあったのかな?と思います。権威を見せつける効果も絶大そうです)。高さ35mの岩盤から流れ落ちる2本の滝があったそうで、さぞやアトラクションな館だったのでしょう。

また、信長の「居館跡」から出土した「棟板瓦」の展示がありました。大きくて(1辺28cm)華美なもので、目を引きました。

f:id:butuyokuko:20200705052125p:plain

菊花の「金箔飾り瓦」(復元)

f:id:butuyokuko:20200705052116p:plain

牡丹文の「金箔飾り瓦」(復元)

「牡丹文」が立体的ですごく可愛かったです(こんな瓦みたことない!)。

そして、お城の下にある大河ドラマ館』も少しのぞいてみました。

f:id:butuyokuko:20200630043753p:plain

岐阜「大河ドラマ館」入り口

 岐阜「大河ドラマ館」

【会期】2020・1/11-2021・1/11  【入場料】600円

【開館時間】9時-17時  【休み】会期中無休

【場所】岐阜市歴史博物館2F    

 出演者のインタビューやメイキング映像衣装の展示の他、やはり目玉は「ドラマ」の道三の館 大広間」の展示です

いやぁ、「波頭」の板絵がかっこいい、素敵なお部屋ですね!

毒殺とか裏切りとか、企みとか人間模様とか、色々なことがこの部屋に詰まってる、と考えると‥、胸が熱くなっちゃいますね!)

f:id:butuyokuko:20200630043746p:plain

「道三の館 大広間」の展示

f:id:butuyokuko:20200630043535p:plain

元木くんそっくり人形

(元木さんの斎藤道三がかっこいいなぁ‥)、とほれぼれした後、「ドラマ館」横の『みやげもん処』へ向かいました(『うまいもん処』も隣りにあります)。

f:id:butuyokuko:20200630212145p:plain

「みやげもん処」前

「道三ー信長ー光秀」パネルもかっこいいです(美化1000%だけど)。

『みやげもん処』には、岐阜や「大河ドラマ」関連の様々なお土産があるのですが、1つ欲しいと思ったものがありました。

それは「道三エコバッグ」トートバッグです。黒地に「道三」の家紋『二頭立浪にとうたつなみ紋』「dousan」のロゴがシンプルにプリントされたもので、デザインの潔さががかっこよかったのです。

(結局この日は買わなかったのですが、後日ネットで注文して購入しました)

f:id:butuyokuko:20200709155242p:plain

「道三エコバッグ」 いい感じです

【サイズ】37cm×36cm 【素材】綿100% 【定価】1100円  

『二頭立浪紋』は道三自身の考案なのだそうです。潮の満ち引きを「戦の駆け引き」に見立て、右3、左2と飛ぶ飛沫が違うのは、「この世には割り切れるものと、割り切れないものがある」を表しているという話(道三が好きになりそう‥)。

 『岐阜大河ドラマ館 』(「お土産館公式通販サイト」もこの中にあります)

f:id:butuyokuko:20200630043845p:plain

パンフや入場券

f:id:butuyokuko:20200630043829p:plain

岐阜状の「ご城印」

f:id:butuyokuko:20200630212139p:plain

最後にまた「金華山

 

織田家ゆかりの寺『円徳寺』(岐阜市内)

f:id:butuyokuko:20200705070717p:plain

円徳寺『織田塚』

f:id:butuyokuko:20200705071921p:plain

円徳寺『秀信髪切塚』

そして本当に最後に、岐阜駅前の円徳寺の「織田塚」に行ってみました。

1547年、織田信秀(信長の父)が『加納口(井ノ口)の戦い』で負け、その戦死者(死者5000?)が葬られた塚です(改葬墓)。

また円徳寺には信長寄進の「梵鐘」があったり、信長の孫「秀信(三法師)」が剃髪をした場所であったりと織田家4代を偲ぶお寺となっています。

【住所】岐阜市神田町6-24

 

「岐阜」みやげ?

f:id:butuyokuko:20200630043814p:plain

信長となにか関係あるのかな?

 「岐阜」のおみやげを何買うかで、帰りにいつも悩むのですが、『信長のえびしょっぱい』を買うことが多いです。名前通り甘じょっぱいお菓子で、さくさくしっとり、ビールのおつまみにも最適です。軽いので、持ち帰りやすいのも嬉しいです。

「大人のえびチリ」味は、今年新たに発売された味。

 『信長のえびしょっぱい』

【値段】550円(6枚入) 【製造販売】ヴィラジュ ニシムラ

【買える場所】岐阜駅「キヨスク」、名古屋駅の「キヨスク」など。

…ということで、岐阜城の展示」「大河ドラマ館」「円徳寺の織田塚」「岐阜土産」などを紹介しました。歴史ロマンを感じる『戦国の山城 岐阜城』(後編)でした!以上です、ではまた!