物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

思わず手に取る面白い本のタイトルを集めました! 

書店などでタイトルの面白さについ本を手に取ってしまうことってありますね。

今回は、「ナンダコレ?」って思わず見てしまう本の面白いタイトルを集めました。

1.2つのタイトル

 

最近ずーっと面白いと思っているタイトルが2つあります。

1つは、あなたのことはそれほどいくえみ綾) 

もともと漫画で、その後ドラマ化されてから、タイトルを知りました。

もう1つ、わたし以外みんなバカ』(かたおかみさお)という、これも漫画のタイトル(現在web上で連載中)。

「あなたのことは」のタイトルは、最初そこまでだったのですが、何度もタイトルを反芻するうちにじわじわくるというか、(これはいいタイトルだな)、と。

「わたし以外みんなバカ」は、(そう考えてそうな)思い当たる人がいるぞ!と、ピンときた事から。結果、無料で読めるところを探し、思わず読んでしまった!

タイトルの力ってすごい!

 

2.昔、本のタイトルを集めていた

 

そういえば昔、本のタイトルを集めていたのを思い出しました。

なぜ、そんな事をしてたかって?面白かったからに決まってます!

当時はネット検索ではなく、本屋さんで「解説目録」をもらって、自分でチェックをして探す、という努力をしていました。

出版社各社の「解説目録」を揃えて、更新される度(1年ごととか)、またもらいに行ってはチェックする作業を繰り返していました。

(今は「解説目録」をもらうこともなくなり、タイトル収集もやめてしまいましたが)

2000年位からの「新書ブーム」で、新書のタイトルがよりキャッチーになり、「ナンダコレ?本」も増えた印象です(例 「さおだけ屋はなぜ潰れないのか」2005など)

 

f:id:butuyokuko:20200510143707p:plain

Ulrike LeoneによるPixabayからの画像 

 

3.どういうタイトルに心惹かれるのか?

 どういうタイトルが面白いのか、笑えるのかを分類してみました。

 

① 単刀直入で面白いもの       

例 『みんなちがって、みんなダメ』

② ちょっと考えるとじわじわくるもの 

例 『放屁という覚醒 (人類学的放屁論のフィールド)』

③ 言葉の羅列の意味不明なもの 

例 『UFOとローマ法王、そして自然栽培』

④ 疑問形、問いかけてくるもの

例 『メキシコ人はなぜハゲないし、死なないのか』

⑤ つっこみをいれたくなるもの

例 『奥ノ細道・オブ・ザ・デッド』

⑥ 美しいタイトル

例 『哀愁の町に霧が降るのだ』

 

4.「日本タイトルだけ大賞」のこと

 

本のタイトルを調べるうちに、「日本タイトルだけ大賞」というものがあり、2009年から開催され、好評だということがわかりました。

その年の面白いタイトルをノミネートし、大賞、選考委員個人賞、残念賞などを選んで、表彰するという趣旨のものです。

(選考方法は、一般投票ツイッター、サイトのホームから)と選考委員会の協議)

そーんな事をしてるとは、ついぞ知らなかった!

サイトの面白いタイトルを見ていたら、タイトル集めをしていた初心(?)のころを思い出し、愉しくなりました!

 大賞のサイト:第12回 日本タイトルだけ大賞

(※ノミネート作品だけでも数百くらい?スクロールだけでも大変かもしれませんが)

5.声に出して読みたいタイトル

 

以下に個人的に気に入ったタイトルを載せました!

できたら、声に出して読んでほしい。黙読とはまた違うから‥。

 

1.「日本タイトルだけ大賞」から

 

  • 『 メキシコ人はなぜハゲないし、死なないのか 』(明川哲也
  • 『変な学術研究〈1〉光るウサギ、火星人のおなら、叫ぶ冷凍庫』(エドゥアール・ロネ)
  • 『奥ノ細道・オブ・ザ・デッド』(森 晶麿)
  • 『放屁という覚醒 (人類学的放屁論のフィールド) 』(小馬徹)
  • 『「1秒!」で財務諸表を読む方法【実践編】』(小宮一慶
  • 『写真と童話で訪れる北欧(スカンジナビア)と関節リウマチの話』(吉永泰彦 、槇野博史)
  • 『みんなちがって、みんなダメ』(中田考
  • 『ムー公式 実践・超日常英会話』(2017) ←これを書いてたら、欲しくなってアマゾンで買ってしまいました
  • 『UFOとローマ法王、そして自然栽培』(高野誠鮮)
  • 『ちょびもれ女子のための「あ!」すっきり手帖 もしかしてちょびもレディーかも?』(関口由紀
  • 微分積分、いい気分』(オスカー・E.フェルナンデス)
  • 『「進撃の巨人」と解剖学 その筋肉はいかに描かれたか』(布施英利)
  • 『31年ぶりにムショを出た―私と過ごした1000人の殺人者たち 』(金原龍一)
  • ブッダのいる女子会 よいのです。人生は悩めるものなのです。』(柾屋光里)

 

2.自分の昔のリストから

 

  • 『粗にして野だが卑ではない』(城山三郎
  • 『山本(さんもと)五郎左衛門退散仕(つかまつ)る』(稲垣足穂
  • 『地球を弔ふ』(中山忠直) S13年発行のSF詩集
  • 『後は昔の記』(林菫伯)
  • 『人間との交際』(1788 ドイツ)
  • キューバについて私が知っている2・3の事柄』(英・19C出版の本?)
  • 『世界が終わっても気にすんな 俺の店は開いている』(3代目魚武濱田成夫
  • 『美は乱調にあり』(瀬戸内寂聞)
  • 『独立機関銃隊いまだ猛射中なり』(坂口一郎・1941出版)
  • 『他人と深く関わらずに生きるには』(池田清彦
  • 『全ての男は消耗品である』(村上龍) 
  • 『ニンジャスレイヤー』「第一部  ネオサイタマ炎上」「第二部 キョート殺伐都市」「第三部 不滅のニンジャソウル」「第四部 エイジ・オブ・マッポーカリプス」(ブラッドレー・ボンド、フィリップ・N・モーゼズ)

6.著作権

 

何となく気になったので、調べてみました。

ちなみに、書名には基本的に著作権がない、ということでした。だから、同じタイトルもありえる(が、長いタイトルが一言一句同じだと、さすがに問題になるかも)

 

7.まとめ

 

短いタイトルから、様々なシグナルが出ている。

今回は、「笑える」「ナンダコレ?」を特に取り上げました。

今回こうして色々なタイトルを取り上げる事で、「色んな意見・色んな考え方があっていいのだ!」と勇気をもらえた気がします。

これからも本探しをしていこう!、笑えるタイトル探しとともに。

 

f:id:butuyokuko:20200510143716p:plain

横4cm×縦5cmのミニ本

おまけ

セリアで見つけたミニ本(メモも書けるけれど、インテリアグッズです)

よくよく見ると、『Calling Devils』という書名。100円で悪魔が召喚できるなら安い!