物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

可愛いお守り集めました!(京都編①)

「可愛いお守り集めました!」の京都編です。

いよいよ可愛いお守りの本丸、京都を取り上げていこうと思います!

他県に比べるとやはり可愛い、華やか、歴史あり個性ありのよく練られたお守りが多い印象です。質の高さを感じる京都編です。

1.「ほたるの輝かがやき守り」(下賀茂神社京都市左京区

f:id:butuyokuko:20200518065106p:plain

f:id:butuyokuko:20200518065541p:plain

 

6月初旬に行われる「蛍火の茶会」の期間限定のお守りです。

十二単のお姫様と巨大ホタルのデザインが珍しいです。

「物おもへば

 沢の蛍も 我が身より

 あくがれいづる魂(たま)かとぞみる」

という和泉式部の歌にまさにピッタリの図柄!

(※あくがる=心・魂が体から離れてさまよう)

 

「蛍日の茶会」は、境内の御手洗池に600匹の蛍を放って鑑賞するという、

風流なお茶会です。

明治の最初のころ、下賀茂社「糺ただすの森」には蛍が乱舞していたそうですが、

昭和に入り、森の中を流れていた清流が絶え、今ある泉川も農薬汚染され、

蛍は絶滅状態になったのだそうです。

現在は川の清掃と蛍の幼虫の放流により、飛ぶ様子も少しみられるようになったとか。

 ちなみに、茶会に参加できるのは招待客の方なので、当日、早めの時間に参拝して

お守りだけ頂きました。

茶会が始まる夕方からは、人が出てかなり混雑するそうなので、込み合う前の明るいうちに出ました。

ホタルはすごく見たかったけれど‥(ホタルより人の方が多いかも?)

 

2.「野宮ののみや神社」(京都市右京区嵯峨野)

f:id:butuyokuko:20200518065059p:plain

f:id:butuyokuko:20200518065501p:plain

 

平安時代のお姫様と貴族の図柄がとても京都らしいお守り。

源氏物語ゆかりの地ということで、源氏六条御息所でしょうか?

(源氏の愛人六条御息所は、斎宮になった娘と一緒に「野の宮」で潔斎をしています。そこへ源氏が訪ねてきて、悲しい恋の終焉の場面となります)

 

昨年、「野宮神社」を訪れた際、大人気で境内の外にも人があふれてて驚愕しました。

良縁の神社ということで若い女性からも人気だし、そばの竹林が写真映えするのもあって、動画撮影する人、外国人観光客、一帯が大変な感じ(?)でした。

(『千年のいにしえの都』を観光して、お守りを頂くのもラクじゃない!)

でも、お守りを見てると当時のことを思いだして、

「がんばってまた京都に行こう!」とやる気がわいてくる不思議。

 

3.「幸守」と「洗心せんしん御守」(天龍寺京都市右京区嵯峨)

f:id:butuyokuko:20200518065528p:plain

f:id:butuyokuko:20200518065509p:plain

 

レースと刺繍がかわいい!全女性の心をわしづかみする?、と思われるお守り。

「こんな優しい女性的なお守り見たことない」、と思った位に憧れのお守りでした。

「幸守」のお花は何かな?ナデシコでしょうか? 

(花の色が水色のもあり、それも可愛くてなかなか選べなかった)

 

赤もみじ柄の「洗心御守」は、秋季限定お守りです。

天龍寺の名所「曹源池」には、嵐山を借景にした紅葉の美しい庭があるので、

紅葉を見て、愉しかった1日の思い出に「洗心御守」を頂いて帰るのもよいかもです。

(「洗心御守」には春夏限定バージョンの「青もみじ」柄もあります

 

4.「心機一転守り」(安井金毘羅宮京都市東山区

f:id:butuyokuko:20200518065535p:plain

 

ネーミングの面白さと、中に入った指輪サイズの「金色の輪」が珍しいお守り。

金の輪は、境内にある有名な「縁切り縁結び碑」を模したものだとか。

説明によれば、「輪をくぐる」には「生まれ変わり」の意味があり、

「輪をくぐる自分をイメージする」ことで悪縁が切れ、良縁がむすばれる、とのことでした。

夏によく神社でおこなれる「茅の輪くぐり」も災厄払いで、同じ意味合いだなぁと思いだしたり。

(何度でもリセットして、毎日生まれ変わったらいいのだわ、と思う)

 

5.「心願成就御守」(真如しんにょ堂・京都市左京区

f:id:butuyokuko:20200518065515p:plain

f:id:butuyokuko:20200518065522p:plain

 

那須から取り寄せたという殺生石を入れたこれも珍しい御守です。

(石のかけらが入っています)

那須と京都とだいぶ離れてるけれど、どういう関係があるのかな?と思ったのですが‥。

1つは、境内にある鎌倉地蔵尊が、那須殺生石でできているという伝説。

能の演目の「殺生石」がこれまたお地蔵様と関連がある、というお地蔵様つながり。

2つは「殺生石」伝説は、帝の寵愛を受けた「玉藻の前」(←実は九尾の狐)が正体を暴かれ、逃げ延びた先が那須という事で、玉藻の前の行動ルート(京都→那須)。

 

伝説によって、京都と那須がつながってるのがちょっと面白い。

そして、このお守りは心願成就にくわえて無実の罪をはらしてくれるのだそうです。

 

以上、「京都編」でした!ではまたね~。