物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

岩倉(いわくら)市って何があるの?【桜と五条川と岩倉織田家】

 今回は、岩倉市」から「江南市までの旧道歩きです。

岩倉市って何があるの?」ですが、それはやはり「桜」と「五条川」、「鯉のぼり」でしょうか。あと個人的に「岩倉城跡」。歩きながら巡っていきます。

 

 岩倉市を知らない人も多いと思いますが、名古屋市の北に位置するベッドタウン的なイメージのある場所です。

[http://:title]

 

一番有名な五条川沿いの桜」を見たいところですがまだ咲いてないので、まず城跡を訪れました。

 

『岩倉城跡』

 

岩倉織田家織田信長の親戚)のお城の跡です。

f:id:butuyokuko:20200307123421j:plain

「岩倉城跡」

f:id:butuyokuko:20200901112513p:plain

同じく「岩倉城跡」

せまい敷地に石碑、看板、(小さな)お堂があって、ほんとに「跡」という感じでした。城跡のある場所は少し小高くなっていて、標高約10mの台地上にあった平城ということでした。

f:id:butuyokuko:20200301083604j:plain

昔の「岩倉城」をしのぶ

 当時は、五条川の水を入れた二重堀のお城だったみたいです。*1

あまり遺構が残っている感じではなかったのですが‥、今も横を流れる五条川が昔の姿を想像させてくれる感じです。

f:id:butuyokuko:20200901112504p:plain

「岩倉」の城下町の説明

岩倉城主の「岩倉織田家」は、「清州の織田家」と抗争をしていて、1559年、信長の攻撃により岩倉城は落城します(1560年の「桶狭間の戦い」の1年前の話)

これで、信長は(犬山などを除く)尾張をほぼ統一することになりました。*2

 岩倉城跡の情報

 

場所:岩倉市下本町城址122

築城年:1479年 城主:岩倉織田家

規模:東西約104m、南北169m。南方の小田井城と相対していたそうです。

 

山内一豊」出生地

 

 名鉄犬山線岩倉駅から数分のところに「神明生田神社」という神社があり、そこが(後の土佐藩主)「山内一豊(1545-1605)*3の出生地といわれています。

木曽川駅の「黒田城跡」にも出生地があったので、てっきり「黒田城」かと思っていましたが、こっちが本物?(困惑)) 

神社の敷地に石碑や解説版があって、一豊をしのぶことができます。

f:id:butuyokuko:20200901112449p:plain

神明生田神社境内の「三つ柏紋」の碑

f:id:butuyokuko:20200901112432p:plain

山内一豊公誕生地」の碑

f:id:butuyokuko:20200901112441p:plain

山内一豊」の説明板

また神社境内には桜がたくさん植えてあって、かっこうの桜見の名所(?)となっていました。(3/1の時点で少し咲いてました。早咲きの桜?)

 

 「岩倉街道」

 

今回歩いた街道は、『岩倉街道』*4の一部でした!

個人的発見ですが、一宮市」って市域が広いんだなぁ、って。同じ県内でも行かないと気づかないものですね。次回は、続きの江南市編です。

以上です!岩倉市って何があるの?』でした!

*1:堀幅20m。深さ3m

*2:完全統一まではまだ6年。けっこうかかったのです

*3:父は岩倉織田家重臣で、1559年の岩倉城落城の際、討ち死?(自決?)

*4:岩倉街道のルート:枇杷島橋ー名古屋市西区北名古屋市岩倉市江南市ー(犬山市?)