物欲子(ぶつよくこ)のブログ

物欲子(ぶつよくこ)のブログ

(おもに)物欲ぶつよくの記

岩倉(いわくら)市って何があるの? 2020春の旅

冬の旅が終わり。これ以降は春の旅

昔は大嫌い!だった冬。最近、冬の旅も悪くないなと思えるようになってきたブツ子です。冬の旅の寒さ、寂しさ、切なさ、こみあげる世の中にたった一人感。寒風に吹かれどこ行ったらいいの私?のはぐれダコ感。やっと私もそうした冬の良さ(?)に、何十年たって気づけたみたい‥。さらば、冬の旅、また来年。

 とはいっても、やはり寒いのは苦手なので(体が動かんぞ!気分も下がるし)、

暖かくて陽射しが長くて、動きやすい春はうれしいのだ~。

 

(愛知県)岩倉市から、北側の江南市まで

今回は、岩倉市から江南市までの旧道を歩くわよ。世の中、コロナでしょ?人なんかいない所へ行くのよ。主に、旧街道か山に川、城跡、神社に古墳、あとお墓。今回は特にお墓ばっかよ!

岩倉市を知らない人も多いと思うので(ブツ子もよくは知らないわ)、どんなとこかというと、五条川鯉のぼり(鯉のぼりを作ってる老舗のお店がある)、織田信長の親戚、岩倉織田家のお城があったところかしら?情報は4つだけね。桜が一番有名なんだけど、まだ咲いてないから、城跡へいったわ。

 

f:id:butuyokuko:20200307123421j:plain

何もなかったわ‥

f:id:butuyokuko:20200301083604j:plain

岩倉城の昔の姿を解説してくれてるの

 

 岩倉城跡 

岩倉織田家のお城よ。信長の上司・清州の織田家と抗争していて、最終的には1559年、信長によって攻められて、落城したそうよ。桶狭間以前(1560)のお話なんてロマンがあるわ。これで尾張をほぼ統一したそうよ(完全統一までまだあと6年!)

今でもすぐ横を川が流れてて、昔の姿を想像したわ。この川の水を取り入れた二重の堀のお城だったのね(堀幅20m、深さ3mなんてずいぶんと本気じゃない?) 心なしか少し小高くなってる場所だった。名所旧跡めぐりって、ほんとにほんとに妄想が必要ね!

 

 山内一豊出生地

名鉄犬山線岩倉駅から数分のところに、「神明生田神社」という神社があって、そこが(後の)土佐藩になった山内一豊の出生地と書いてあったわ。

ちょっとあなた!、木曽川駅黒田城跡のとこにも出生地って書いてなかった?こっちが本物なのね?(困惑) 神社の中には石碑や解説版があって、桜もたくさん植えてあったわ(3/1の時点でちょっと咲いてたし)

 岩倉街道

今回歩いた街道は岩倉街道よ。ルートは、愛知県清須市 - 名古屋市西区 - 北名古屋市 - 岩倉市 - 一宮市 - 江南市 - (犬山市?)だけど、岩倉市一宮市江南市を歩いてきたわ。

(すごい個人的感想だけど、一宮市って市域が広いのねっ!)

次回は江南市よ!

 

つづきは↓

butuyokuko.hatenablog.com

 にほんブログ村 その他生活ブログ 買い物・お使いへ
にほんブログ村